スレに参加する前に


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

――ようこそ、第五世界へ。
能力と呼ばれる未知なる力を持つ者達。魔術と呼ばれる異質なる力を持つ者達。
また、能力を持たずとも常人とは一線を画した力を持つ者達。

その他にも、この世界には多くの者達が行き来している。
初めてこの世界に来た君――そう、君だ。
この世界に来れるなんて運が良かったな。いや、またはここから悪夢が始まるのかもしれないが。
この世界は常に新しい参加者を待ち受けている。

スレの流れに入るのに、難しい設定などは要らない。また、自己紹介のテンプレなども存在しない。
正直な所、性別と能力を決めさえすれば、誰でも参加できる。
過去に参戦していた者、同じようなスレから流れて来た者も同じくに――



テンプレを読んでいない方は、先ずこちらからどうぞ。
自由な面が多いですが、過去の出来事に矛盾、または大きく変動させてしまうような設定は敬遠されています。
その為、神などのキャラは、雑談スレなどできちんと許可を貰ってからにしてください。

また、戦闘にすらならないような強大な能力は控えてください。
画面の向こうに居るのは、決められた行動をとるコンピューターでは無く、人格を持ったキャラクターです。
突き詰めて行けば貴方と同じ人間で在る以上、我を通す事は必ずしも良しという訳ではありません。

新規に参加する場合に於いて参加の為の手順は必要在りませんが、もしキャラの作成等に不安のある方は、
舞台裏の『新キャラ・新設定・新武器実験場』スレッドに、キャラの設定等を書き込んでみてください。
但し、過去にインフレが起こっている事も在り、評価をする方々は割と厳しいようです。


能力者スレの何故か出来る前からある書式。
(   ) 自分の心情を伝える時などに使われる
【  】 自分の動作などを表す時に使われる
『  』 二人以上のキャラを演じている時に使われる
現在では、「」や{}等の他の括弧を使う人や、それにともなって括弧をキャラによって使い分ける人も居るようだ
/ ロールプレイングから外れた発言がしたい時などに使われる
それが必要となる時以外には、多用は禁物

参考になる例: ありません 。と言うか本スレ見てね!


この世界では、殺す、死ねなどの言葉に対してのとあるルールがあります。
自殺する、と書き込むと、自[ピーーー]る、など、となってしまい、
また、魔力と書き込むと自動的に魔”翌”力に変換される事等が既に分かっています。
詳しくは、こちらに記載していますので、参考にでもどうぞ。
間違って魔翌力とそのまま打たないようにしてください。(特にコピペを使用する場合には注意、魔翌翌翌力となる)



  • スレの基本的な形式(現在)
現在は、一つの投下文(登場ロールのこと。詳しくはこちら)に対して一人が絡みに行く、「一対一」の形式が基本です。

例えば、同じ時間帯に同じ『街中』という場所でロールを行っている人が複数居ても、
各々の絡みで場所、時間の流れ等は独立していると言った認識で進む事が多いようです。

ただし「一対一」はあくまで基本な為、イベント絡みの場合や、
絡みに行くタイミングが他の人と被った時などには、複数で絡みが行われることも多くあります。
(詳しくはこちらにも書かれています)

尚、既に始まっている絡みに乱入する場合は、
「/」を使って(もしくは舞台裏で)一声かけてから行うのがマナーとされています。
乱入したい絡みを見つけたら、混乱を避けるためにも、まず絡んでいる二人に許可をもらうと良いでしょう。
また、こちらで少しだけ詳しく解説をしています。




――さて、参戦するのならば度胸を持って行って貰いたい。
どうすれば相手が上手く返してくれるか、どうすれば相手が絡みに来てくれるか。
そんな事を考えた上で、参加を続ける事が最も重要となる。

上手く自分の設定を出すのが目標だが、その為には自分が相手の設定を引き出す事が必要となる。
相手を助ければ助ける程、自分が助けられる事もある事だろう。
自分だけのオリジナルのキャラクターが、この第五世界を縦横無尽に駆け回り、
あらゆる面で活躍する、そんな姿が見れる事が来るかもしれない。






おっと、俺が誰かって?
――知らない方が身の為だ。…ククク

君の参戦を、楽しみにしている――