ジャッキーニ=ライオニウス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




 〝Die hohe Position arbeitet immer noch sehr als eine große Person und macht die Person, die ist,.. in.. immer noch mehr〟
 〝Sobald kennt den Willen des großen Vogels ohne dort nicht das Sein ein kleiner Vogel〟
 〝Die zwergartigen Fliegen in einen Zorn für den äußerst unbedeutenden Überblick〟
 〝Wie für der Mann der Tugend ist der Zwerg mit einer Sache bei einer Sache beschäftigt〟





     ………     〝 革命 〟 だよ、諸君。





 Ach……――――, ein angenehmer kleiner Fisch. Sie kennen die Welt nicht!






Ⅰ.人物


 【中性的な相貌の人物。190を越えようと言う長身から、〝男性〟と確定可能か】
 【墨痕淋漓たる書跡を髣髴とさせる“墨色”の長髪は膝元まで伸び、癖の付いた毛先は広範に散っていて】
 【纏うは胸元に〝紅薔薇十字〟が彩飾された漆黒の軍服風長外套。至る所に『魔法陣』が記されている】
 【矛盾した表現だが――〝燃え盛る様な冷たさ〟を感じさせる『蒼』の双眼を前髪の向こう側へ有していた】

 元、百家 羅山麾下、〝ルビーシャ占領軍副総督〟。
 現『ピエロ・リュネール』隊長、カノッサ機関≪No63≫。 23歳。

 ディモルキャスト会戦の後、≪R.I.P.≫の思想を唱え、実質的な『機関に対する反乱』を宣言。
 自らが「天秤を覆す」べく、『水の国に攻め入る』事を全世界に宣言した。
 この行動には戒能 鴉が一枚噛んでいると考えて間違いない。

 ……が、『理想』に走りすぎたが為に現実が見えておらず、多方面から瓦解。
 最後は半ば無理矢理に水の国中心部を襲撃し、能力者達の反撃を受けて死亡した。
 ぶっちゃけてしまうと、只の〝小物〟で有るという評価が一番相応しい。







Ⅱ.戦闘


 転移魔術によって武器を召喚し、其れで以って戦闘を行う。
 個々の武器が強力であった為に結構な戦闘能力を有していた。







Ⅲ.思想


 彼の演説を聞く限りでは、完全なカーネル=アドルフ・レルゼクムのシンパ。
 思想も≪R.I.P.≫の其れに準じている。

 水の国への侵攻を『弱者への手助け』とし、〝解放戦争〟と位置付けた。
 立場としては『個人の主義を重んじる』と云うスタンスで有るが、占領軍の兵は実質的に強制参加させられている。


 演説全文は下に格納。