※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2-3-1     ホストRCとの関係:ホストRCとの交流と準備

 

 RI からホストRC、ホスト・カウンセラーの指定がありましたら、すぐに手紙を書いて自己紹介をして下さい。密に連絡を取っておけば学校や宿泊に関する手続き、現地での生活の基本的な情報を知る上でいろいろと助けてもらえます。ホスト、スポンサーRC に同様に言える事ですが、留学の準備に協力してくれるとはいえ、皆さん大変お忙しい方です。先方が動いてくれるのを待つのではなく、自分から積極的に働きかけることが大切です。 
これだけのサポートがある奨学金は稀ですので、これを十分に活用して下さい。

a. スポンサーRC 及びカウンセラーに紹介状を書いてもらう。
スポンサーRC 及びカウンセラーにお願いし、ホストRC 及び、ホスト・カウンセラー宛の紹介状を(日本語で)書いてもらいましょう。それを翻訳し、できれば出発前に、ホストRC へ送ると良いでしょう。 

b. 「スポンサーRC 」から「ホストRC」へのおみやげを用意する。
以下に参考になりそうなものをあげておきます。
―スポンサーRC の会長、カウンセラー、ロータリアンと一緒の写真。出発前、スポンサーRC 訪問の際などに撮影するとよい
―この他、例会の様子、活動の様子などの写真があると便利
―Rotary マークの入った小物(日本らしいもの、安価なもの)
―郷土のちょっとした民芸品など

c. 留学先のRC でのスピーチの準備・資料を集める。
―スポンサーRC の歴史・活動や、その地域の歴史・特徴など。RC 事務所、県庁、市町村の観光課などに問い合わせるとよい。
―スライド、写真、ビデオ(システムに注意)などがあると便利。

d. スポンサーRC のバナーを用意する。

10 枚程度いただいておくと良いでしょう。その図案の由来なども聞いておくと卓話の時のよい材料となります。

 

<前へ | 次へ>