アメシスティナ・エレジー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。





1stTune:Character

名前 アメシスティナ・エレジー
性別
年齢 19
血液型 O
所属 ≪青空の影≫カノッサ機関
身長 165cm(D)
趣味 他人を弄る(虐める)こと
好き 戦闘、
嫌い

【若干癖のある濃紫色の長髪を靡かせた、昏く濁った橙色の瞳を持つ長身気味の女性】
【メリハリのある体形の上に紫と黒を基調としたロングコートを纏い、脚には茶色いブーツ】
【後ろ腰には大振りで緩く湾曲した短剣が二振り、絡み合うように鞘を交差させて収まっている】

武装バリエーション
【先端に鎖の絡まった大きめの赤い球体が付いた、白い杖を背負っている】

かなりの自由主義者であるいは快楽主義者
SかMかでいえばドSであり、趣味にもあるように他者をからかうことを娯楽とする
最低限の引き際をわきまえているだけマシな方…だろうか

上記したように快楽主義者の気があるが、彼女は同時に快楽殺人者に分類されるような、戦闘狂の性分も備えている
心踊る戦闘を求めて戦場を徘徊する姿が散見され、気分次第でその戦いぶりなども大きく様変わりする
「殺し合い」を望むが故に無抵抗な人間を殺して回る真似は好まないが、必要とあればそれを躊躇いはしないだろう
集団の利益よりも個人の満足を優先させるとなると、普通の組織の構造には合わない存在と言えるか
彼女を手引きしている「ある人物」も、最低限の要求だけしてティナ個人の能力・判断に任せている模様。手がかからないとも言えるが…

2ndTune:Battle with Genius

Ability

≪≫

強大な電磁力を操るという、単純だが影響力の大きい能力
それによって各種の金属の挙動に強く干渉することが出来、攻撃・防御両面で攻防を優位に出来る
(ちなみに、この能力によって自身を電磁浮遊させることも出来、その為に服に金属繊維を仕込んでいたりもする)

また、電撃による攻撃能力も備えており、全体的に強力な能力と言っていいと言える
(彼女の能力としては、磁力制御の「おまけ」のような位置づけだったりするが……)

欠点はそのまま高い出力に頼った戦術の組み立てであり、細かい制御を要求される立ち回りなどは不得手と言える
ついでに、自身の電磁気で電子機器に悪影響を与えるために、それらを併用するには電磁防御加工が必須という地味な不便さも

Battle Style

……

3rdTune:Brief History

1:滴る狂気の奔走

刹那的な快楽・満足を求めるその性格からか様々な場所、状況に顔を出している
一貫した目的や行動原理を見出すことは難しいが、その執着ぶりから戦うことで何かを見出そうとしているのかもしれない
現在は蛍川翠(?)の手引きもあってカノッサ機関で戦闘行動に参加している模様

彼女自身の経緯も明らかになっていない所が多いが、天ヶ谷 双葉と会った時には、「妹」という存在に妙に反応を見せていた
家族のことを語ろうとしないティナだが、このことも含め、過去に何かが起きた可能性がある


4thTune:Appendix

(Re)collections


Spec(工事中)