ミィ=ル・ルージュ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

─── ミィ=ル・ルージュ(Mii-Le Rouge)



────容姿

【大きな純白の日傘を右手で差している、流れるような金髪の少女】
【身に纏っているのは赤と黒を基調とした色鮮やかなロングドレス】
【所謂オッドアイであり、左は煌く星の如き金色の瞳、右は若葉の如き黄緑色の瞳】
【少女自身よりも一回り大きい、蝙蝠のような漆黒の羽が背中から生えている】


────特徴

外見年齢18歳。実年齢不明。
一人称は「私」で、基本的にはお嬢様言葉で話す。

浮世離れした吸血鬼のお嬢様。電波系。寂しがり屋。構ってちゃん。
初対面の相手に大金を払って友達になってもらおうとする辺り、かなりの世間知らず。
また、上記の問いかけにOKしたら、その人物を同じ吸血鬼にしようとしたりする。
本人には悪気はなく、間違った方向に純真な少女のようだ。だからこそ危険でもある。

"友達"を溺愛する反面、友達以外の人物には興味を持たないどころか殺意を抱くこともある。
良くも悪くも両極端で感情的な性格。ヒステリックになることもしばしば。


────吸血鬼

生粋の吸血鬼であるミィ。
よって、吸血鬼らしい特性を幾つかもっている。
  • 自身の血液を注入することでヒトを吸血鬼にできる。
  • 痩躯な体格に似合わぬ高い身体能力  
  • 日光が弱点
  • 川を越えられない  などなど。

上記の性質に加え、背中から吸血鬼の羽が生えている。
飛ぶ事こそ出来ないが、堅牢なこれは戦闘において盾替わりにすることも出来る。
但し、あくまで身体の一部であるため、過信は禁物だったりする。


────過去

今はまだ何も明かされていないが、"爺や"と呼ばれるミィにとって大切な存在がいるらしい。
また、長い間眠っていて、最近目覚めたばかりとも述べていた。原因は不明。


能力 ─── 《 P a S ─罪には罰を─ 》


血液を媒体とした鎖の精製・及び電撃操作能力。


ミィの血液を素にして鎖を創りだし、操作する。
同時に精製出来るのは2本までであり、
精密動作性は優れているものの、パワー面はそれ程でもない。
この鎖は血液としても扱うため、後述の電撃操作能力と組み合わせることが可能。

  • 雷撃

ミィの血液を素にして電撃を生み出し、操作する。
生み出した電撃には「血液に流れやすい」、「血液から血液に向かっていく」という二つの特性を持つ。
そのため血液の鎖と組み合わせることで強力なパフォーマンスを発揮する。