セシウス・クレプシドラ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

〝Chrono Chaser〟


『法』るべきはいずこに有り

...................... シウス・クレプシドラ

――――Personal

「僕の人物像とか、そんな感じじゃないかなぁ?」

桜色のゆるふわウェーブの髪と薄紫の垂れ目がトレードマーク。所属は対機関連合である。
帯でウエストを絞るミニスカ着物を好んで着用するけども、
顔のつくりと容姿、人格などから、櫻の国の生まれでは無いらしい
少女そのものの外見だけども、実は男性(???)であることが判明した
尤も服装を例外とすれば、その振る舞いは特に自己の性別を意識しない「中性的」なものを貫いている。

16歳だが華奢なだけでめりはりの乏しい体型で、ハスキーボイスの声とのんびりした口調が会話の特徴
そのせいか一見のんきで惚けているのだが意外と思慮が深く、正義感や公共福祉の観念も血筋のせいか強いと見える。
冗談や皮肉のような事を言うのが好きで、人に話を聞いてもらうのも聞くのも楽しいのだとか
人柄で言えば、どちらかと言うと柔らかい方に属するはず。
ただし、どこかシニカルな部分をも隠し持ち、それを自分の中で鬱屈とさせるきらいがあり、幾らか夢見がちなのに警戒心が強い。
能力に覚醒してからは、独善的な一面も見えるようになった
不完全で不安定な心を、借り物の正義と誰かの言葉で支えている状態。

饒舌や戦闘時の果敢な行動は、病弱な自身への嫌悪の裏返し。
また他者に自分の存在を認めさせることに、かなり大きな価値を抱いているようだ

との短くも価値ある会話の後で、何らかの目的を見つけたらしい。
「石に布団は着せられない」と言う、普遍的な格言、
それが心に深く刻まれたようだが、正義組織のメンバーとなった彼女はこれからどんな行動に出るのだろうか?

――――Power

「僕の能力はねぇ、滅多にあるものじゃないよぉ」

クレプシドラの能力は、その名を≪C.C.C≫と言う。
その効力は、「時計の文字盤を模した円盾を召喚する」ことだ
これは装着型アートマンに類似した能力だが、装備までは能力に含まれていないらしい

円盾の中心からは「短針と長針」を模した物体が伸びていて、特に短針は「握り手」のように波打ったデザイン
長針は、自分自身の時間を加速・減速・跳躍させる強力な能力の発動と、針型の魔力弾を射出するために用いられ
短針は「引きぬく」ことで、切った物体の時間を歪めることが可能な一種のビームサーベルに変形する

非常に強力な能力。相手の僅かな隙も怒涛の連撃を叩き込む好機にできるし
一見すればどう足掻いても回避できない攻撃を、少しの無理で回避する事もできるだろう
しかし間接攻撃の手段が乏しい上に魔力消費は激しめで、クレプシドラ自身の身体能力の不安もあり、
一対一の戦闘では、盾の存在を考慮しても力負けを喫することが多い。
仲間が居る状況であれば、弱い攻撃への壁役やチャンスメイカーとしての活躍を期待できる

+「すべてがCになる」、なんてねぇ?
ワザの名前 ワザタイプ 概要 クレプシドラが思うこと
〝Clock Crack〟 特殊行動 時間を加速させる 「魔力消費が莫大だけど、その効果だってねぇ?」
〝Clock Cheat〟 特殊行動 自分自身の時間を減速させ、敵の攻撃の影響などに対抗する 「しょせんは、先送りなのかなぁ…」
〝Clock Chick〟 遠隔攻撃 チクチク刺さる針型の小さな魔力弾丸を連射する 「Chickenは朝を告げるよね、だからひとつの時の象徴と言えるんじゃないかなぁ」
〝Critical Clash〟 武器攻撃 盾を横に強く振り、対象を打ち据える 「いわゆるシールドスマイトってやつだよねぇ」
〝Cake Cutter〟 武器攻撃 魔力を込めたサーベルで、別角度から幾度も切り裂く 「僕の技だと、いちばん必殺技らしいかもねぇ」
〝Crescent Charm〟 武器攻撃 サーベルを当てた物体に流れる時間を微妙に狂わせる 「僅かな隙だって、時間ならものにしてみせようじゃない」
〝Cross Creator〟 設置攻撃 交差させるように空を切ったのち、その場所に斬撃のダメージ判定を暫く残す 「X字に切らないと発動しないのが弱点さぁ」
〝Cruel Circle〟 設置攻撃 文字盤型の斬撃判定に敵の身体を盾で押し当て、肉と骨を削り取る 「すっごく痛いけど、死ねないのさ」

全てを「C.C.」にするという縛りが僕を悩ませる
大丈夫、必ずネタは尽きる
なお、叫ばせたい時はカタカナ表記にされます


――――Possessions

「じつのところ、僕って持たざるものなんだよねぇ」

「名もなき車輪 / 運命の輪」
から与えられた、握ることが出来るサイズの車輪。
外側を磨けば刃としても用いられるような代物らしいが、クレプシドラにその気は無い
どこまでも転がるし、どこまで転がるかわからない、世界の模型。

重太郎との会話の後、「消滅」したかのように思われていたが、
颯護と出会ったときにどこからともなく現れ、前述の「盾」へと変身した
どうやら、クレプシドラに能力として吸収されたらしい

――――Past & memories

「昔のことなんて、尺を稼げるほど無いんだけどさぁ」

彼が生を受けた「クレプシドラ」の家は、代々法曹関係者や警察官を輩出する家系であるという。
しかし彼女が望むのは、職業として平和に尽くすことでは無く、「正義組織への加入」
つまり、ある意味において超法規的な手段の選択であった。
その目的を知る者は、まだ誰も居ない

また「時間がない」と解釈してよさそうな言葉を何度か口にしていた彼女は、
前触れ無く唐突に吐血することや、体の丈夫さへの不安を語ったことから予想すると
おそらくは――何らかの病に、侵されているのだろうか。

日時 遭遇した相手 クレプシドラの主観 思ったこと
2011年3月25日夜 命を運んだ少女 「願わくば、僕の運命の輪が止まらないことを・・・」
同3月28日深夜 宮本 重太郎 賑やか三人組 「なるほど、これが運命ってやつなんだねぇ」
同4月5日深夜 黒尽くめの悪人 さっぱりわからない相手 「…僕、少しだけ舞い上がっちゃってるかなぁ?」
同4月9日夜 宮本 重太郎パニキュレータ 熱血三人組 / 少しだけ似てる 「人生に間違いなんて無い、わけではないけど・・・」
同4月26日夜 井坂慧典 使えそうだし、思ったより熱い 「統一セイトカイ、面白いかもねぇ」
同5月23日夜 魔斬 香月≪No.41≫カリナトゥス 遊びが無いのは当然か / ある意味、憧れ 「・・・なるほど、そうすれば良いんだね」
同5月29日夜 ジャーニー もう少し話していたかったけども 「星の国に、いったい何が?」
同6月15日夜 谷山 基樹 期待通り、いやそれ以上か 「――さてさて、面白くなってきたねぇ」
同7月1日夜 チェルシーと幻影谷山 女の子だと思われてる 「嫌いだよ、その象徴は」









――――Performance

「もし僕の人生がゲームだとしたら、どぉのくらいやりこんでるんだろう?」

ストーリーモード・暫定115
ホイールオブフォーチュン 展望台でnamelessから車輪を受け取る 15
はじまりは秒刻み 能力の総発動時間が1秒を越える 10
ふたつめは分刻み 能力の総発動時間が1分を越える 15
すべては、時刻み 能力の総発動時間が1時間を越える 30
ちっぽけな、善意 金の国の復興サブイベントに参加する 10
止まる時と僕の始まり 正義組織に加入する 15
黒の追跡者 能力「C.C.C」を用いて、一度以上戦闘を行う 10
なんだ、男か パニキュレータ戦で、重太郎との合体攻撃を成功させる 20