セリア


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

───────── セリア ( Silje )


「─── セリアこそ、貴方のことを忘れないのです。」

       「……────だから、もっとボクを楽しませてよォ!!!」



────容姿

【小顔に不釣合な大きさの、赤いヘッドホンを付けた少女。 】
【水色のワンピースの上から、明るめの茶色のジャケットを羽織っており、】
【小さめの赤いショルダーポーチを、左肩から斜めに掛け、】
【ピンク色のショートヘアーを、星型の髪留めでポニーテールにちょこんと纏めている。】

ポーチの中には、能力を使用するための携帯コンピュータや機関のバッジが沢山入っている。


────特徴

外見年齢14歳程度であるが、実年齢は不明。
普段は猫を被っているものの、本性はただの狂人である。
一人称は 「セリア」「ボク」
カノッサ機関の ≪No.15≫ だが、あまり機関に忠誠を誓っているわけではなさそうだ。


────目的

詳細は不明であるが、「楽しむ」事らしい。
そのために人造人間《アンドロイド》を造って実験したりなど、色々してる模様。


────近況

カレル=レナントとシルヴァーグの二人と戦闘し、死亡した。
尚、彼女の正体は実体の無い霊子生命体であり、
人間の体に乗り移って動いていたようであるが、エネルギー切れしたらしく、どちらにしろ消滅したことに変わりない。


──── 能力 《 ゴースト・ハック 》


コンピュータを破壊することによって発動。
黒い靄が発生し、他の物に乗り移らせることが出来る。生物を対象に発動できるかは不明。
そして乗り移ったものを《 解析 》、対象を支配する事によって、《 操作 》する事が出来る。
……例を挙げると、地面に乗り移らせることで、地面から土で出来た壁を発生させるなど。
非常に応用性や影響範囲が広く、自身の《 痛覚遮断 》をする事なども出来る。