※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Machination and Conspiracy.
PARTⅠ
二〇〇一年 四月一七日 AM10:15[-Tokyo- The Metropolitan Police Department]

 規崎俊也は立腹しさを隠しもせずに会議室を出ると、警視庁の廊下を歩きはじめた。

 見た目には常時とさほど変わらない表情をしているが、カツカツという規則正しいが力強すぎる足音が、彼の心理状況を明確に表している。

 通り過ぎゆく人達は彼の様子に恐れをなしてか、半歩後ずさって道を開けるが、
しかし彼はそんな大衆には目もくれずに、鋭い眼光は反らすことなく前を見据えていた。

 ただ彼の視ているものは目の前にあるものではなく、先ほどまで繰り広げられていた上層部の茶番劇だった。

 彼の担当していたはずの事件を秘密裏に別口捜査していた事実は、容疑者として彼の実兄の名が出た事も相成って、俊也の怒気に拍車をかけていた。

 上層部は彼にもっともらしい理由をつけて正当性をアピールしたが、残念ながら俊也の心には届かなかったようだ。

(こいつらと話しても、時間の無駄だ)

 そう判断すると、彼は早々に切り上げて出ていってしまった。

そしてそれと同時に、事件の裏があることを確信する。

 ただそれを確信するにせよ、事実として受け止めるには、何かしらの証拠が必要だった。

(しかしどうやって調べる?)

 俊也は警視正という立場もあって、自由に行動できる機会は少なかった。

しかももし本当に事件の裏があるのだとしたら、しばらくは俊也の周りに監視が入るはずだ。

 そこまで推考すると、自然にある人物の顔が浮かび上がった。

俊也には彼専用の便利屋がいるのだ。

これまでに何度か動いてもらったこともあったし、彼の好みそうな情報をちらつかせてやれば、イヤとは言わないだろう。

 そう言えば、何かの事件に巻き込まれて怪我をしていたように思えたが、彼にとっては些細なことだった。



 次の日の朝、警視庁ビルからほど近い公園に二人の男はいた。

館内で落ち合うのは危険と感じた俊也が、京介を外に呼びだしたのである。

 しかしそれでも俊也の方が後から来たのは、やはり尾行を警戒したためであった。

「おい。お前、しばらく休暇を取る気はないか?」

 自動販売機で購入したジュースの缶を拾い上げる加藤京介に向かって、俊也は挨拶もせずに話を切りだす。

 そんな俊也に京介は驚くそぶりも見せず、窮屈そうに振り返った。

 しかし背丈に違いがあるので、京介が見上げる格好になるはずなのだが、
今の彼には都合上出来ない理由があり、目線だけを上に向けていた。

「お前、俺のこの姿を見て、何の言葉も無しか?」

「似合ってるぞ」

「やかましい!」

 俊也の顔を目だけで見上げながら、京介は不機嫌そうにがなり立てた。

 彼の首には白いコルセットが填められており、肩と固定されて動かせないようになっていた。

 小泉真奈美の放った人体に直撃した京介は、同病院で鞭打ちと診断された。
約六十八キロの肉塊が与えた衝撃が、彼の頸椎をしたたかに痛めたのだ。

 ただ症状の深刻さの割には、余りにも情けない格好なので、京介は警視庁内でも始終不機嫌になっていた。

「俺がこんな目にあったってのに、上司は無視するわ周りからは笑われるわ、
しかもその事件捜査も見送りと来もんだ。いったいどうなってるんだ?

 ありゃ絶対、見送り倒しでうやむやにするパターンだぞ?」

「私も神坂憲一の事件をおろされた。金輪際口を出すなと言われたよ。

全く、人の事件に横槍を入れておきながら、勝手な言いぐさだ」

 無表情で愚痴る俊也を見て京介は深いため息をつくと、視線を下げながら手に持ったコーラの缶をもてあそんだ。

俊也が本気で怒ると激高せずに無表情になる性癖は、彼の良く知る所だった。

「で? 休みをくれるって言うのはどういう風の吹き回しだ?」

「休みというのは口実だ」

「そんな事はわかってる」

 京介は缶を開けると、自動販売機に寄りかかった。いつの間にか先ほどまでの表情は消えている。

「小泉真奈美の事件が起こり始めた途端に、代議士殺人事件が解決した。
そして両方とも今後、上層部で処理されることになる。タイミングが良すぎだ」

「二つの事件に何らかの繋がりがあると考えても、あながち筋違いではなさそうだが。証拠が掴めていない」

 どんな行動をするにせよ根拠を求める俊也の言動を、京介は鼻で笑い飛ばした。
彼にとって根拠は行動の後についてくるものであって、その辺は俊也と対局の考えかたをもっていた。

「二つの事件のこと、お前の兄貴から何か聞いてないか?」

「……いや、何も聞いてないな」

「本人から聞いてみるしかないかな」

「難しいな。それに拘留されている場所も秘密のようだ」

「へっ、あからさまに裏があるって言ってるようなもんじゃねぇか。上層部も馬鹿というか単細胞というか」

「しかし、そのおかげで捜査の糸口が掴める。
ただ問題は奴らが、故意に怪しく見せかけているかもしれないということだな。油断すると罠にはまるぞ」

「無駄な心配、ありがとよ」

 俊也の慎重論に戯けてみせると、京介は空を仰ぎ見た。
未だ刻は正午をまわっておらず、春の風が草木の匂いを運んでいる。

青空にかかった薄い雲が、京介の目に眩しく映し出された。

ただやはり首は曲がらないので、そのさりげない行動も窮屈そうにみえた。

「期限は?」 

 暫く考え込んでいた京介は、その体勢のまま俊也に問いかけた。

「俺がお前の『休暇』を隠蔽できるのは、せいぜい二週間だ。それ以上たつと苦しいな」

「手段は?」 

「この際だ、手段は問わない」

 そこまで聞くと、京介は俊也に視線を戻した。俊也の口から『手段問わず』の言葉が出てくることが、珍しかったからだ。

(こいつ、いったい何を焦っている?)

 京介は疑問に思った、口にしたのは別の言葉だった。

「もしも二件の事件が何らかの繋がりを持っているとして。最悪の場合、警察組織に喧嘩を売る事になるかもしれないぜ」

「望むところだ」

「警察官僚にあるまじき言動だなそりゃ」

 京介の言葉に、俊也は片唇をつり上げた。

「あそこは私の安住の地ではない。今の警察は保守的な烏合の衆のたまり場だ。一度苦湯を飲ませた方がいい」

(それだけでは、なさそうだがな)

 京介は俊也の表情を読みとろうとしたが、彼が余りにも淡々と話すので、心の奥底を推測することは出来なかった。

 何にせよ、俊也から単独捜査の依頼が来たことは、京介にとって願ってもないことだった。
ただし手段問わずと言われても、無理なことは出来るはずもない。

「わかった。その休暇、遠慮なくとらせてもらうぜ」

「そのつもりでなくとも、力ずくでそうさせるつもりだった」

「またもや警察官僚にあるまじきお言葉。
俺は平和愛好家だからな。暴力上司に脅されて、しかたなく行動開始と行きますか」

 京介はそう言って、ポケットに手を突っ込みながら歩き出した。

 顔には微笑めいた表情が張り付いている。それはこれから起こる未来への宣戦布告だった。

 そんな不敵に歩む京介の背中を、俊也は目を細めて見送った。

京介は自己陶酔型の性格をしているので忘れているだろうが、その首には不細工なコルセットが填っているのだ。

「本当に似合ってるな」

 俊也はそう呟くと、誰にも見せることない微笑を浮かべた。