我流剣術《紅蓮剣姫》:花城 火憐


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。












《概要》

花城六輝が60年近くかけて創り上げた実戦剣術、花鳥風月一派の技の理を捨て、その理念のみを踏み台として創り上げられていく、新たなる剣術である。
それは、そもそもを花城 火憐の特異体質を前提としたものである。
その性質は、攻撃特化に尽きる。高熱による威力強化と身体能力強化による怒涛の連劇は、正に焔の如く苛烈である。
さらに、蜃気楼と気による刀身の延長などにより、間合いを掴ませず幻惑する変幻自在さは、形の無い焔其の物であると行っていいだろう。
花鳥風月一派の精神である、力を捨て、技と速を極める、では無く、力と速度で相手を押し切り、最終的に最高の技を持って打倒するのが、火憐の剣技である。
未だ発展途上で、どこまでも強くなっていく可能性が有る、成長の剣技だ。
そして、弱点が一つ。長期戦に向かないということである。体温の上昇という特異体質は、長時間の発動で栄養失調を招く。
故に、技は即効に特化しており、流れを崩されれば、徐々に不利となっていくだろう。

妖怪化した事により、全体的に技が柔軟化した。
派生や、新技の開発がされていくことだろう。
そして、妖怪化したことにより〝徒手の剣術〟も、開発しているようだが……?





《“気”の理論》


火憐の技における“気”とは、花鳥風月一派と同じく、命の力、分かりやすく言えば体力を、肉体を動かす以外の力として運用する際の物である。
気に依る身体能力の強化と言うのは、気で肉体を直接動かしているのではなく、気の力で一時的に肉体を活性化させることにより身体能力を上昇させているのだ。
気は術者のイメージにより指向性を持ち、物理的な性質を持たせることができる。この、気の形状は使用者の適正に大きく左右され、火憐の場合は“紅蓮の椛”である。
椛と化した気に様々な効果を付与することで初めて生命力によって肉体を動かす以外のことができるようになっているのである。
しかしながら、火憐は気の外部放出が苦手であり、その代わりに自分への身体能力強化に高い適性を持つ。
故に、気を飛ばしたりするような技は、妖刀の妖気に完全に任せ、気は身体能力強化に回すのが火憐の気の主な使い方だ。
そして、生命力であるということはすなわち使い過ぎは命に関わり、更に戦闘で有利だからといって使用し過ぎると逆に疲労が加速度的に貯まっていき逆に自らの首を締めることにもなりかねない。故に、運用には年季や修行等がある程度必要になるのは間違いない。
気は、全身から生み出されるものだが、体の一点から抽出することも出来る。その場合は其の部位は仮死に近い状態になるだろう。
しかし、場合によってはこれが役に立つこともある。神経などを仮死状態とすることで、毒や痺れを遮断するのだ。
捨て身で有っても、死ぬよりはマシ。そう云う技法である。




《特異体質&妖怪としての性質》


花城 火憐は特異体質を持つ。
その体質は、体温を際限なく上昇させることができる事。
人間の肉体を構成するタンパク質は高熱で凝固するため、度を越した高熱を発すれば死亡する事もあり得るとされるが、花城火憐はその常識が通用しない人間である。
肉体のタンパク質一つ一つが特殊な膜に保護されているようで、高熱にとても強く、変質しないのである。
炎に対する耐性も凄まじく高いが、普通に火傷はする模様。肉体の一部分のみを高熱化させることも出来、触れれば物を発火させることが出来る。
火憐という名は、生まれたときに自己の身を巻いた毛布を焼き尽くした所と、華のように可憐な外見をしていた所からつけられた名である。
しかしながら、炎を操作することは出来ず、ただ体温を上昇させるだけとも言える。
並の武器では、火憐が扱うと解けてしまうため、火憐は専用の妖刀を使用している。妖刀の妖気が、刀を守るようだ。
本気を出した際には上昇する体温のせいで着ている服が燃え落ちるため、火憐は火鼠の皮で作った晒布を胸に巻き、同じ材質の袴をスカートの下に履いているのだった。
要するに、戦闘時はその他の服は全て燃え尽き、晒布に袴というあられもない格好に成るということである。しかしながら服を全て火鼠の皮で作る訳にもいかないため、妥協しているようだ。


また、この体質により、肉体が崩壊。その際に妖刀の力を其の身に取り込み、人から妖怪へと変状した。
種族は、〝焔と刃の鬼〟である。髪が真紅に染まり、眼も地獄の業火の様な紅玉と成っている。
能力は、自在な高熱の操作と焔の顕現。そして、武器精製である。
両腕が殆ど妖刀で出来ている為、その構造は肉体より刀に近い。
皮は刃金、肉は皮鉄、骨は心鉄。その身そのものが刃金で有り、焔。
花城 火憐は人の皮を被った、〝バケモノ〟である。

しかし、本人は殆どその事を気にしていないどころか、丈夫になったから嬉しいと思っている。
救いようのないバカであるが、逆に其れだからこそ、強力な力に悩まず飲まれないのかも知れない。



《技》

燁星の剣(あけぼしのつるぎ)

火憐の妖怪としての能力である、武器精製能力である。
〝刃〟を持つ武器でなければ創りだすことが出来ず、鈍器などは不可能。
基本的に太刀の形を流用して戦う。
バリエーションは太刀、小太刀、野太刀、槍等であるが、刀以外はそこまで錬度が高いわけではない。

生成時に込めた妖力によって、強度と熱量が変化するため、場合によっては破壊されることもある。
武器を生成するたびに、力が消費される上、そこまでポンポンと作れるわけでもないため、武器を使い捨てにするような戦い方は出来ないようだ。

気炎万丈(きえんばんじょう)

大いに気炎を揚げること。意気盛んなこと。また、そのさま。

熱気を轟火の如く解き放つ技。相手の接近を防ぐために使用する。
触れても、一瞬で燃える事は無いが、接近は至難である。

椛五閃(もみじごせん)

椛の葉が分かれる様に、五閃の斬撃を放つ技。
斬撃の通った跡には、真紅の軌跡が残るため、正にその様は椛その者である。

椛五閃〝爪〟(もみじごせん〝そう〟)
〝徒手の剣技〟である。
妖気で五指に爪を作り、その爪で相手の体に椛を刻む隠し技である。
出が速いが、その分一撃の威力は低い。不意打ちの急所狙い、または牽制に使われる事が多い。
しかし、武器を失った状態での戦闘には、十分耐えうる技である。

椛五閃〝散〟(もみじごせん〝さん〟)
〝徒手の剣技〟である。
五本の高熱を纏う針を精製し、相手に向けて拡散させるように飛ばす。
威力は低いが、かなり熱いため、牽制には向いているだろう。
〝爪〟と見せかけて、〝散〟を飛ばす事も出来る。フェイントも可能である。

星鬼櫻(しんきろう)

山本 正勝に教えてもらった技。所謂、〝後の先〟の技。そう、カウンターである。
相手の攻撃をぎりぎりまで惹きつけて、己の引いた足が地に着く瞬間、相手の伸びきった腕を斬りつけると言う物。
火憐は、切り返しの速度を、火焔の噴射で上昇させ、可能な物とさせている。

火山礫圧(かざんれきあつ)

二刀で相手の武器を抑えこみ、そのまま相手を潰すように力を込めていく技。
相手の武器は、押さえ込まれる過程で、高熱により赤熱していくだろう。
そして、最終的には手で持つ事もできない程に、熱を持ち、手を離せば、そこを狙われる。
地味ながらも隙の無い技である。

劫火疾走(ごうかしっそう)

刀の妖気で一瞬だけ焔と一体化して、伸びた焔の線の先端に移動する技。
移動範囲は半径2m程。隙間の無い攻撃をくぐり抜ける事に使用できるが、使用後、体を肉の身に再構成する必要が有る為、隙が大きい。
緊急回避としてしか使用できないだろう。

光炎万丈(こうえんばんじょう)

光り輝く炎が高く、たちのぼること。また、詩文などが勢いがあることのたとえ。

火憐の剣技の一つ。
高熱を剣の一点に集中させ、妖気を刀の先端に圧縮、突きを放つ瞬間に前方に向けて解き放つ。
射程距離はかなり長く、剣技とは思えないほど。
しかし、貫通性は高いものの、威力自体は一点集中故、急所に当てない限り致命とはならないだろう。
技の見た目が、レーザー等に似ている為、剣技から完全にかけ離れている技である。

光炎万丈〝投〟(こうえんばんじょう〝とう〟)
刀に高熱を纏わせて、全力で投擲する剣技。
速度は速く、さらに突き刺さった刃が、高熱で相手の肉を焼き癒着しようとする。
普通の光炎万丈に比べて、隙もその後、武器を失うという弱点も有るが、不意打ち及び威力の高さは看過出来ないものである。

光炎万丈〝閃〟(こうえんばんじょう〝せん〟)
捻りを加えて妖気を解き放つ光炎万丈。
螺旋の突きは、堅い物を貫くのに向いた打ち方であり、貫通力に富む。
そのかわり、突きの速度は低下し、隙も大きくなる。さらに、無理な妖気の開放で武器が崩壊するという弱点がある。

光炎万丈〝曲〟(こうえんばんじょう〝きょく〟)
普通の光炎万丈と、姿勢は変わらないが、速度が遅く、威力も低い上に出が遅い。
しかしながら、その代わりに一度だけ攻撃の軌道を曲げる事が出来る。

光炎万丈〝咲〟(こうえんばんじょう〝さく〟)
〝曲〟の要訣を含む、光炎万丈の必殺の打ち方。
突きの熱線を拡散させて、相手に一気に収束させるその姿は、正に咲き誇る櫻の様で。
どことなく、花鳥風月の意思を汲む技である。
一レスの溜めを必要とし、さらに必要な妖力がかなりであるため、そうそう簡単には打つことのできない、正に〝必殺技〟である。

星火燎原(せいかりょうげん)

些細なことでもほっておくと、手におえなくなるというたとえ。小さな勢力が徐々に力を増し、侮れなくなること。
「星火」は星がきらめくほどの小さな炎。「燎原」は野原を焼く意。

火憐の必殺の剣技の一つ。
剣閃を放つ瞬間、火の粉が周囲に舞い散り、次の瞬間その火の粉が高速で爆ぜ、相手を飲み込んでいく。
爆風の中には、妖気の極小刃が含まれており、触れれば火傷だけでなく無数の傷も負うだろう。

火天劍鬼(かてんけんき)

妖怪、花城火憐の鬼としての性質を完全に開放し、1レスの間だけ、身体能力、妖気を爆発的に上昇させる。
その際は、小さな角が伸び、少々成長の足りない体が大人の物となり、髪が焔に変化する。
発動後は、妖気の莫大な不足により、立つのも儘ならない上、2,3日の間、殺人衝動と食人衝動に襲われ続ける事となる。