カルニコス(カニス)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

――さあ戦おうぜ〝ヒーロー〟! お互いの存在価値を確かめる為にもよォッ!



【容姿】
  • 人間時
【鋏の様な形に逆立った特徴的な赤髪に、吊り上がった凶暴そうな瞳】
【革ジャンにシルバーアクセ、数ヶ所が破けたダメージジーンズと言った出で立ちは、図らずもこの男の人物像を表している】

  • 怪人時
【全身を青い甲殻の鎧に覆われた、怪人】
【右の腕は、全体が分厚い剣の様で】
【左の腕は、膨張した鋏が丸盾の様に鎮座している】
【その頭部は、騎士が被る兜のようで、クロスした角のような突起物がある】
【そして、覗く二つの眼球は、激しく紅く光っている】
【蟹の怪人――キャンサー・ナイトが其処に居た】


【名前】カルニコス(カニス)
【職業】怪人
【年齢】22
【性別】男
【趣味】怪人が特撮ヒーローを圧倒してるシーンを抜粋してスクラップにすること
【性格】知的な脳筋
【能力】
  • 怪人化
蟹の怪人、キャンサー・ナイトへと変異する力。
右腕の『クラブソード』と、左腕の『キャンサーシールド』で戦う近接タイプ。

【人物】
『悪役は悪役らしく』――それが彼の信条である。
『自分は怪人なのだから、悪い事をして〝ヒーロー〟に止めてもらわなければいけない』
『怪人とは彼らの引き立て役、必要な悪だ』
そう言って、彼は度々街で悪行を繰り返す(しかし内容はショボイ)
かと言って、一方的に倒される訳ではなく
『悪役にも活躍の場があっていい』というもう一つの信条の元、全力で相手と相対する