※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ま行の福本ロワ用語集






【マガジン組】

064話『人間として』で涯と零が組んだことからつけられたコンビ名。
名前の由来は二人とも週刊少年マガジンで主人公を務めていたことから。
二人は一度、些細なことで仲違いをしてしまったが、
精神的に成熟した人生の師匠的立場の大人(赤松・沢田)に諭され、己の道を見出し、
敵(沙織)に対して共闘し、仲直り。
その後、人生の師匠(赤松)の死によって、共に強大な敵(主催)を倒すことを志すという
福本作品らしくない

80年代少年漫画王道ストーリー


を突き進んでいる。

二人のやり取りは少年らしい未熟さが時折見られ、そんな二人をロワ住人は微笑ましく見守っている。

ちなみに118話『説得の切り札』でヤングマガジンで主人公を務めるカイジとも合流し、
ますますマガジン組の名を強固なものにしている。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー