黒野 カンナ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「世界を変える一の方法」


──┼┘  Character  ┌─┼┐ └┤   


暁色の緩いウェーブヘアを持つ、外見18歳ほどの少女。
瞳の色は、夕焼けを映したような茜色。

現在、対機関連合に所属している。

いわゆる普通の女子高生のようなもの。身体を動かすのが好きなようだ。
人見知りも無く、大抵の人間には明るく接する。しかし、その年齢の割りにはかなり芯の強いタイプで、
ある小さな民間レジスタンスを束ねるようになってからは、時に氷のような冷酷さ、鋭さも覗かせるようになった。

特に決まった服装は無いが、動きやすいボーイッシュな服を好んで着ている。
そしてもう一つの特徴としては、 『盾を模したピンバッジ』 を必ず身に着けていると言うことだ。
どういった理由でそのバッジを常に身に着けているのかはまだ明らかにされていない。
ただ、何か深い思い入れのある、とても大事なものだということだけは確かなようだ。


├─┼─┐  Item  ├┼┴┘ └┐   

古びた猫科生物の置物 ヴァルトスラット家の探索イベントで入手したアイテム。
古代の者のセンスを疑いたくなるような置物。大きさは掌サイズ。材質は青銅
アルガドニクスと呼ばれる猫科の古代生物を基にして作られたらしいが、面影は殆ど無いらしい
特殊効果はないが、その生物のDNA(毛)が置物の中央に埋め込まれている
緑青色の羽毛 ヴァルトスラット好意(?)により、彼の体からヴチヴチッと毟り取らせてもらった羽毛。
空のような綺麗な緑青色をしている。毟り取るに至った動機は不明。
紙切れ 宛名も差出人も書かれていない。世界一短い手紙。たった一言の、“Words
スタングレネード ライク・ヴェルトゥスが残していったスタングレネード。

──┼┐  Atman   ┌──┤●○○○○├┴──   

≪ウト・アニマ≫ -UT ANIMA-

鋭角的な印象を与えるフォルムを持つ、藍色の装甲を纏った痩躯のアートマン。
薄い装甲が幾重にも重なっているのがその間接部から伺え、甲虫を人型にリデザインしたようなシルエット。
蜘蛛か何かを思わせるような形をした、五つのスリットが入った黒い鉄の板が顔面に張り付いており、
そのスリットの一つに光点が灯る。現在、残りの四つの光点は灯らないようだが・・・?

パワー - 2 スピード - 5 正確性 - 4
ビジョン - 人型 ダメージリンク - 有り 感覚リンク - 有り


能力──≪五感のひとつ≫を捧げて≪場所≫と契約する

契約をすることで、その≪場所≫に在る物を自在に生み出し、ある程度操ることが出来るようになる。
彼女は現在、 ≪味覚≫を代償に≪学校≫と契約 しており、 学校に関連するものを自在に生成、操作 して戦える。

  • 契約する≪場所≫はある程度限定的でなければならない。
  • 自分の強い想いが宿った≪場所≫でないと契約は出来ない。
  • 捧げた感覚は一生その≪場所≫と契約されるため、契約の上書き等は出来ない。
  • 能力の使用中、捧げた感覚は遮断される。
  • 大きなものほど、生成に集中力と時間を要する。

『視覚』、『聴覚』、『触覚』、『嗅覚』は現在未契約。
もしもこの先彼女が新たな契約をした場合、既存の契約との相互関係はどのようになるのか。それはまだ不明。


├┼─┴┐  Battle   ├┐○ ├──   

どのようにして戦うのかと言えば、 学校にあるものを使って戦う の一言のみ。

ホチキスや穴あけパンチのバネを利用して跳躍力を上げたり、
黒板消しにたっぷりとチョークの粉を含ませ、それを破裂させて目くらましにしたりと、
彼女なりに色々と応用を利かせて頑張っているようだが、全体的に威力の低いものが多い。

生成できるもの・サイズが多種多様なため、間合いを問わず立ち回れるようだ。
しかし少女本体・アートマン共にやや非力なので、近距離での力押しには弱い。

+使用した道具・技

教室      
『黒板』 900mm×1200mm程の黒板。盾として用いる事が多い。
『黒板消し』 主に、チョークの粉を多量に含ませた状態で生成する。
衝撃が加わると中のチョーク粉が煙幕のように爆散する。
その他にも、巨大化させてマットのように使う事もある。

因みに、チョーク粉(炭酸カルシウムが主)は基本的に不燃性。
故に粉塵爆発はあんまり起こらない。あんまり。
『そろばん』 ローラースケートのようにして使う。計算になんて全く使わない。
『ランドセル』 『釘』や『ピンポン玉』など、任意の道具を中に溜め込んでから一気に放出する為に使われる。
文房具      
『ホチキス』 巨大なものを生成し、そのバネを使ってジャンプ台のように使う事が多い。
真剣白羽取りのように、相手の武器・飛び道具類を挟み込む使い方もされる。
『穴開けパンチ』 ジャンプ台として使われるのが主。バネの強さはホチキスよりも此方のほうが上のようだ。
『ハサミ』 普通のステンレス鋏。1m程に巨大化させた大ハサミが彼女のメインウェポンとなる事が多いようだ。
『カッター』 折り刃式のカッターナイフ。原寸サイズで投擲したり、巨大化させて長柄武器としても使う。
理科室      
『アルコールランプ』 火の付いた状態で生成する事が多い。何かを燃やしたくなった時に使われる。
『人体模型』 スクールホラーの定番。内臓モデルを収納したタイプ。
ワーズ戦においては、追ってくる彼女を欺く為に、
自身の上着と帽子と着せて『変わり身』のように使用した。
『棒磁石』 教材に良くある棒磁石。巨大化させる事で鈍器としても用いるが、
ばら撒いた『釘』を磁力によって引き寄せる等の奇襲工作にも使用する。
図工室      
『釘』 鉄製の釘。磁石類と組み合わせて、トリッキーな攻撃を展開する。
『巻尺』 金属製。ボタン一つでシャーッと巻き戻るタイプ。伸ばす事も自在なようだ。
魔力によって強化されているのか、人間一人ぐらいならば勢い良く引っ張れる力がある。
これを利用して、高所や離れた場所に素早く移動する事が出来る。
『金槌』 主に投擲武器として使用する。当たり所によっては危険度も高い。
『鉋』 木材を削る為の工具。読みは「かんな」。シャレのようだが、その攻撃性は決して侮れない。
主に、アートマンの前腕部に手甲のように装着させて使用する。
拳を直接当てず、まさしく『削り取る』ようにその刃を相手の身体に掠らせるパンチを放つのだ。
『木工用ボンド』 巨大化させたものをバズーカ砲のように構え、ボンドの濁流を放つ。
保健室      
『ベッド』 清潔感のある真っ白なベッド。
『そろばん』をローラーとしてくっつけて、無理やり走行式のベッドにした事があった。
『救急箱』 簡易な治療ならばこれでする事が出来る。
体育館      
『跳び箱』 相手をこの中に閉じ込める檻のような使い方がされた。しかし木製故に強度はあまり大した事が無い。
『縄跳び』 鞭のように振るったり、相手を絡め取ったりする為に使われる。
『ピンポン玉』 大量にばら撒いて相手を転ばせたりする。
備品類etc      
『消火器』 とにかく相手にぶっ掛けて目を眩ますか、巨大なものを生成して相手を吹き飛ばすように噴射する。
恐らく鈍器としても使える。

その他、随時追加予定



┬──┼┘  Flag  ┌┐ ├─┼──┐ 

(クリックで展開)











┼┬─┼┐  Memory  ┤┌┼┘└┼├─┤ 

添付ファイル