羽々斬 千鳥


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

そんな事より記事よ記事!他人が不幸になる記事って、特に人気が高いの。
だって、自分より不幸な人間が居るって知るのは、とても気持ちが良いんだもの。ねえ?


簡略紹介
名前 羽々斬 千鳥(はばきり ちどり)
種族 人間
所属 無し
身長 166cm
体重 53kg
誕生日 第三世界の1995年7月18日
好きな食べ物 スナック菓子
嫌いな食べ物 野菜
料理の腕前 出来ない
地味な特技 部屋の片づけ
趣味 取材
職歴 学生→学生兼情報誌発行者
収入源 家からの小遣い+情報誌の収益


ステータス(MIN0~(力~魔防MAX30、HPMAX60、LVMAX20、体格MAX20)、武器レベルE~S)
LV HP 魔力 速さ 幸運 守備 魔防 体格 武器LV
11 43 12 25 21 25 20 11 17 6 剣E
装備
名称 威力 命中 必殺 射程 重さ 特攻 弾数 特性
ナイフ 1 90% 0% 1 1 - - 斬撃
移動力(MAX15)、地形マイナス補正
6、森(-2)、砂漠(-3)、浅瀬(-4)、海(-15)、高山(-15))
特殊技能
思考加速A、電磁浮遊A(能力仕様可能時、地形効果無視)



  • 人物

  黒い髪に緑の目、だが櫻の国風の名前を持つ少女。
  服装には無頓着であるらしく、常にウインドブレーカーを着用している。
  愛用の靴は飾りっ気が無く、走る事に特化した軽くて頑丈なもの。
  髪は適当に顔に掛からない程度に散らし、化粧もせずと、色気は欠片もない。

  学生としている筈の年齢だが学校はほぼ不登校で、個人発行紙〝闇の中〟を作る為に年中飛び回る。
  路地裏に現れて争いの規模を拡大化させようとしたり、募金活動の取材をしたり、
  特にポリシーなどというものは無く、ネタに出来れば何でも良いやという考えの様だ。

  普段は横柄な口調、取材時には敬語ではあるが配慮の薄い口調。
  能力を使って思考を加速する際は、テンションの箍が外れて大騒ぎを始める


  〝闇の中〟は、発行部数も少ないマイナーなもの。
  物好きは何処にでもいるもので、一定数の読者は常に確保しているらしい。
  だがその内容はと言えば、大袈裟と事実の歪曲の蔓延る記事ばかり。
  然し、実際に現場まで出向き、事件に巻き込まれた詳細を語る記者などは貴重な為、
  相応にもてはやされ、一部では熱狂的な人気を誇るらしい。


  • 能力

≪雷切≫

  「電気を操る能力」という、単純にして非情に強力なもの。
  空気中に放電する、触れて相手に流し込むなど、攻撃手段は多く威力も高い。
  攻撃速度にも優れており、物理的な盾ならばそれを伝って手に流れるなど、電気特有の凶悪な性質も持つ。
  また、脳を流れる電流を弄りまわし、思考速度を跳ね上げるという荒技を用いることも出来る様だ。

  弱点としては、防御手段が皆無に近い事だろうか。
  高速思考と身のこなしの素早さで回避力には長けるが、面制圧の攻撃には無力に近い。
  また、強力であるが故に乱発を引き起こし易く、電気の蓄積が切れる事がある。
  充電の時間は短いが、完了までは思考速度も通常に戻り、大きな隙が生まれる



  • 所持品

『取材用具セット』

  ペン、手帳、テープレコーダー。ICレコーダーでないのは、能力の為だろうか。
  テープレコーダーは割と頑丈なものらしく、扱い方が雑である。
  文章を書き終わるとテープは上書きしてしまうのだとか。

『ナイフ』

  鞘も柄も金属で出来たナイフ。自分で使うというより、相手に渡して使わせる為のもの。
  ナイフで攻撃が来ると分かっていれば防ぐ事も容易く、金属は電流を良く通してくれる。