ほいころ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「あれ?ワタシのこと知りたいカ?別にどうってこと無い歴史けどねェ。でも、見てくれるのはうれしいネ、どうぞ見ていってヨー」


【にっこりと笑いながら一つの本を渡す】
【中に書かれているのは語であったが一部謎の語があった】
【どうやら読んでくれるようだ】

이름 名前アル

ほいころ 本名ネ


특징·모습 自分の容姿ネ、特長とも言うアル


群青色の瞳と長い白髪を後ろを髪留めで括っている少年

青い中華服を着ており、両手に腕輪、背中にバッグを背負っている

顔も悪くないのだが、いまいちパッとしない顔である


基本的に一般人、悪いことも善いことも普通ぐらいに好き

でも臆病者なので悪いことはほとんど出来ない、ヘタレである

可愛い、綺麗な、かっこいい人が好きで、いつかそうなりたいと思い、話しかけに行く

そのため、興奮すると言葉や性格がいろいろ変化する、というかガラ悪くなる

戦闘力がとても低く、能力も先頭には使い辛い


능력 ワタシが使える力アル、あんまり使えないネ


『相手から能力を受け取れる能力』

自分が相手の能力を見て、握手した相手の能力をストックできる

ストックできる能力数は覚えている物だけ、複数ストックした物をあわせて使うことも可能

しかし、そもそもその能力の持ち主ではないため、能力は非常に弱い(火炎使いからなら手からライター程度の火を出せるぐらい)

能力をもらった相手にはもらった能力は敵意を持って発動できない(善意なら可能)


현재 사용가능한 능력 いま使える能力ヨー


+ 属性系

+ 物理存在系

+ 物体変化形

+ その他


비고 今までに読んでない部分アル


~アル ~ネなどの言葉は実はキャラを作っているだけであり

興奮時や眠い時は普通の言葉に戻る


근황 最近の出来事だ・・・アル


  • 白い服を着た可愛い姉さんに会った、とても可愛かったんだけれど
全然笑ってくれなかったんだ
  • 紺色の和服を着た『赤錆』に会ったネ、妖刀がなんかすごかったが、上手く言えない
なんだか面白い奴だったが、時間が無かった
  • チェルシーという可愛い娘に会った、何故か開口直時にバトルになって
沢山怪我しちゃった
  • 津軽っていう子供に会ったんだ、風邪を引いてるみたいだったから俺の漢方薬をあげた
まだ子供みたいなのに俺なんかよりずっと大人っぽかったさ