〝ピンク・スクァーレル〟ザンシア


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ボクが≪ノクトクルセイド≫に所属する理由は一つ!!
アドルフ・レルゼクムに世界の全てを与え、そしてその手から世界を奪い取る事だ!!
その為にならボクは、国の一つや二つ、こうして崩して差し出して魅せよう!!!


簡略紹介
名前 ザンシア=シルバーバレット
種族 悪魔
所属 ≪R.I.P.≫
身長 167cm
体重 58kg
誕生日 ???年11月23日
好きな食べ物 甘いお菓子
嫌いな食べ物 苦い物
料理の腕前 しない
地味な特技 射撃、砲撃
趣味 洋服を買う事
職歴 無し

ステータス(MIN0~(力~魔防MAX30、HPMAX60、LVMAX20、体格MAX20)、武器レベルE~S)
LV HP 魔力 速さ 幸運 守備 魔防 体格 武器LV
17 43 17 23 21 13 22 17 20 8 属性魔術D
装備
名称 威力 命中 必殺 射程 重さ 特攻 弾数 特性
鎖鉄球 5 75% 0% 1 4 - - 打撃
戦闘服装飾 7 65% 0% 1~2 9 - - 魔術、守備+5
特殊技能
砲術S(攻城兵器級大砲の設計、建造、運用、火薬の調合を行える)


  • 人物

  襟に届かない程度の長さの桜色の髪をした、少年の様な容貌の悪魔。
  その容貌に似ず、スタイル(特にバスト)は不必要に良かったりする
  左が瑠璃色、右が金色のオッドアイである。
  左腕には、サッカーボール大の鉄球が付いた、3m程の長さの鎖を巻きつけている。
  〝ピンク・スクァーレル〟は通り名であり、本名はザンシア=シルバーバレット。
  一人称は「ボク」、二人称は「キミ」。

  新世界では然程珍しくも無い無差別殺人犯であり、脱獄囚。
  『司法制度を全部体験してみたかったから』という動機で白昼十数人を殺害、死刑宣告を受ける。
  だが、執行前に何やら〝外〟の楽しげな噂を聞きつけ、即日脱獄。

  容貌の通りのやや少年的な口調で話し、愛想も表面だけは悪くは無い。
  然し、社会的道徳などは持ち合わせておらず、憐憫の情も兼ね備えない。
  「死に掛けている人間の足を踏んだり腹を蹴ったり」が好き、と本人が発言している。
  精一杯に生きる他者を嘲笑う事に喜びを感じる、まさに生粋の下衆。

  ≪R.I.P.≫の、『ノクトクルセイド』メンバー募集の噂を聞きつけ、それに応募。
  動機として、「この世界が欲しい」と、異常に膨れ上がった権力欲を見せる。
  その為の道具に〝家〟の資産を使う為、継承権を持つ一族郎党と当主である父親を殺害。首を面接に持参した。


  金の国に於いて内乱が勃発した際は、〝軍師〟と名乗り、国民軍に与した。
  民衆を扇動し蜂起させ、王城を包囲。能力者達の力も借り、王女ルーミアを捕縛する事に成功する。
  即日、王女の公開処刑の期日を決定。敢えて全世界に、大々的に布告した。

  公開処刑の場に於いて、様々な思惑を抱いて集まった能力者達の前でその正体を明かし、
  ルーミアの戦いの全てが、己の掌の上に在った事を宣言する。
  尚、当初の計画では、これを餌にグレミュール・ポポルをおびき寄せて奇襲する算段だったとか。
  二代目の総帥がザンシアの期待を越えて魅力的だったが為、計画は大きく方向性を変える事となる。


  最終決戦に於いて、完結しない物語の上で、無限に別な物語を創り続ける事を望みつつ、
  一つだけ、終わりを見届けられない事を惜しみながら、転落し虚空へと消えた。


  尚、通り名について。ピンクは髪の色から来ているのは明白だが、〝スクァーレル(リス)〟に特に意味は無い。



  • 〝家〟

  魔界の『イェーガー』という土地に領地を持つ貴族、シルバーバレット家の現当主。
  シルバーバレット家は、銃撃と砲撃に関するあらゆる知識と技術を収める家である。
  『銃撃と砲撃、後は知恵「だけ」』で他の悪魔達と渡り合い家を存続させてきた、一筋縄ではいかない家系。
  数代に渡る貯蓄は、資金だけに留まらず各種武装や鉱物にも及ぶ。



  • 外見

  洋服を買いあさるのが趣味なので、多分これから何度も格好が変わる筈。
  その為(中身が忘れない様に)容姿描写を書き溜めておく。


  • 基本
【桜色の髪は襟に届かない程。左右で瑠璃色と金色のオッドアイ】
【何処か少年的な容貌と、それに釣り合わぬ豊満な胸囲を持つ人物】


  • 囚人服
【両手首は手錠、両足首にはそれぞれ鎖。囚人服姿と、その素性が窺い知れる】


  • 私服
【半袖のTシャツに、足首から臍上までのサロペット。ヒールがやや高い靴を履いていて】
【左腕には鎖がぐるぐると巻かれ、その一端にはサッカーボール大の鉄球が繋がっている】


  • 戦闘服
【爪先から膝までを覆う脚甲の底は滑り止めが施され、左腕全体から左肩を覆う籠手には鷲を模った装飾】
【右腕の装甲は肘から手首まで。ミニスカート大の草摺と背甲は一体化されている】
【胸から脇、喉、弱点となり得る部分にも装甲。腰から足首を覆う布は青紫、装甲の黒に比べて華やかで】
【特筆すべきは、此処まで描写した部分以外は、完全に露出しているという事か】


  • 所持品

『鎖+鉄球』

  刑務所内に居た時足首につけられていた鎖と鉄球。ちゃっかり鍵を持ち出して外した。
  鉄球を手に持って直接叩きつける、投げつけるなどの単純な使い方をする、
  鎖は鎖で、首を絞めたり鞭の様に叩きつけたりと、意外に用法は豊富な武器。

『魔銃アジ・ダハーカ』

  ルーミア・ゴールドウィンが所有していた、散弾銃型の魔銃。
  捕縛した際に奪い取った様だが、その性質上、おそらくは元々ザンシアがルーミアに与えたものだろう。
  魔力を弾丸として放ち、場合によっては高位の魔術すら相殺する。

『戦闘服』

  下半身を覆う青紫の布と、身体の所々を覆う黒い装甲のセット。
  左肩の鷲の装飾は、魔力を集めて弾丸として打ち出す事が出来るようになっている。
  手を使わず攻撃できるのは、割と優秀。

『情報通信端末』

  小さな、黒塗りの携帯電話の様な情報端末。
  メンバーの名前と容姿データ等も登録されている、非常に便利な一品。
  所有したまま念じるだけで発動する『転移術式』が内臓され、潜水戦艦『リヒトギルティ』に移動出来る。
  術式発動時には、足元に黒い水溜りのゲートが現れるとか。



  • 能力

≪Hel-Heim≫

【足首までのキトン―――古代ギリシャ式の衣服を身に纏った、女性の異形】
【右半身の皮膚は病的なまでの白、左半身の皮膚は焼け焦げた様な黒】
【長い黒髪はバサバサに乾き、所々縺れている】

攻撃力―――-2
スピード―――5
正確性――――5
ダメージ共有、リンク無し

  〝触れた物の時間を進める〟アートマン能力。
  触れた対象に魔力を流し、それが阻害されなければ効果が発動する。
  魔力の流れは、「拒絶する」という意志と、対象が持つ魔力によって阻害する事が可能。






















【落下して行く城。時折襲う、小さな揺れ。二つの足で立つ彼等は、抵抗できる、留まる事が出来る】
【既に力を失った身は、地を掴むことすら出来ない。揺れて、動かされて、落ちて行く。段を転げて、下へ下へ】
【やがて、(彼/彼女/それ)が辿り着くのは、断崖のような縁】
【魔銃が、銃身内部に刻まれた、転移術式により姿を消して】
【最後の道連れをも失ったザンシアは、何処までも落ちて行く】

【――いつから、歪み始めた……?】【〝さあ、分からないや〟】
【――いつから、軋み始めた……?】【〝教えて欲しいよ、ボクがさあ〟】

【〝分からない、分からない。何にも分からない、分かりたくない〟】
【〝本当に分からない?そうだ分かりたくない、分からなければいいんだ〟】
【〝終わらないさ、何時までも。だってボクは、終わりを見られない〟】

【〝だけど、叶うのならたった一つだけ〟】


      あの最終回、読みたかったな……


【〝今更、遅いかなぁ〟】




【空で、一つのお話の、最後のページが捲られる頃】



【敵の居なくなった地上で、名も知らぬ彼等の帰りを待ちながら】
【二人は仰向けに横たわって、星を見上げて語りあう】

「……どんな人だったの?」

『んー……我儘、自己中心的、気に入らない事が有ると不機嫌になる』
『犯罪行為をなんとも思わない、自分が認めない生物は生物扱いしない……』

「……最低じゃない。ちょっと貴女に似てるけど」

『ふむ、全くだ。お前の恋人とは似ても似つかない……と待て後半待て』

「あたっ」

【『否定できないが』とは言いつつも、苦笑いを浮かべて上体を起こし】
【ぺしりと平手打ちを、少女の額に落として窘める】

「……何でか、聞いても良いよね?」

『……あれは、な。お前の言う通りに最低の性格をしていた、長所は顔だけだ』
『だが……何かを褒めてやるとな。強がりながら、嬉しそうな顔をするのだ』
『私の何十倍も生きている癖に、其処等の子供の様な笑い方を、隠せもしないでな』

「……それだけ、なの?」

【女は、顔の傷を指でつつとなぞった。彼女と過ごした時間には、刻まれていない傷を】
【そして、小瓶を取り出し。蓋を投げ捨てて、困ったように笑うのだ】


『それだけだよ。ただ……それだけだ』


【〝天軌を辿る階段〟、人からも空からも遠い場所】
【クルス & 神鷹空人 VS 〝ピンク・スクァーレル〟ザンシア―――】
【―――〝悲劇演出家〟ザンシア=シルバーバレット、死亡】
















「あーあ、終わっちゃったあ。嫌だって言ったのにさぁ?
じゃあ、何時ものぶっちゃけタイム行ってみよーう。

何故、三人称を確定させないか。何故、性別を明記しなかったか。これには訳が有るんだけど……
その訳って、よくよく考えたら余程の事が無いと、描写する機会が無いんだよねぇ。
割と予想ついてる人居たかも知れないけどヒントを出すと……
ボクは〝どっちも大丈夫〟なのさぁ、物理的にも……そう、そーいう事」


「……平穏な日常を描く漫画、ギャグ漫画、こういう作品の最終回を読むと、思うんだ。
彼等はこれからも、こんな日々を送り続ける。何でボクは、それを見る事がもう出来ないんだ?
頼む、置いていかないで、ボクはここに居るのに………って、ね。

さあ、次の脚本を書こう。今度は、もっと単純に笑える様な……―――」