※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1-4    ロータリー財団学友会とは

 

 ロータリー財団学友会(以下、学友会)は、各地区の推薦で研究グループ・留学・研修等のプログラム参加者となったもの(以下、学友)で構成された組織です。この学友会の目的は、プログラム修了後の学友同士の交流と親睦を深め、更に今後のプログラム参加者に多方面にわたってアドバイスまたはサポートをしていくことにあります。国際親善奨学生の場合、財団奨学生として地区から推薦され参加することが決まった時点で自動的に学友会に登録されます。国際親善奨学生として留学終了後、学友会のメンバーとして本格的な活動に入ることになります。以下に年間の主な行事を記しておきます。


11月 ロータリー財団月間卓話
一番大きい任務として挙げられるのが、毎年11月のロータリー財団月間に行われる各ロータリークラブでの卓話です。ここでは、学友の皆さんに留学中の経験談を各ロータリークラブにて話していただきます。この財団月間では、ロータリー財団が活動として行う種々の活動に対してロータリアンの理解とご寄付を促す月間であり、学友の貴重な体験談が各クラブから求められてきます。


11~3月    新国際親善奨学生のためのオリエンテーション
学友会主催で、次年度に派遣される新奨学生のためにオリエンテーションを開催します。留学までの手続きや、留学後の各ホストクラブにおいてのスピーチ、またはロータリー活動について学友の経験談を中心に進められていきます。学友の帰国後の生の経験談が、今後の新奨学生の留学体験をより有意義なものにしていきます。


6月 新国際親善奨学生壮行会
出発直前の新奨学生の方々へ学友会よりエールを送る会を学友会主催で行います。


10月 学友会総会
学友会活動における「年間決算報告」、「活動内容報告」等を各地区のロータリー財団関係のロータリアンに対して報告会を行います。また、次年度の幹事会への引き継ぎもここで正式に承認されます。

 

<前へ | 次へ>