ヨウル・リークック


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

卵黄一個、牛乳200cc、砂糖大さじ1、バニラエッセンスを1~2滴を、

泡だて器でよく混ぜて……

お好みの温度まで温める……っと


できたー! 俺特製・ホットミルクセーキ!




コックコートを着た青年。灰色の短髪と、茶色がかった瞳をしている。
頭には三角巾をかぶっており、ダークグリーンのエプロンを腰に巻いている。
腰の後ろには、鞘に収まった包丁が、ベルトで括りつけられている。


料理人(見習い)。いつか自分の店を持つことが夢で、そのために働いて貯金をしている。
また、宿代、家賃の節約のため、公園の裏の森で野宿している。
公園の噴水がお気に入りの場所で、よく縁に腰かけて、何か調理しているようだ。
公園の近場にある、料理店で働いているらしい。

明るく楽観的な性格。テンションの上がりやすい熱血漢。
やや好戦的だが、作った料理を振るまったり、親切な面もある。



【武器】


妖包丁――『藍桜』

読みは、「あいざくら」でも「らんおう」でも可。
持ち主は青い炎を操れるようになる。
ただし、包丁を持っていないと炎を操れない。

魔獣や魔物の肉を喰いたがった美食家のために、禁術を用いて鍛えられた包丁らしい。

包丁の詳細は、まだ謎に包まれている……




.