※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ただいま留学中!フランス編


■2005-7年度奨学生(マルチ2年) 高坂 裕美
留学先:プロヴァンス大学
専攻:芸術文化運営


a 留学準備

Licence3やMasterに関しては2005年2月ごろから各大学のHPで希望学部コースを検討し出願準備を始めました。私の場合6校受けましたが大学によって締切日、提出書類、フランスでの試験の有無、条件がすべて違うので、結局5月末まで出願準備の作業が続きました。6月の中旬に渡仏し、プロヴァンス大学のMediation Culturelle de l‘Art の口答試験(Compte rendu, presentation, entretien:フランスでも少し特殊な学部なのでフランス人も同様)を受け、最終的な結果は7月初めとなり、その後バタバタとVISA、保険等事務手続きをこなし、8月末にフランスに来ました。手続きの際、必ず書く証明書の仏翻訳(大使館で翻訳査証済のもの。費用が高い!!!)を要求されます。大学の要項にオリジナルと書かれていても、カラーコピーで大丈夫ですのですべて一通ずつ査証してもらいましょう。フランス語試験DELF/DALFに関しては渡仏前に全段階を取得しました。


b 留学準備

VISAの取得は1週間程度で出来ますが、夏休み前は大使館が混んでいるので2時間くらい待
つかもしれません。財力証明はロータリーのConfirmation de soutien financierが認められます。正式な合格通知を手にしていなくても、大学からの合格を記されたメールのコピー、フランスで受けた試験の受験票など念のためすべての書類を持参しましょう。荷物に関してはヨーロッパ方面の飛行機は20~25kg程度しか預けられないので、合格が決まった時点である程度必要なものは船便で1ヶ月前くらい前から顧問ロータリアンの家に送らせてもらえるようにお願いすることをお勧めします!


c 学業面

9月5日からAix-en-Provenceの校舎で大学進学者向けのフランス語コースを受けました(大学のコースなので100/3週間程度)。正直もう少し早めに渡仏して授業に備えればよかったと思います。新学期は9月15日にMarseilleで始まったばかりですが、Master Professionnelということもあり、すでに現代建築の美術館(MAV)でSTAGE(インターンシップ)を週に2回しています。全体数が少ない学部で専門に分かれるので1クラス平均15人程度、ゼミ形式で発表・グループ調査・個人プロジェクトの企画などが中心です。正直美学や哲学からのアプローチをする授業はフランス語で特に苦しんでいます。学部的には各分野からのアプローチの論理と実践を学ぶ機会がよくオーガナイズされている上に、教授や他の学生とも親密な交流が出来ているのでとても満足しています。


d 生活面

私の場合、幸い受け入れロータリークラブが寮の手配をして下さり、CROUSの手続きを日本でしなくて済みました。入寮の準備・冷蔵庫の手配・銀行口座の開設、色々な面でロータリーの方々が気を配ってくださり、本当に感謝しています。ただ、フランスではすべての手続き(特に大学の登録)は面倒な上時間がかかります。実際大学の問題でいまだにCarte d’étudiantを取得できていません。今現在フランス生活の不便さ(手続き・スト・交通手段・・・)と戦っているところです^^;寮の生活に関しては、やはり様々な国籍の友達が出来るのが最大の魅力です。私もドイツ(RC奨学生)やハイチ(しかも次期大統領!!)、モロッコ、アルジェリア、ベルギー、中国、イギリス、フランス‥からの学生と仲良くなり一緒に食事を作ったりもしています。


e コンピューター・メールなどの、IT環境

私の住む寮(Arc de Meyran)では無線LANにアクセスできるので14,5/月で利用しています。PCルームも寮にありますが多くの場合日本語の読み取りができません。無線LANが利用できない寮もあるので無線LANの有無を確認した方がいいと思います。プリンターはそれほど高くないのでフランスで購入しました。フランスでノートPCを購入する際EXCEL/WORDが入っていないこともあるので、ソフトを持ってくるといいかもしれません。携帯電話はSFR/ORANGEなど会社がありますが、一年の留学ならばカード式、二年なら通常の月額プラン(二年契約)となるかもしれません。電話機・利用料(個人差あり)ともにカード式の場合の方が高くなります。私マルチイヤーということもありSFRの月額プランにしました。


f ロータリー関係の活動

受け入れRCでは毎週月曜の夜にレストランで例会があります。通常例会に加えJAZZコンサー
トやコキアージュ(カキなどを食べるパーティー)などイベントがあります。個人的に夕食やブランチ、別荘に招待されることも多く暖かく迎えていただいています。特にホストロータリアンの家族とは同じ年の娘さんがいることもあり、よく週末を一緒に過ごしたりしています。


g その他(新奨学生の皆さんへのメッセージ)

留学までの出願準備や渡仏手続き等、かなり疲れると思いますが、フランスに来てからの予行練習だと思って頑張ってください!私もまだフランスで色々な手続きと日々戦っていますが、お力になれることがあればいつでもアドバイスしたいと思っていますのでご連絡ください。

>トップへ



World flag images courtesy of 4 International Flags