エンジ【≪四刃≫】


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

――“エンジ”

先ず目に付くのは、血のような臙脂色。
焔を閉じ込めたような鮮烈な、特殊な形状の紅い鎧装に包まれた小柄な体躯。
染まりきった臙脂色の髪を靡かせながら、口元から漏れるのは狂気の吐息。
紅い牙の様な仮面と両手両足の紅いツメ――仮面の奥に覗く、血走った黄金の瞳。
針や刃、鋭利なフォルムを模した装甲を持つ魔獣が如き風貌――。

≪R.I.P.≫傘下突撃隊≪四刃(フィーア・シュヴェアート)≫の四人。
その最後にして最強の一人、≪葬爪≫のエンジ。
脅威的なバトルセンスと戦闘能力は、≪四刃≫の隊長カーネルに匹敵するほどという。

餓えた獣の如く、圧倒的な手数と機動力で獲物を攻撃する典型的なアタッカースタイル。
その狂暴性は≪R.I.P.≫内でも屈指であり、まさしく荒ぶる獣。
また戦闘中に一切の疑念を抱かず、躊躇が無い。
この特性は長所にも短所にも成り得るが、極端な攻撃性重視ということには違いない。

なお、どうやら「エンジ」とは『コードネーム』のようなもので、本名は別にある。

まともな人語はほとんど発さないが、現在たった一度だけ。
吟雪によって瀕死の重傷を負わされた際に、「いやだ」とも聞き取れる言葉を漏らした。
その「声」の『声質』……吟雪が聞き取った限りでは、まるで『少女』のようだったが……?


――≪荒紅焔葬 ~ ベイル・ヴェルノーム≫

エンジが所有する能力である。
ちなみに日本語読みの荒紅焔葬は「コウコウエンソウ」ではなく「アラクレエンソウ」。
荒紅と書いてアラクレと読ませる。中の人が結構気に入ってる当て字だとか。

能力内容はとてもシンプルであり、『焔の固体化・操作』。
エンジが纏っている紅い武装も焔を固体化したものであり、炎の性質を併せ持つ。
この固体化には魔力などの霊的要素は介在せず、どういうわけかまさしく物理的に固体化している。
そのため、エンジが纏っているツメや鎧は触れられるし破壊できる。ただしあくまで炎なので、
何も装備などせずに容易に触れれば、火傷を負ってしまうことは言うまでも無い。
エンジ本人は自身の能力であるためなのか、自分の炎でダメージは受けないようだ。

この能力と獣のような身体能力をあわせ、文字通りの高い火力で畳み掛けるのがエンジのスタイル。
そして能力のシンプルさから成る応用性ゆえなのか、多才な手札を持つ。
ツメによる攻撃軌道の炎を固体化させ、紅い斬撃のようにして飛ばす≪焔奏 ~ ヴェルフレイズ≫や、
火柱を相手の足元から立ち上げて攻撃する≪凱焔流翔 ~ ヴェルド・フラッカス≫、
前方に火焔のヴェールを作り出して視界を遮る≪影焔 ~ ヴェルシュロス≫などがある。

高い攻撃性能と反するように装甲は薄く、耐久力は低い。
また、その鎧の本質が「炎」であるためか、『水』にとてつもなく弱い。
水を受けた部分の鎧は消滅し、自身にも大きな苦痛を伴う。
そのため『水遣い』の能力者は文字通りの天敵である。
ぶっちゃけた話、おもちゃの水鉄砲を数発当てるだけで勝てる。
当てられれば、の話ではあるが。

攻撃し負傷させた紅丸 紅斗を森林内へ追撃していたところリク・ロストと遭遇、戦闘。
彼女の、自身のダメージと引き換えに得た脅威的な魔力の前に撤退を余儀なくされる。
高い戦闘力を見せ付けたが、どうやらフェイントやトラップなどには弱いようで、
接近戦に没頭するあまり後ろから迫っていた追尾弾の存在を忘れ、バックステップを刻んで自らそれに直撃する場面も見受けられた。

また天ヶ谷 昴を狙った病院襲撃において吟雪シオンらの前に立ちふさがった際も
その驚異的な身体能力と反射で両者を苦しめるものの、シオンの能力によって成された「自らの攻撃を“再生”して利用した攻撃」に動揺、直撃。
それに激昂しシオンに全力で攻撃にかかったところをカウンターを喰らい、更に吟雪に背後から挟み撃ちにされ撃退された。
このように狂戦士(バーサーカー)の例に漏れずどうやら知性がやや低いようで、攻略の余地は多い。


――

……そして、金の国における宣戦布告テロ。
Justiceのリーダー貴宝院 織守と交戦。
戦闘中、織守が具現化した鬼の攻撃によって鎧を砕かれ、
更に噴水の水が不運にも降りかかったことで仮面の半分が消滅し――

……その驚くべき正体が、明らかとなる――“なってしまう”――……。