ステップ5 投下してみよう


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キャラも出来たところで、さっそく本スレに「投下」してみようか。
「投下」というのは、自キャラを本スレに登場させることだよ。
登場の際に書くレスを、「投下文」(なりチャでは、登場ロール)と言うよ。


じゃあ、どんな風に投下文を書けばいいか、例文を提示してから、説明しよう。


   【街中】
   
   いい天気ですねぇ
   今日が週末だったら、絶好のバードウォッチング日和だったんですが……
   
   【片眼鏡をかけた優男が、買い物袋を片手に歩いていた】
   【紅色の長髪を、金のリボンで三つ編みにしている】
   【薄緑色のカーディガンをワイシャツの上から羽織り、ダークブラウンのスラックスを履いていた】


まずは、キャラを登場させる 『場所』 を書こう。
よく人がいるのは、「街中」「公園」「路地裏」、次点で「森」が多いかな。
場所の特徴は、やる夫スレに分かりやすい解説があるので、そこを参照してほしい。
人によっては、場所を省いて投下文を書くこともあるけど、初めのうちは、場所を書いといた方がいいだろうね。

ちなみに、時間帯は書く必要は無いよ。
現実世界と、能力者世界の時間の概念は、同じみたいだから、昼に投下すれば昼、夜に投下すれば夜、って感じ。
分かりやすいね。



次に、キャラの 『台詞』 を書こう。
独り言をいいながら行動するのって、変に感じるかもしれないけど、
そのキャラがどんな人物かを表すにあたって、台詞はとても便利なものなんだ。

平和的な性格なのか、好戦的な性格なのか。
温厚な人物か、そうでない人物か。
ちょっとでもそれが分かると、他の参加者も、絡みに行きやすいんだよ。

台詞は、必要不可欠というわけではなく、無言で登場させることも可能だからね。
でも、最初のうちは、台詞があった方が自分も相手もやりやすいと思うな。




それから、キャラの 『容姿』
容姿の描写は、細かすぎず少なすぎずがベストかな。
どんな外見なのか的確に描写すると、相手がイメージしやすいよ。

容姿で書くべき情報は、
「性別」、「服装」、「髪の色や髪型」、「瞳の色」、「武器や所持品」、その他。
この辺を押さえておくといいね。

あと、「武器や所持品」の描写は、意外と大切だから、省かないようにね。
武器や持ち物を見れば、絡みが戦闘に発展する場合を想定して、相手の戦術を推察することができる。
小型のナイフ等の暗器ように、隠し持ったりできる武器はともかく、
日本刀や槍など、目に見えて判断できる装備は、はっきり書いておこう。
いざ戦闘って時に、何もないところから大型の武器が出てきたら、相手もびっくりするからね。
いや、そういう能力っていうのなら、それでもいいかもしれないけど。



そして、キャラの 『行動』
キャラの人となりを描写するにあたって、ある意味、台詞よりも雄弁かもしれないね。
とはいえ、あまり突飛なことをさせなくても大丈夫。
ただ歩いているだけでもいいし、ベンチに座ってるだけでもいい。

自己鍛練や修業の情景、あるいは自分の能力を使用している場面を描写してみたら、
模擬戦や能力の話題に、ロールを発展させやすいかもね。



だいたい分かったかな。
投下文には最低でも、『場所』『台詞』『容姿』『行動』を書くといいよ。


あと、時間帯によるけど、キャラを投下しても、すぐにレスがつくわけじゃないから、しばらく待ってみよう。
なかなか絡まれなかったら、30分~1時間の間隔で再投下したり、
自分から絡みに行く側に回るのも手だね。



これはほんの些細なアドバイスなんだけど、投下文を考える時は、
「思わず絡みに行きたくなるような場面」 を想像するといいかもしれないね。


とはいえ、目立った格好や派手な行動をしろって言ってるわけじゃないよ。
台詞や行動をちょっと工夫するだけでも、それはできる。
「あの場に混じってみたいな」と思わせる描写や、表現を自分なりに考えるんだ。

そのためにも、いろんな人の投下文や絡みを読んでみて、勉強することをお勧めするよ。



←ステップ4へ         ガイダンスのページへ         ステップ6へ→



.