ゼーロ・ウィオラーケウス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




〝哲学者の卵〟
それを呑み込んだ彼女は〝純悪〟の兵器へと変貌した
果たして彼女が歩むのは、人としての道か、兵器としての道か










nomen-名前- ゼーロ・ウィオラーケウス
aetas-年齢- 不明
sexus-性別-
gens-人種- 人造人間

















proprius-特徴-











peritia-能力-



・ アーテル・スフィア
    まず間違いなくゼーロが戦闘で最初に使う能力
    掌から30cm程の大きさの、中心になるほど「黒い」球体が出現する。実体はない、魔力の塊と見ていいだろう
    触れるとあらゆる物質のエネルギーを削ぎ取る
    例えば、拳打の威力を弱めたり、炎の火力を落としたりできる。例外として、人に直接素手で触れた場合は、その人の体力、魔力などを吸い取って自分の糧とする
    投げることもでき、その場合でも、魔力を吸収することは可能。僅かだが体力も吸収できるようだ


・ アーテル・リリース
    上記の能力で削ぎ取った威力を黒い「エネルギー」として放つことができる
    一回の戦闘で最初に吸収したものしか継続して放つことができない
    前記の例をとって説明すると、拳打は黒い衝撃弾。炎は黒い炎として放つ
    ただし、威力は吸収したものより弱くなる。成長すると(魔力を摂り続けると)吸収率があがる


・ アーテル・アキエース
    斬撃の威力を吸収した後に生成することができるとみられる、漆黒の刃。振った軌道に合わせて黒い斬撃が放たれると言う仕様になっている
    以前は剣術など全く持っていなかったが、修行により徐々に身についてきているので、現時点でこの魔法を彼女がどれほど使いこなせるかは不明


・ アーテル・ラクリマ
    アーテル・アキエースで生成した刃を空中で衝突させることで放つ、漆黒の刃の雨
    一つ一つが小さめのそれであるが、無数に振りかかる為注意が必要
    …もしかするともう少しほかのパターンがあるかもしれない


・ アーテル・アキュリス
    アーテル・スフィアの上位互換。漆黒の槍を生成し、それを相手に投擲するのが主流
    直撃すれば肉体のダメージこそないものの、その吸収能力は、相手の生命を大きく削る


そのほかにも技があるかどうかは不明
しかし、これが彼女のすべてではないと思っていた方がよいであろう





praecipue ars-奥義-




ゼーロにとっての特別な技である。人から教えてもらったものや、まだ見ぬ彼女の本気の能力がこれにあたる


・ 終之月、空亡
    花城 火憐に教わった、花鳥風月の内、月が内包する技の一つ。相手に動いたと気づかれぬ初動を取ることのできる移動術。
    但し、完全に習得したわけではない。勿論本物には遠く及ばないだろう。目下練習中の奥義だ


・ アーテル・オースクルム
    この世の全てのものを無に還さんとする強大な無の魔力を放つ
    彼女を起点として渦を巻き収斂され柱となり、やがて一気にドーム状に広がる。辺り一面を闇で覆い尽くし
    その中に呑み込まれた人や物が持つ魔力や体力、威力を徐々にだが確実に奪いとる、ゼーロの全力の魔法
<<  天地万物に於ける全ての闇よ―――収斂せよ  >>
<<  森羅万象を無に染め上げ、世界を鴉雀無声の地へと還さん――!!  >>

・ アーテル・テネブラエ
    この世の全てのものを吹き飛ばし、奪いつくす、強大な闇の奔流
    解き放たれた魔力は粒子状になり彼女の手へと収斂し、合図と共に横に並んだ2、3人を余裕で呑み込める規模の無の魔力の奔流を放つ
    おそらく剣士等接近戦に対応するための技だろう。スフィアやオースクルムと違って実体がある
    その為相手を吹き飛ばして遠ざけることが可能だが、実体をもったがために相手も真っ向からこの魔法に力で対応できるようになる
    呑み込まれれば数秒後には魔力や体力をカラにすることができる。いままでの吸収能力の中では最強
<<  天地万物に於ける全ての闇よ―――収斂せよ  >>
<<  眼前に仇なす我が敵よ、漆黒の奔流を以てその全ての力を呑み込まん――!!  >>






colluctatio-戦闘-






特に筆記すべき点はない…他の能力者と同じく、能力を駆使して闘う
――が、闘う為に作られたにもかかわらず、身体能力は10代前半の少女のそれで、脚力、体力、腕力、等は殆どない…筈
なので、戦闘中避けるという動作を殆ど取らない。…筈。只能力を行使し、威力を削ごうとするのみで大半の攻撃は受けてしまう…筈
加えて、体力も殆どないのでいくら攻撃の威力を削いだといっても、僅か数発受けただけでフラフラになる
だが、それ故に捨て身の攻撃を繰り出す姿が過去に見受けられた

接近されれば問答無用で魔力、更には体力まで奪ってくるので注意が必要





praesens-近況-




  • 現在、花城 火憐の好意により、桜の国に構える、彼女の実家である道場に住まわせてもらっていたが…
 宮下 正次≪No.112≫に哲学者の卵を植えられたのち、カノッサ機関氷の国支部に所属することになる
 彼の自室へと連れ込まれるものの、少しの睡眠後、そこを飛び出して、どこかへと行ってしまった
 No.696を名乗る予定である

  • 神鷹 空人に教えてもらっていた剣術の基礎を習得し終えた。今後剣を使っての戦闘もみられるようになるだろう

  • 竜崎遥人と戦闘した際、〝卵〟に亀裂が入った。それによりゼーロとしての自我が〝卵〟の支配から少しだけ解放されることとなる
 さらに花城 火憐と戦闘時、彼女が具現化した〝卵〟の魔力をその身に取り込んだため、一層〝卵〟の反応が薄くなった
 さらにさらに彼女が水の国、ミールシュタインにて起こした騒動の際、竜崎遥人黒澤 我信が“卵”に攻撃を加えた
 “卵”の亀裂は大きく広がり、その魔力は吸い尽くされ、現在“卵”の反応は極々薄いものになっているが……

 しかし、どうやら〝卵〟はゼーロの憎悪を喰らい再生していたようだ
 どれほど再生したかは不明だったが、少なくとも彼女の自我を侵食するほどには回復していると見て間違いない
 一刻、一刻と時が経つに連れて、彼女は堕ちてゆく
 だが再び獅子堂 輝天との邂逅を経て、〝卵〟は弱体化の兆しを見せる
 彼が放った白刃は〝卵〟に亀裂を生じさせた。実際にどれほど抑え込めるかはわからないが、しばらくは正気でいられる時間が増えるだろう

  • 現在路地裏に引きこもっている。理由は「ここに居れば誰かを傷つけずに済む」と言うもの。
 天金 ミツキと会話した際、表に出ることを決意したが、その後の暴走もあり、またすっかりと後ろ向きな姿勢になっている様子




thesaurus-所持品-



角蜻蛉“ホルンリベレ”2本 スノウウル=シャンドリヨンにもらった、普通のそれより細いダーツ。もしかしたらこれで遊ぶゼーロの姿が何処かで見れるかもしれない。宝物
竹光 神鷹 空人にもらったもの。現在これを使って剣術修行中。宝物
軽い刀 2本 宮下 正次に貰ったもの。普通の刀の半分程度の重量。やっと扱えるようになった
銀色のお守り ブルーラインに貰った、縦に異様に長い円錐のお守り。魔力を吸収してくれる効果がある。役目を果たして砕け散った
骨刀 十拳丸が残していった、どこか寂しい殺気を漂わせる唾のない刀。日本刀に近い。磨けば彼の呪いがわかると言うが…
竜崎遥人の名刺 電話番号とメールアドレスだけが書かれた名刺と呼ぶのかどうかも怪しいもの。裏には「無くすな」と書かれている。宝物
黒澤 我信の名刺 彼の連絡先と会社名が書かれた名刺。宝…物?
“卵”の研究器具 南雲利織に手渡す予定の器具。どれが必要なものかわからなかったので、結構適当に持ってきている






antiquitas-過去の記録-


      日記…付けようかなって……


……え?見るの?……別にいいけど…


【ここから先は、白紙だった。故に、勝手ながら彼女の足跡を記録してゆく】







-
添付ファイル