エルヴァレッタ・ウェリルドーシェ【≪四刃≫】


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

――エルヴァレッタ・ウェリルドーシェ

長いドレッド・ヘアをオールバックにして、前髪を数本だけ垂らした眼光鋭い大柄の男。
肩部からはの猛獣の牙のようなものが突き出た攻撃的な革のノースリーブ・ジャケットを纏い、
大きく開かれた胸部に下がる獣爪の3連ペンダント、そして露出した腕は屈強。
獰猛な野獣の如きスタイルで、両拳にはガントレット・ナックルが装備されている。

≪R.I.P.≫の突撃部隊、≪四刃(フィーア・シュヴェアート)≫の一人。
かなり豪快にして快活な性格。よくわからない方言のような言葉を喋る。
彼は紛れも無い悪人でありながらも、非常にさっぱりした人間である。
闘いを純粋に、愉悦ではなく童子のように楽しんでおり、卑怯な手も一切使わない。
真っ向から己の拳で戦う。これがエルヴァレッタのバトルスタイルである。
そんな彼が何故≪R.I.P.≫に手を貸すのかは不明だが、『恩義は返す』と言っていた。
また「闘争に善悪という概念は無く、あるのは信念だけ」という思想を抱いており、
それゆえに一般的に『悪』とされる『櫻が夜行』にも組し、闘争を求めたことがある。

武器は両拳のガントレット・ナックル。
その打撃は鋭く重く≪牙弾≫と評され、加えて文字通り獣じみた動体視力と反射神経を持つ。
それらを武器に、攻撃のリーチが短いという不利など気にもならないくらい猛然と攻め立てる。
防御行動を取ることは殆ど無く、敵の攻撃に対しては攻撃で対処する。
ゆえに牽制などは彼に取ってほとんど意味を成さず、注意が必要である。
≪四刃≫の切り込み隊長と呼んでも遜色無い、完全なアタッカー・スタイルだ。

どうやら、カノッサ機関に対して個人的な怨みがあるようだが……?


――≪SSSEXP ~スライドストーム・ストライクエクスプレス≫

エルヴァレッタの持つ能力。発動と同時に彼の両肩と拳に黒い装甲が出現。
更に装甲の両肩部からは大きな厳つい角が突き出しており、彼の姿をより攻撃的に見せる。
装着型アートマンのようでそうではない。具現化系に似た、不思議な形態である。

不明瞭な点は多いが、ツインジョーカーと対戦した際は右手の「角」と『拳』に黒いエネルギーを『チャージ』し、
そこから脅威的な破壊力を誇る必殺パンチ≪ステラ・ストライク≫を放った。
恐らく単純な装甲による強化とこのチャージ・ナックルが能力なのであろう。
一直線なエルヴァレッタに良く似合う、飾らないとても真っ直ぐな能力である。

更にどうやらこの『チャージ』には『段階』があるらしく、
VSミストドラゴン戦、病院テロにおけるアストラ&ダハル天ヶ谷 双葉戦においてはその『マックスチャージ』を披露。
ステラ・ストライクを遥かに凌ぐ圧倒的ナックル、≪ステラスレイヤー・ストレイトストライク(S.S.S.S.)≫を放った。
脅威的な威力と速度を誇るが、どうやら一度放てば一週間は腕が使い物にならなくなるらしく。
所謂「諸刃の一撃」のようだ。


――終焉

光の国、物資運搬列車奪還作戦――
≪四刃≫の全戦力を投入して行われたこの戦い。
エルヴァレッタ・ウェリルドーシェは、これを阻止に現れたドラと、
冬月 士の能力によって創造されたセオドアと対峙。
暴走炎上する列車上で、『善と悪』という概念を超越した、『信念の決闘』を展開する。

戦いを重ねるうち、炎に巻き込まれてエルヴァレッタの衣服が焼け消えてしまう。
すると胸元に露になったのは、気高き狼の入れ墨。
そして、突如エルヴァレッタが使い始めた、洗練された「ボクシング」のバトルスタイル――

狼の入れ墨の、プロボクサー。
そのキーワードに、ドラはピンと来た。ボクシングファンであったジャンクちゃんに、通信機を用いてこのコトを伝える。
すると、エルヴァレッタの正体が明らかになった。

彼の本名はアルバレスト・ウェルダス。
かつてその拳でチャンピオンという頂点に立った、伝説のプロボクサーであった。
公式の記録では、チャンピオンベルトを手にしたその翌日、忽然と姿を消していた。

エルヴァレッタは、静かに自らの過去を語り始める。
『護るための拳』を振るい、勝利を手にしてきた自分。
その自分が何故栄光の舞台から姿を消し、今この場に立っているのか――

とある理由から『護るべきもの』を失い、それに絶望し――
どのようにして再び希望を得たのか――今、ここで拳を振るう理由とは何なのか?
彼は言う。再び『護るべきもの』を得ることができたからだ、と。
そしてそこには、正義も悪もない、純粋な『信念』のみが存在しているのだ、と。
彼が再び得た、『護るべきもの』とは……――


……しかし突如、アクセルヘッドの技術により生命を取り留めていた、四刃のオルガネラが暴走。
同じく四刃かつ手負いのワーズワイスも、仮面を脱いでいたためにワーズと判断できず、
ワーズと戦っていた黒野 カンナ、オルガネラが戦っていたミルもろとも、これを攻撃しようとする。

ワーズは同じく手負いであったカンナを逃がすため、自身の脱出用転送装置をカンナに使おうとする。
が、その転送装置は一人用のものであり、カンナを逃がすとすると、ワーズが逃げられない。
それを知ったカンナは転送装置の使用を拒否、オルガネラに立ち向かおうとする。
この時スデにカンナに戦う力は残っておらず、戦闘は無謀と言っても決して過言ではないだろう。
絶体絶命の窮地に陥ったワーズとカンナ、絶望に蝕まれるワーズ――

……そこにエルヴァレッタが、自身の転送装置をワーズに投げて寄越す。
既に発動状態で投げ渡されたそれは、キャンセルできない状況にあった。
これでワーズは逃げられるため、ワーズの転送装置をカンナに使用することができる。
だが当然、エルヴァレッタは暴走する列車からの脱出手段を失うことになる……

叫ぶワーズに優しい微笑みを投げかけながら、エルヴァレッタはドラとセオドアに語る。
あの『少女』こそが、今の自分の『護るべきもの』だと。
エルヴァレッタは、ワーズの本質に気付いていた。その弱く儚い、少女の姿に。
だからこそ護ろうとしたのだ。その拳で、ただ純粋に、護ろうと――

……エルヴァレッタの覚悟を感じ取り、その名を呼びながら涙するワーズに「達者でな」という一言を送り、
一緒に居たカンナにワーズのことを頼み、転送装置で消え往くふたりを最後まで見送ると――
エルヴァレッタは再び拳を握り締め、ドラ、セオドアと対峙する。
もう戦う力の残っていないセオドアと他愛ない会話を交わし、「行って来るわ」と告げた後――

――それは最後の、究極の激突。
「信念」と「信念」の純粋な境地。絶対の格闘者の領域であった。

ドラの渾身の一撃がエルヴァレッタを完璧に捉えると、彼は、そのままその場に沈み込んだ。
そして、もう二度と、動く事はなかった。

それは『善と悪』という概念を超越した、『信念の決闘』――
ドラはエルヴァレッタのために涙を流す。その場には、奇妙な『敬意と尊敬』すら生まれていた。
その刹那まで『誇り』を抱き、『後悔』は無く――それが、四刃の狼の最期だった。



――過去:栄光―― ~孤独なる狼牙~

男は決して裕福とはいえない家庭に生まれた。
だがしかし、彼は、そのことを馬鹿にする近所の悪がきには、一度も喧嘩で負けたことがなかった。

男は決して裕福とはいえない家庭に生まれた。
だがしかし、彼は成長と共に大きなたくましい身体を手に入れた。

男は決して裕福とはいえない家庭に生まれた。
だがしかし、持ち前のその腕っ節と巨躯が、とある「ボクシング・ジム」のスカウトの目に留まった。

男は決して裕福とはいえない家庭に生まれた。
だからこそ、そんな状態で自分をここまで育ててくれた家庭に、恩返しがしたかった。

男は、その拳で次々と戦士たちを打ち倒していった。
男の拳には、他の選手にはない、覇気のようなものがあった。
ファンの1人は、それを「鬼気迫る獣のような、畏れすら感じさせる拳」と評した。

男の拳には、≪信念≫が宿っていた。護るものがあった。
それは、自分をここまで育ててくれた、両親。
それは、こんな自分を愛してくれた、たったひとりの大切な人。
そして、その人との間に授かった。もっとも大切な未来への希望であった。
男の拳は、『護るための拳』であった。それが彼の≪信念≫であり、だからこそ、負けなかった。

やがて、男の拳は、ついに『頂点を決する戦い』の場にまで辿り付き――

たった一度の挑戦――男は、その拳で、世界の頂点に立った。


その凄まじい強さと、胸にあった狼の入れ墨。
それを讃えて、人々は彼をこう呼んだ。

『孤独なる狼牙』……『アルバレスト・ウェルダス』と。


だが、圧倒的な力を誇ったボクシング界の新チャンプは、その翌日に忽然と姿を消す。
残されたのは、ただチャンピオンベルトのみ。引退会見も、ファンへのメッセージも何も無かった。
この件に関して、彼の所属ジムは一切の発言を拒んだ。
人々は様々な憶測を交わした。だがしかし、真相はいつまでたっても明らかにならなかった。

だからこそ、人々は彼をこうも呼んだ。
『幻のチャンピオン』……『伝説の男』と。

『アルバレスト・ウェルダス』の名は、伝説という聞こえのよい砂の中に、まったく埋もれてしまった。



――過去:転落―― ~アルバレスト・ウェルダス~

世間には語られなかった事実がある。
それは、何よりも残酷な現実であった。

世間には語られなかった事実がある。
それは、何よりも喜劇で、何よりも悲劇であった。

アルバレスト・ウェルダスが、家族との約束通り、チャンピオンベルトを持ち帰ったその日。
男を迎え入れたのは、『カノッサ機関』のテロによって、完全に焼き払われた自らの『家』であった。


男は嘆いた。嘆き、哀しみ、叫び、泣いた。
男の拳は「護るための拳」であった。そのはずだった。
家族を、妻を、息子を護るために。ボクシングで得た富を、彼は一切娯楽のために使わなかった。
その「護るための拳」の究極形――頂点――へ辿り付いた瞬間、『理由』は消え去ってしまった。
それは、誰の責任でもないのだろう。だが、男にはこう思えてならなかった。
『自分が、テロのあった日に、家族を置いてリングへと向かっていたから――……』と。


護りたいものをいざという時に護れずして、何が護るための拳なのか。
男には、自分の≪信念≫というものが何かわからなくなった。もう、拳を振るうことはできなかった。
だからこそ、男は栄光の舞台から無言で去った。躊躇いなどなかった。もう意味など無い場所に見えた。


男は彷徨った。
一瞬感じた栄光の輝きから、真っ逆さまに転落し、暗黒の闇の中を。
絶望が男の心を覆い尽くし、もう、待っている家族の元に行ってしまおうかとさえ思った。


そんな時であった。
男が、『信念』を胸に秘めた武人と、
最も大いなる、彼を救うことになる人物と出会ったのは。



――現在:信念―― ~エルヴァレッタ・ウェリルドーシェ~

男の拳は、再び『意味』を得た。握り締める『理由』を得た。
その『意味』は、『理由』は、或いは褒められたものではないのかもしれない。
人によっては、真っ黒な、決して美しくなんかない、泥臭いものなのかもしれない。
それどころか、世間は彼の拳を『悪』と評するだろう。

だが、男の拳はひとつの真理にたどり着いていた。
男が幼きころから、幾重にも交わした拳は知っていた。
打ち合わせるたびに、隠しようもなく伝わってくる『信念』の波動。
その『大いなる輝き』には、決して『善悪』という『概念』など存在しない、ということを。

輝ける『信念』の拳。『護るための拳』は、息を吹き返した。
そして、『護りたいと思えるもの』を、再び見つけることができた――……

――……過去との訣別、しかし、胸に秘める狼の眼は、決して死なず。
決意の焔は静かに揺らめき、その拳は決して朽ちず。
人は、男は、男自身を、こう呼んだ。


≪孤狼の牙弾≫――≪エルヴァレッタ・ウェリルドーシェ≫と。



これが、≪四刃≫の誇り高き闘士、
エルヴァレッタの物語の全てである。



r.i.p...