雪女の千歳


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

舞いて消えるは桜花、歌いて散るは春疾風
此方の言は吹雪に勝る……

簡略紹介
名前 千歳(ちとせ)
種族
所属 櫻が夜行
身長 145cm
体重 36kg
誕生日 三百年以上前
好きな食べ物 カキ氷
嫌いな食べ物 鍋物
料理の腕前 食材の保存はお手の物
地味な特技 子守り
趣味 入浴、気に入った人間の追跡
職歴 無し
収入源 不要

ステータス(MIN0~(力~魔防MAX30、HPMAX60、LVMAX20、体格MAX20)、武器レベルE~S)
LV HP 魔力 速さ 幸運 守備 魔防 体格 武器LV
12 29 9 19 18 15 16 9 18 5 氷魔術A
装備
名称 威力 命中 必殺 射程 重さ 特攻 弾数 特性
一片氷心 5 95% 0% 1~2 - - - 魔術・氷
特殊技能
-


  • 詳細

  帯まで真白い着物を着た、長い豊かな黒髪の女。冷気を扱う妖、雪女である。
  大和撫子の代表に上げ得る典型的な容姿に、白色人種よりも尚白い肌をもつ。
  種族が種族な為に、近寄ると冷気が漂い、その体は冷たい。
  また、温かい血は流れて居らず、傷が付くと罅の入る様な音がする。

  「櫻が夜行」の中では比較的穏健な部類であり、人間との会話も好む。
  第八回大会に何故か参加した際は、所持していた星を交渉によってラギデュース=キャニドップに譲渡。
  その際、携帯番号を手渡し、交渉の代表として指名した。
  この事から分かる事が二つ。一つは、交渉の表に立てる程度の知性を持っていると言う事。
  もう一つは、妖も携帯電話を契約できるという事である。

  識槻 朔夜との邂逅と戦闘以降、何度か彼女の前に現れ、「櫻が夜行」への勧誘を行う。
  その言葉の内容から察するに、やはりそういう趣味が有るようだ。

  櫻の国東部〝神代ヶ原の戦い〟に於いて、着物一枚を残して消滅する。


  • 能力

  雪女という種族らしく、冷気を扱う能力を持つ。
  氷点下の吐息を発し相手に吹き付け体力を奪う、氷で何かを造形する、地面を凍らせ機動力を奪う、などが主な使い道。
  切られた髪を凍らせて針と変え、相手の体内から熱を奪うという器用な芸当も見せる。
  生成する氷の透明度を自由に変えられるらしく、ガラスの様な氷の後ろに不透明度の高い氷を生成、鏡を作った事も。
  単一属性であるがその力は大きく、応用可能範囲も非常に広い。
  冷静に思考する時間さえ有れば、大概の能力とは十分に張り合えるだろう。


  • 戦闘スタイル

  自分を中心とした地面を凍結させて相手の機動力を奪い、武器を生成。
  攻撃を回避しつつ、大きく動いて攻撃をかすらせ、じわりじわりと体力を奪って行く。
  氷の壁で防御を行った次の瞬間に壁を鏡に変え、破壊させている間に自分が移動するという手を使う。

  得意とするのは、凍結させた髪を刃として、空中で前転して相手を切りつける技。
  ひ弱な見た目とは裏腹、存外にアグレッシブな技術である。



  勝ちを狙うなら、まずは足元に気を付ける事だろう。
  近づく必要が無いものでも、気付いた時には足が氷漬け、では目も当てられない。
  足場を確保する手段が無いなら、早々に接近して、氷が厚くなる前に踏み砕くと良い。

  攻撃、防御とも、そつなく行える。裏を返せば、跳び抜けた長所は無い。
  己の得意分野で、主導権を渡さない事を考えれば、然程苦労する相手では無い。

  尚、炎の能力者なら、力押しでも勝てるかも知れない。
  単一能力は、ハマれば強いが逆に相手がハマれば弱いのである。











  • 最後


【万年氷には九千年足りない、あれは何時の言葉やら】
【足りないなどとは数百年思いもしなかったが、そう聞けば足りなくも感じる】
【本当に、自分は足りていないのか?いや、十分に足りているだろう】
【路に迷った旅人を凍りつかせて、死出の旅路へと運んで】
【足りている筈、だったのに】

…………欲が、深く成り過ぎました
これ以上深ければ、手も足も動かなくなる……瞼も上がらなくなる

この目が開く内に、その御声を聞いて誰と分かる内に
欲も迷いも凍て付かせ、足りぬ九千年を己で埋めると致しましょう………

【それでも、良いか】
【こうして抱かれて居れば、体温も感じる】
【凍りついていく自分とは対象的な、血の流れる体の暖かさ】

嗚呼………羨ましい、口惜しい。然して………

【足が、指が、腕が、髪が】
【凍て付いた個所が、粉雪となって散って逝く】
【元から心音は無い。唯一聞こえていたのは、喉の振動だけ】

………今生の別れに、良い土産を――――――

【その音すらも途絶えて】
【後は、白い着物が一枚、ただ其処に残るばかり】





















「ほほ……笑いがどなたかと被ると不評、一人称も二人称も今一統一されず
それもこれもこの堅苦しい古風口調が原因とは分かれど、然し改善するにもいかず
結果的にあやふやな侭に終わりました、千歳と申します………」

「……この中身の定番、死人ぶっちゃけコーナーで御座いまするが……
正直に申せば、此方に隠れた設定など殆ど無し。不詳の年齢は確定せず
成れば此方が申し上げまするは趣味と特技など……」

「趣味の入浴はもっぱら水風呂氷風呂。サウナの出口のアレなどは好都合
特技の子供の世話は………雪女なれば、当然の事
……あれ、もう話す事が消えてしまい……」

「それでは、何れ千代の果てに………」