『灰色四元術方(かいしょくしげんじゅつほう)』


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



概要


   四大元素(地水火風)を基本属性とし、その他の属性は何れかが形を変じた物と解釈する。
   『解釈』こそが根幹であり、解釈によっては魔力は属する集団を十分に変え得る(「雷」は「風」であり「火」でもある)。
   魔術を使用するには「生成」「使役」「形成」の三段階の手順を踏む。
   すなわち、魔力を捻出する「生成」、自分だけが扱えるようにする「使役」、任意の形式で扱うための「形成」である。
   魔力は術者本人や特殊なアイテム、または周囲の環境より捻出する。
   三段階の内最も消費が激しいのが「生成」の段階であり、ここをアイテムや周囲の環境で賄えれば、魔力を相当量節約出来る。

長所:単純な概念を用いているため、理解すべき事柄が少ない。
   完全な我流の体系の為、外部からの干渉に強い。
   魔力の消費量が然程大きくない。

短所:複数属性を組み合わせて用いる事が難しい。
   魔方陣、詠唱、術式を必要とする大魔術が、単純な概念と相反し、非常に効率が悪い。



使用する行程



生成:自分、魔道具、周囲の魔力を問わず、自分が操作しうる範囲に魔力を出現させ集める。
   魔道具や周囲の魔力を使用する際は、一度自分の体に取り込むか、直接扱いやすい位置に集めて使うかの2パターンが有る。
   この段階で、使用する魔術における魔力消費量の大半が決定する。


使役:作り出した魔力を、自分だけが扱えるようにする段階。
   これを省略すれば、術式の制御を、容易く魔力ごと奪われる事も有り得る。
   魔力の消費は然程無く時間も掛からない、省略する意味はほぼ無いだろう。
   魔力を僅かに加工し、簡単にでも「鍵をかける」事で、外側からの干渉を拒否する。


形成:魔力に目的を与え、実際に使用する段階。
   形を成すとは言うが、実際に形作る事には限らず、無形でも用途を決定すれば「形成」である。
   生成した魔力に己の解釈を加えて属性を与え、それによって様々な術を作る。



四大元素



地:地上そのものと地上に根付く物を、纏めて「地」と認識する。
  固くまた硬く、変化する事が少ない。非生物は「地」と見て良い。
  形を大きく変える事は難しいが、それは他者から変えられる事もまた難しいという事である。
  「水」を生み出し「水」に運ばれ、「火」を留め「風」を妨げる。

水:水そのものと地上にあって流動する物を、纏めて「水」と認識する。
  この解釈に於いては、生物もまた「水」である。
  流動する事こそが本質であり、最も自由に形を変え得る。これは、他者からの干渉に於いても成り立つ。
  「地」より生まれて「地」を運び、「火」と打ち消し合い「風」には届かない。

火:火そのものと大気中にあって流動する物を、纏めて「火」と認識する。
  生物は「水」であるが、鳥は「水」であって「火」でもある。また、化学変化も、大気中で起こると見れば「火」である。
  全てを燃やす事が本質であり、何かと交わらせる事が非常に難しい。干渉しようと伸ばした手ですら焼きつくす。
  「風」に運ばれ「風」を生み出し、「水」と打ち消し合い「地」に留まる。

風:風そのものと天の変動を、纏めて「風」と認識する。
  夜空に浮かぶ星は、地上から見れば「風」であり、そこにたどり着ければ「地」である。
  留まらない事が本質であり、これは水と良く似ている。だが、水は留め得る。
  「火」によって生まれ「火」を運び、「水」と干渉せず「地」に妨げられる。


  上記の説明の通り、五行思想のようなはっきりとした優劣関係は無い。
  飽く迄根幹は『解釈』であり、術者の世界への認識が支えとなる。
  術者が世界を認識しなければ地も風も存在せず、認識出来るのならミクロの世界すら四大元素に分けられる。