吉良吉影


杜王町に住む、一見普通のサラリーマン。
目立たずに生きることを徹底しており写真の済に写ったり、優れた能力を持ちながら学業や仕事では並みの成績しか取らない。
植物のように静かに暮らしたいと思っているが、女性の手に異常に執着する殺人鬼である。
生まれながらにして「人を殺さずにはいられない」性質を持っている為に48人の女性が犠牲になってきた。
切った爪の長さを記録して、自分の殺人衝動の調子を管理している。
原作の終盤では追い詰められた時に、エステ・「シンデレラ」にいた「川尻浩作」に変装して逃げ切ろうとした。
ロワでは終盤参戦のため川尻浩作の容姿でありながら参加者名簿に吉良吉影として名前を書かれている。

【口調】一人称:「わたし」、二人称:「あなた」、「君」

【特異能力】
スタンド能力はキラークイーン。人型タイプで、触れたものを爆破させ全てを消しさってしまう(正し一度に一つ)。
破壊力はトップクラスな上、遠隔操作もお手の物。おまけに爆破の周りへの影響も小さい。
ただ吉良自身に戦闘経験が余り無いため、格闘戦では四部主人公のスタンドに圧倒されていた。
破壊力:A スピード:B 射程距離:D(2m) 持続力:B 精密動作性:B 成長性:A

必殺技
①シアーハートアタック 頑丈な遠隔操作式自動追尾小型爆弾戦車。 熱を感知して突撃してくる。
破壊力:A スピード:C 射程距離:A 持続力:A 精密動作性:E 成長性:A
②バイツァ・ダスト 吉良本人の情報を尋ねるものを殺害して一時間「時」を戻す能力。詳しくはコミックス45巻。 今回のロワでは
 使用禁止となっている。

ちなみに寝る前にストレッチなどして健康に気を遣ってはいるものの、生身の腕っ節はそれ程強くはない。