MY DREAM ◆7jHdbxmvfI


月が太陽に、世界を明るく照らす役目のバトンを渡し終えた午前六時前。
一人の老人は神社の境内に立っていた。

「うーん、ここには誰もいなかったのか。まあマップの端でしかも神社じゃ人の集まりが悪いのも仕方が無い……のか」

人の気配がまるでしない神社。
S-3駅で降りてから、何となく北上してみたが人と出会う事は無かった。
情報交換をするにしても、利用できる人間を探すにしても、首輪を集めるにしても人に出会わない事には話が進まない。
つまりこの状況はフェイスレスにとっては決して好ましい状況ではなかった。

 どうしようかな?病院や市役所は人が集まりそうだけど集まりすぎても困るんだよね。それに繁華街の方は強い奴が腕試しに集まりかねないし……
 最初の広間にいたデッカイやつみたいなのとは今は戦いたくはない。病院の方しても………駄目だよね。首輪を集めるには格好の場所だけど……。
 マサル君やカズキ君のような博愛精神を持った人間も多く集まるだろうからそういった人間との交戦は避けたいところだ。

そこで一度フェイスレスはサングラスを外す。
いつもの明るい表情は影を潜め、真剣な眼差しとなる。

 第一そういった正義の味方気取りは黙っていてもエレオノールやマサル君を保護してくれる可能性が高い。
 つまり病院も駄目……うーん……そうだな。とりあえず西の老人ホームや工業団地のほうに行ってみるか。
 何か首輪を外す手がかりがあるかもしれない。それに老人ホームなら宿泊設備は整ってるが、マップの端。
 中途半端な少人数が群れに組んでる可能性が高い。それなら利用できるかもしれない。

思考をまとめ、再度サングラスをかける。

「行ってみるかな。エレオノール……君が居てくれたら凄く嬉しいんだけどね」

決断し、フェイスレスは歩き出す。
行く先を決め、その方角に向かい躊躇無く、進む。
そのフェイスレスに対し、放送は今にも始まろうとしていた。

【D-1 神社 一日目 早朝(放送直前)】
【白金(フェイスレス)@からくりサーカス】
{状態}健康
{装備}??? ベレッタM92F(弾丸数8/15)@BATTLE ROYALE
{道具}支給品一式×2 ジャック・オー・ランターン入りケース(接着液残り4発、ロケット弾残り6発)@からくりサーカス
ジャギのマスク@北斗の拳 不明支給品0~2(本人確認済み)
{思考・状況}
基本:『夢』を叶えるために首輪を『分解』する
1:とりあえず老人ホームと工業団地の方へ向かう。
2:利用できる奴は利用する(勝やエレオノールを守らせるなど、状況に応じて)
3:参加者から情報を得る
4:首輪を集める(少なくとも5つは欲しい)
5:利用できない弱者は殺す(首輪を集めるため)
6:極力強い人間との戦闘は避ける


066:葉隠散には夢がある 投下順 068:マダオはマダオであってマダオ以外の何者でもない
066:葉隠散には夢がある 時系列順 068:マダオはマダオであってマダオ以外の何者でもない
036:The Great Deceiver (邦題:偉大な詐欺師) 白金 088:徳川光成! きさま! 聞いているなッ!