赤井 恭平≪No.37≫


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

人通りの無い街中やリヤカーで林檎を売っている青年。18歳。

風車の九十九神らしく、よく回転する。
カノッサ機関のナンバーズ。
林檎屋を利用し、スパイ活動を行っている。


≪容姿≫

林檎のような、赤髪ショートヘアに赤い目。ジーンズに赤いシャツ、黒いインナーを着ている。
金の刺繍で≪No.37≫と書かれたニット帽をかぶっている。

≪性格≫

非常にテンションが高く、扱いやすい人間。また、赤色と黒の組み合わせが大好き。
カノッサに入り37番のナンバーズになった。

≪持ち物≫

【端末】
黒と赤色の携帯型端末

+ 赤井恭平 カノッサ機関の日々とかの記録的なノートブック