リイロクローン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

――任務、受領完了……



リイロクローン(Riiroclone)
『悲劇の断片』

【人物】
黒のボディースーツを着込み、目元をバイザーで覆っている、小学生ほどの少女

リイロ=M=ヴェイスの体細胞をもとに作り上げられた、クローン体
複数の個体が存在し、またその全員がサイボーグ強化を施されている

ヴェイス家当主であるシュバルツ=L=ヴェイスの指示によって、植物状態となったリイロ=M=ヴェイスの血液を研究材料に、ヴェイス家の傘下の研究所によって生み出された
クローンサイボーグの試作体として生み出され、クローンサイボーグと言う存在の価値判断材料として扱われている一面がある
現在は、実戦テストを兼ねて、ヴェイス家当主の命令によって暴蜂の準構成員として活動している

クローンによって生み出された上に、サイボーグ強化を施されているため、オリジナルであるリイロのような純粋さはおろか人間らしい精神にも欠け、どこか機械じみた言動が目立つ
また、クローンにはそれぞれ別個の改造が施されているため、区別のために額に刻印が刻まれ、髪の色が意図的に別々のものにされている

基本的に、命令の度に2~3人でグループを結成し、行動する
後に、『後期試験型』と呼ばれる、8体の新たな個体が生み出される。そのため、初期の15体は区別のために『前期試作型』と呼称されるようになる

なお、各個体の額に刻まれた刻印、コードネーム、髪の色は以下のとおりである

+ 前期試作型

+ 後期試験型




そして、オリジナルであるリイロ=M=ヴェイスと、その使い魔のファルガをそのまま流用した個体が、最後の1体として登録されている

………………ゴメンナサイ、ゴメンナサイ、ゴメンナサイ…………!!

リイロチャンノ為ニ、死ンデ下サイ!!


ω:オリジナルシン(オレンジ) (死亡)

『ヴェイス禁祭事術式伝書』の『人魔融合』によって、リイロとファルガが一体化させられた上に、ファルガにサイボーグ強化を施された個体
ファルガの背に、リイロの上半身が埋め込まれた様な恰好をしている
ファルガの胴体は、見た目よりもオートメーション化が成されているようで、『命令違反』または『敗北』を感知されると、リイロもろとも自爆させられるプログラムが仕込まれている



【足跡】
シュバルツ=L=ヴェイスの命令の元、任務に従事している

命令によりレイド=E=ヴェイスを襲撃した際には、γ、θ、κ、οでチームを結成していた
結果、レイドを重体に追いやるも、レイアム・ハルドルらの抵抗によって撤退を余儀なくされる。その過程で、θ(フリージングブレイダー)が殿を務め、帰還不能になったために自爆して果てた

レイド捜索のさなか、α、β、ξがメルフュレル・ファーザーに遭遇し、情報を引き出そうとするものの、非合法な活動を行っている事を悟られてしまい情報戦となる
結果的には追及を振り切って別れたものの、『レイドという人間の命を狙っている人間たち』がいると言う事実を握られる事となってしまう

水の国にてレイドを発見し、ε、ν、ξのパーティで襲撃を行ったものの、サージと名乗る少女の妨害に遭い、殺害叶わず撤退する

その後、ハーネットと名乗る青年が、麻薬漬けにされた人々を扱っている現場に、δ、κの二名が遭遇する。非合法な行いを躊躇なく行うハーネットに対し、レイドライクの殺害を依頼する

星の国にて、悪人を粛清すると言う突発的な騒動が起こった際には、ガルンロード=イクシールと共に、β、ζ、οが『処刑人』と戦闘を行う。ここでは数の利を活かし、『処刑人』の殺害に成功する

レイド探索のために、ι、μがリーナ=ヴェイセシスに同行し、その中でJusticeの一員であると、偶然居合わせた、アートマン使いである車椅子の少女と戦闘になる
の不意打ちと、アートマンのパワーによって、ι(ディスオネスティープレイヤー)は回収困難なレベルの損傷を受けてしまい、止むなく自爆させられる

ナポリス総合病院に、侵入者が入り込んだ際には、αとμ、そしてリイロ=M=ヴェイス本人であるωが戦闘に入るも、多勢に無勢であった為、やむなく撤退する

上記事件の後始末をしている最中、水の国中枢に、ジャッキーニ=ライオニウス率いる軍勢が侵攻すると言う事件が発生。ガルンロード=イクシールと共に鎮圧に向かい、チェルシーと戦闘になる
ここでは、ν(サイレントレクイエム)がチェルシーと対峙し、「『人形』である事を受け入れている」νと「『人形』である事を拒んでいる」チェルシーが激しくぶつかり合い、結果的に、νは己の命を顧みることなく命令を実行し、チェルシーに瀕死の重傷を負わせながら爆死する

カーネルの問罪のために、捕獲もしくは殺害を命じられ、ζ、ξ、χが櫻の国ノクト・アルカディアに足を踏み入れた際に、レイドと遭遇するものの、この時にはカーネル確保を優先するために、レイド、そして援軍に現われた天ヶ谷 昴と共闘する事になる
戦闘の中で、ζの火力を活かすために、ξ(クレバーミッドナイト)が自らカーネルに対して打って出るが、圧倒的戦闘能力のために返り討ちに遭い、胴体を刺し貫かれてしまう。それでもζへと望みを託し、ξはζのグレネードをカーネルもろとも浴びて爆散する
更に、カーネルの斬撃波を浴びて機動力を奪われたζ(ルナティックガンスター)は、χの援護によって3発のグレネードをカーネルに向けて撃ちこむも、最後には任務達成のためにレイドへの援護を優先させ、カーネルの斬撃波を全身に浴びて、バラバラに切り刻まれて死亡する
χは、レイドを援護しつつ、カーネルへの止めの一撃に参加して、勝利に最後まで貢献した
戦闘後、に対し「共闘した以上、これから自分たちの邪魔をしないなら優先攻撃目標のカテゴリーから外す。しかしレイドと行動を共にするのなら、第二級へと引き上げる」と勧告し、可能であれば戦いは避けたいと言う意志を示すが、は「レイドを見捨てる事は出来ない」と、この勧告を受け入れる事を拒否した

その後、暴蜂への反逆を疑われている子会社へと向かうリーナ=ヴェイセシスに、β、εの二名が随行するが、途中からに追跡を許してしまい、その結果リーナを人質に取られる格好となってしまう
しかし、リーナとβ、εの三名を一人で相手するのは限度があり、βから注意が反れた瞬間、βはシールドを展開しつつ体当たりを浴びせ、の≪ヴァイパー≫を浴びながらもリーナを解放させる
直後、εがを追いかけるが、隙をついて放たれた≪ヴァイパー≫の第二射によって、リーナをかばったβ(インブレイスポーラスター)が致命傷を負わされてしまう。機能の故に仲間を護り続けた結果、わずかに芽生えた人間性のために、リーナに対し笑顔を返しながら絶命する
ε(スイートナイトメア)も、応援に駆け付けた東 銀鶏によって足止めを喰らい、
苦しませたくないと願うの≪風駆≫と、
銀鶏の射撃による追撃によって即死させられる

暴蜂機関の連合軍による風霊統主の城の攻撃の際には、α、κ、μ、ο、υの5名が出撃
αとυが、それぞれガルンロードグルゴンのサポートに回り、残るκ、μ、οが、貴宝院 織守との戦闘に入る
しかし、μ(メルティングブレイダー)は、かつてアートマン使いの少女との戦闘で受けた精神的なダメージを回復しきっておらず、戦闘に及び腰になってしまい、織守の『鬼折り紙』によって、腹部を刺し抉られて死亡する
更に、途中で手傷を負った為に持てるポテンシャルを発揮できない事態に陥ったκ(アブノーマルデイライト)も、織守の『鉄刃怪鳥』によって胸部を切りつけられ、咄嗟に織守への射撃を敢行しながら、機能停止に陥る
そんな中で、リイロ本人であるωが戦闘の途中にて加勢し、場に居合わせたレイドの右腕を切断。これはシュバルツの命令は関係なく「リイロを見捨てたレイドへの憎しみは、偽らざる自分の本心だ」と叫ぶ
命を握られている状況の為、森島の説得も受け入れずに、結局はシュバルツの撤退命令によって、その場から立ち去る事になる

ホウオウシティにおけるテロの際には、η、π、ωの3名が出撃。クロウ=ブラックヴァルズダジル=エヴァンと共に、ブルーラインブルーローズ天ヶ谷 双葉と戦闘に入る
ηとπが、先行して敵拠点を攻撃、ωがブルーローズと戦闘を行うという分担を担当した
しかし、シュバルツの介入によって、η(ロンリームーンライト)は捨て駒として砲撃によって破壊され、背に乗せたリイロの肉体を庇いすぎたために戦闘不能になったωも、シュバルツに見捨てられそうになるが、「最後のチャンス」と称して帰還を許可される

そしてその後、ホウオウシティ壊滅戦の際には、αがグルゴンと共に、ωが単身レイドとの決闘を行う
α(キラークイーン)は、貴宝院 神衣謎の少年の2人を相手取り戦闘を行い、グルゴンのサポートに徹しながら、両者を苦しめた
しかし、ダメージ蓄積の結果、戦闘行動を維持できなくなり、貴宝院 神衣を巻き込む形で自爆を敢行。貴宝院 神衣にダメージを与えて死亡する
また、ωはレイドに敗北。致命傷を与えられて死亡する
この際、レイドはω(オリジナルシン)の身体から『虹色の魔玉』を生成し、増援に駆け付けたοに対して使用する。以後、ο(ラ・グランドクロス)は暴蜂の前から姿を消してしまう



【所持品】
  • 『腕時計型ボウガン』
文字盤の裏側、手首の下に当たる部分に、3本の小さな矢が仕込まれているボウガン
手首の動きに合わせて射出される
有効射程距離は約20mと、やや飛距離に難はあるが、有視界戦闘における射撃武器としては、十分に及第点である
なにより、携行性、制音性に優れるため、暗殺用の暗器としても優秀な武器である

欠点としては、リロードに時間がかかる事が上げられる
そのため、戦闘中に撃ち尽くしてしまえば、戦闘が終わるまで使用する事が出来なくなる

  • 『ロッド』
振り出し型のロッド
近接戦用の武器として持たされている

  • 『メルフュレル・ファーザーの名刺』
メルフュレル・ファーザーから渡された名刺
〝教会〟の所属である事を証明する文言と、所在地の住所が記されている
しかし、電話番号に当たるものは記されていない

  • 『D』
ハーネットと名乗る青年から受け取ったもの
強力な麻薬の一種で、『天狼会』という組織を中心に、闇でばら撒かれている

現在は、ヴェイスグループの研究施設に預けられて、解析が進められている



【能力】


























【戦闘】
以上の様に、様々な特性を持つ者達が、2~3人のグループを組んで行動するので、状況次第、組み合わせ次第でその戦闘力は大きく変化する
しかし、基本的に兵器として作られた存在なので、その基本ポテンシャルは決して低くは無い