葛城 凌花


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

楽しければいーじゃん?

だからぁ、邪魔するなら殺すよー?



・名前

他人にはリョーカと名乗り、呼ばせている。
正式な名前は葛城 凌花(かつらぎ りょうか)。櫻の国の出身者。

・外見特徴

身長159㎝、体重47㎏。年齢は17歳。スリーサイズは B:84 W:59 H:86
厚めの唇にラメの入ったリップ、薄いアイシャドーと長い睫毛。
耳たぶにはいくつもピアスが開けられた、厚めの化粧をした少女。

臍の出たタンクトップと、ホットパンツを好んで着用している。
髪は染められた茶色で、瞳は黒。

全体的に遊んでいる印象を強く受ける、そんな少女。

・性格

非常に自己中心的な性格で、楽しければそれで良いという快楽主義者。
気に入った人物や物に対しては『飽きるまで』執着する傾向がある。

反面、自分の気に入らないものに対しては、非常に攻撃的な態度を取る。

・経歴

櫻の国の生まれ。ごく一般的な学生だった。
だが、彼女が15歳の時に能力が発現し、クラスメートの男子を殺害したことで投獄される。

その後、刑に服していたが、とある組織の手引きにより脱獄。
現在、〝救いの御手〟の戦闘員として、行動しているようだ。

テロリストであるにも関わらず、街中を出歩いていることもあり、早期の接触が望まれている。

・スペックデータ


ステータス
筋力Lv. 頑健Lv. 器用Lv. 敏捷Lv. 知力Lv. 精神Lv.
-B +D C B +C -E
汎用スキル
誘惑 説得・恋愛などのイベント時にボーナス判定
贔屓屋 特定フラグ成立キャラクターとの会話にボーナス判定
わがまま 説得・要請などのイベント時にペナルティ判定
気まぐれ 会話・交渉などのイベント時にペナルティ判定
異常者 スキル『異常者』所持者以外への意思疎通にペナルティ判定
戦闘スキル
練達 繰り返された殺害の手管。器用・知力にボーナス判定
天性の才 幸運の値にボーナス、器用・敏捷にボーナス判定
命知らず 知力・頑健にペナルティ判定

・能力

〝パッション・イグナイト〟

体内に電気を発生させ、筋力の増強や反射神経の強化する。
手の平に収束させ、スタンガンの様に放出することも可能。

その女性的な体躯とは裏腹に、近距離のパワータイプの能力者である。

・戦闘方法

接近して電撃を浴びせる。それだけである。
武器や体術には優れておらず、能力によって強化された身体能力のみで戦う。

戦闘の素人ではあるが、その身体能力は驚異の一言に尽きる。

・所持品

『オービタル・ビット』
手の平サイズの、白い石ころとも思える、小さな球体。
凌花の発する電力をエネルギーにして、彼女の周囲を旋回し、敵対するものに弾丸のように襲いかかる、付随型兵装。
強力な武器だが、使用中は凌花自体の戦闘力が低下するという欠点も確認されている。