ソロフ・ミケーレ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

人物「ソロフ・ミケーレ(solof mickael)」


一人称「俺」(たまに「私」)二人称「アンタ」「君」

青いキャップを被り、少し長い赤髪をポニーテールにした黒ジャケットにジーパンの青年。
瞳は群青色、左腰には赤色の小刀を差している。

お気楽でたまに饒舌。そこら辺をぶらぶら歩いている。
かなり自由な人間で、いろんな意見に反論することもしばしば。
人のことを「少年エー」と言ったり「旦那」と言ったり。

「どこぞの自称ヤブ医者」と口走ることがあった。
自称ヤブ医者とはたまに一緒で行動して居たりする。

実は女性。
そのことを知っているのはだけ。
――と、思いきやとある変態なゾンビも彼女の性別を知っていた。
理由は、同じ職場で働いているからだという。
《GK》という、何でも屋のようなところで働いているらしい。

けっこうなウブで、顔を赤らめることが多い。

魔術


詳細は不明だが、魔術が使えるらしい。
無能力者であるソロフが、能力の代わりにと勉強したらしい。

過去


周りが能力者という環境で一人、無能力者として生きてきたらしい。
本人は能力を羨ましがっていると言うが、そんな感じは全く感じない。

所持品


  • 黒猫のぬいぐるみ。護が射的で取ったのを貰った。魔力が籠っている。
  • 小刀。詳細不明

最近の出来事

  • 護君とお祭りを回ろうとしていたら変態ゾンビがやってきた。あの後護君とはぐれちゃったけど、無事かなぁ。 (2010-07-31 00:15:03)
コメント: