血の入った金属バケツ


シェリスに支給された。

範馬勇次郎が幼い刃牙に語った「一度に四方の敵四人を倒せるならたとえ地球の全人口60億人と戦っても負けはしない」という理論。
それを実証すべく勇次郎は洞窟の中でバケツ一杯の血を頭から被り、洞窟に住む吸血蝙蝠を誘い出した。
その結果、雲霞のような蝙蝠に襲われるものの、勇次郎は傷一つ負うことなく蝙蝠を全て叩き落した。