|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

定期的に定義ファイルを強制更新する方法(Win7)

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

定期的に定義ファイルを強制更新する方法(Windows 7)



目的

Microsoft Security Essentialsの定義ファイルは一日一回以上自動更新されるが、更新タイミングが不明。ジョブを設定することで定期的に定義ファイルを強制更新するようにするっと安心かも?

手順(Windows 7の場合)

1.「スタート→アクセサリー→システムツール→タスクスケジューラ」を選択する。

2.右側の操作ペインから「基本タスクの作成」を選択する。

3.「名前」にわかりやすいジョブ名を入力し「次へ」ボタンを押下。

4.定期的に実行したいタイミングを選択します。私は毎日PCをシャットダウンするので「ログイン時」を選択しました。

5.「プログラムの開始」を選択します。

6.下記のように値を設定します。
プログラム/スクリプト "C:\Program Files\Microsoft Security Essentials\MpCmdRun.exe"
引数の追加 -SignatureUpdate
「"」も含めて貼り付けてください。

※更新時にウィンドウを出したくない場合は、ウィンドウを出さずにバッチで更新する方法を参考にしてVBSを作成し、そのファイルをバッチに登録すると良い。


7.「完了」ボタンを押下。

8.作成したジョブの上で右クリックをし、コンテキストメニューから「実行する」を選択し正常に動くことを確認します。

付録.後からタイミングや繰り返しなど細かく設定できます。


コメント

  • ありがとうございました。 -- nick-kuroda (2012-12-17 05:02:34)
  • とても参考うになりましたが、MpCmdRunは私のPCではMicrosoft Security Clientというフォルダに入っていました。うまく動かなくてそこに気付くまでに時間がかかりました・・・。 -- いこあん (2014-07-04 14:21:50)
名前:
コメント: