※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2-2-1   スポンサーRCとの関係:スポンサーRCとの交流

 
 
出発前、留学中、そして帰国後を通じて、常にスポンサーRC との連絡を保ってください。出発前には自ら連絡を取り、自己紹介、留学目的などを話すために例会に出席して下さい。クラブの例会の写真などを海外で紹介するために撮っておくのがよいでしょう。一般にホストRC はスポンサーRC との関わりも希望していますので、その橋渡しとなるのも奨学生の役目の一つです。留学先でのスピーチに必要なものを集めるのに協力してもらうのも良いかと思います。バナーの交換のためスポンサー・ロータリークラブからバナーを10 枚程度もらっていき、その代わりに留学先での訪問クラブのバナーを持ち帰って下さい。


a.

スポンサーRC やスポンサー・カウンセラーとは密に連絡を取る。留学大学の変更、留学先での住所の変更などがあった場合は、必ず、スポンサーRC 、スポンサー・カウンセラー、学友会の3 箇所に連絡をして下さい。また、出発前に2 ~3 回は、スポンサーRC の例会に出席しましょう。スポンサー・カウンセラーを通してアレンジしてもらって下さい。


b.

財団奨学生用の名刺について。例年、新奨学生用の名刺は、ガバナー事務所で一括作成し、出発前の壮行会で奨学生に贈られます。出発が早い奨学生や、手許に届いていない場合は、スポンサー・カウンセラーを通じて、ガバナー事務所に確認して下さい。

 

<前へ | 次へ>