朝顔


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

……分からんなあ、どういう事やろ。そや、もう少し奥に【ズボッ】のああああああぁぁぁぁぁぁぁ………

【刀の列の間をすり抜け、先に歩いていこうとした朝顔】
【その声が、突然に地面に開いた穴に吸い込まれ、フェードアウトしていった】
【『落とし穴』、単純明快にして近代兵器にすら通用するトラップである】

―――〝寒梅村〟付近探索中の一幕


簡略紹介
名前 白天龍 朝顔(はくてんりゅう あさがお)
種族 人間
所属 無し
身長 154cm
体重 44kg
誕生日 第三世界の1994年8月1日
好きな食べ物 小麦粉等を溶いて熱した食品類
嫌いな食べ物 特には無し
料理の腕前 普通、ただしレパートリーは少ない
地味な特技 綱渡り
趣味 食べ歩き
職歴 密偵
収入源 家からの小遣い


ステータス(MIN0~(力~魔防MAX30、HPMAX60、LVMAX20、体格MAX20)、武器レベルE~S)
LV HP 魔力 速さ 幸運 守備 魔防 体格 武器LV
12 40 14 15 25 24 16 22 20 5 暗器A、剣D
装備
名称 威力 命中 必殺 射程 重さ 特攻 弾数 特性
暗器 1~3 90% 0% 1~1 1 - - 斬撃
移動力(MAX15)、地形マイナス補正
6、森(+1)、砂漠(-2)、浅瀬(-3)、海(-15)、高山(-2))
特殊技能
自然治癒A(軽い傷ならば短期間、大きな傷でも一週間以内には回復可能)



  • 人物

  ほおずきの様に赤い着物を纏い、右目に眼帯をした少女。
  櫻の国の生まれである為、黒い瞳に黒い髪と、外見的な特徴は然程多くない。
  何処を歩くにも、基本は下駄を履いている。
  眼帯には龍神が封印されて云々言っていた。大嘘である。

  櫻の国の地方領主『白天龍家』の一人娘であり、櫻の国の密偵。
  国外の調査を行い、情報を持ち帰るのが任務であるらしい。
  尤も、身分の守秘義務というものがないのか、比較的簡単に身分を明かす。

  関西弁を半端に崩したような言葉で話し、テンションは普段は高め。
  だが外的要因で簡単にテンションが変わる為、感情はかなり分かりやすい部類。
  ボケとツッコミならばツッコミを好む性質である。



  領内の混乱を憂う(振りをしていた)父の命を受けて、能力者との交渉窓口を務める。
  父親の事は、櫻の人間らしからず『パパ』と呼んでいた。

  その目的は、ライバルにあたる〝風森家〟を完全に殲滅する事。
  幾度もの策略でそれを半ば達成した後は、機関の手を借りて大陸に渡る。



  • 能力


  詳細は不明だが、傷の治りが非常に早い。
  それだけでは無く、そもそも体が頑丈で、簡単には傷を負わない様子。
  能力というよりは、特異体質に近いものなのだろうか?

  また、隠密という職業柄か身体能力は高い。
  特に高いのは跳躍力であり、下駄のままで5~6mは飛びあがる事も。
  足音を立てずに歩くという技術も身につけており、奇襲戦には強い筈だ。



  • 暗器

  懐に手を入れるなどのモーションすらなく、朝顔は暗器を取り出して使用する事が出来る。
  この手品の種は、未だに不明であるが……


『吹矢』

  皮膚程度しか貫通できる強度は持たないが、刺さった周囲を軽く麻痺させる。
  瞼を狙えば、目を暫くの間は開けられなく出来る。

『揮発性の毒』

  液体のままで相手に吹きかけると、僅かな熱を奪いながら気化する。
  気化したこの毒を吸い込めば、少しずつ平衡感覚が狂い始める。
  効果が出るのが非常に段階的な為、何をされたか知るまでに時間が掛かるのが長所。