天ヶ谷 双葉


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

───天ヶ谷 双葉(あまがや ふたば)



────容姿

【燃えるように真っ赤なアホ毛、青空のように透き通った空色の瞳】
【白いシャツの上から灰混じりの黒いパーカーを羽織り】
【左手首にはオレンジ色の包帯を巻き、左足には蒼を基調とした金属製の細身のアンクレットを身に着け】
【霰を連想させるような幅広で白色透明な長剣を、抜身で腰に帯びている。】


────特徴

対機関連合リーダー。

23歳男。誕生日5/5( こどもの日 )。大人。飲酒は出来る。タバコは吸えない。コーヒーは飲みたい。
一言で言えば熱血な性格。
仲間に対しては明るく優しく、敵に対しては非常に厳しいという2面性を持つ。
以前は子供っぽさから「双葉ちゃん」などと呼ばれて弄られていたが、最近はあまり呼ばれない。


────正義

「───"皆を守る"
俺を助けてくれた人たちに少しでも報いるために、
悲しみを産み出さないために、戦う。」と、justiceの会合で述べていた。
彼の正義は、殆どこの言葉に集約されている。

彼自身も述べているが私情の割合も大きく、一般的な正義と比べると少々異質かもしれない。
しかし、彼が戦う理由はこれであるのは確か。

ミソラ シズルとの戦闘を通じて"命の大切さ"を学んだようで、
最近は出来る限り多くの人の命を救うことを心がけているようだ。
ただ、仲間たちや民衆を守ることを最優先とするため、強く不殺をこだわっているわけではない。

また、正義以外にも「全員救う」という理想を持っており、
こちらは叶えることがとても困難だという事を理解している。
その上で、諦めずに一歩一歩理想まで近づいていこうと思っている。


────人間関係

家族は確認されているだけで、妹一人
実家に帰ることこそ少ないが、彼にとっては全員の存在が大切なもの。
昴とだけは血が繋がってはおらず、厳密に言えば義妹である。
しかしそれでも本当の家族同等、或いはそれ以上に強く絆が繋がっているし、お互いに本当の家族だと思っている。

恋人にはデレデレ。デレッデレ。一番大切な人にして、数少ない対等な存在である。


────身体

肉体は死んでいるらしい。詳細はあまり決めてい……語り始めると長いので略。
一応、死んだ状態から生き返ったわけではないというだけ追記しておく。


────持ち物



────能力

『トランプの硬化』、ただそれだけ。
鉄のようにトランプを硬くできる。

最近はあんまり使ってはいないようで、活用法に悩んでいるようだ。


────魔術

彼は"魔力が無い魔術師"であり、
大気中やマジックアイテムから魔力を借りて魔術を使用している。
その為、"魔力操作"を大の得意としている。

主として扱うのは、"短詠唱・高火力"の魔術。
必殺魔術《 JOKER 》を初めとして、殆どの魔術が単調でありながらもそれを補うだけの火力を持つ。
しかし、自身の魔力を持たない都合上、魔術を使用するには"タメ"が必要なのが大の弱点。

尚、地味に使える魔術の属性は多岐に渡り、光・炎・水・氷・風・雷などがあったりする。

彼の扱う魔術は天ヶ谷流魔術らしい。詳しくは妹のページで。


────戦闘スタイル

魔術師らしく遠距離戦闘を得意とする。
弱点である接近戦を補うためサブウェポンとして剣を所持しているが、これを使っての攻撃は殆どしない。