神鷹 空人


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




 『人生で最も苦痛なことは、夢から覚めて行くべき道のないことです。』  ―― 魯迅






Ⅰ.容姿

 【ミディアム・バイオレットに黒のラインが縦に奔るシャツ、上から茶のファーコートを羽織った男だ】
 【腰まで伸びた黒髪は後頭部で纏め上げられており、其の結び目には〝菊花の簪〟が差されていて】
 【光沢を持つ灰色のスラックス――左腰には黒鞘の刀、右腰にはフリントロック式の銃を差している】



Ⅱ.人物

 こうたか くうと。自称、28歳。
 旅人という名の無職だが、喰うに不自由しないだけの金は稼いでいる様子。

 基本的には飄々としており、無責任な発言と奔放な行動が散見される。
 然し『締める時は締める』タイプの人間で、その際には思ったよりも頼れるのかも知れない。

 刀の腕はそれなりに有るらしくゼーロには基本面ながらも剣の扱い方を教えた。
 戦闘でも刀を使用するが、専ら能力に頼る面が大きい。

 『神鷹 空人』は本名では無く、姓は自分で考え、名はツァーリから騙し取った(?)物。



Ⅲ.能力

 詳しくは不明であるが、発動に際して神鷹の両目が〝紅く光る〟
 直後に『常人離れした速度で走る』、『ビル数階分を跳躍する』等の行動が見られた。



Ⅳ.持ち物

  • 〝暗夜行路〟
  刀屋の隅っこに転がっていた、とてもリーズナブルな日本刀。
  店主が『名刀だ』と主張するのを口先三寸で丸め込んで、そこそこの代金で購入した。
  鞘から刀身まで真っ黒けなのは、墨か何かをぶちまけた証拠隠滅では無いかと神鷹は考えている。

  名前が立派なのは店主の主張を一部受け入れた為。
  名刀が如何かは不明だが作りは悪くなく、魔力補強もあって意外と頑丈である。
  一定以上の高速で振り抜く事によって『斬撃を飛ばす』事が可能。


  • 〝ネルガル1772〟
  ギムレットから〝戦騎刀〟と交換で手に入れた魔銃。
  装弾数六発。中口径。鉛球のみでの発砲が可能である為、財布に優しい。
  使用者の『覚悟』によってその威力が左右されるらしいが、持ち主は確固たる覚悟を持ってそうにも無いのであった。

  フォルムはフリントロック式の其れだが、内部構造はリボルバー式に近い。
  如何考えても成立しない構造なのだが……恐らくは、魔術による物だろう。
  その為かどうかは不明であるが、リロードに三分掛かる為、戦闘中のリロードは困難である。

   如何でもいい設定なので隠しておくが、神鷹がこの様な名前を付けたのは、銃身に『1772』が刻印されていた為。
   誰かが飛ばされでもした時に持ち込んだ物を、新世界の誰かが改造したのだろう。
  • 壊縛の腕輪(バベル・アーツ)

顕れし渇望は「我を縛る摂理への反抗」

アシュエマの魂の断片が宿った、藍色の腕輪。
念じれば、着用者の跳躍力が強化され、さらに『空中での跳躍』が可能になる。
体力さえ続けば無限に跳躍し続けられるが、あまり高くまで跳びすぎると、いきなり効果が消滅するので注意。

効果が消えた場合、一定時間が経過すれば再度使用することが出来る。

(イベント運営スレ3,>>970より改変引用)



Ⅴ.近況

大会参加して、少女に銃身の裏拳入れました。

































































































































Ⅵ.〝簪〟


過去の群像か、未来への憧憬か、現在への逃避か。
確かなのは、彼は此れを『手放せない』。
手放せば其れは契約の終了であり、彼の「死」である。