ジーナ・グレナリー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

……ああ面倒くさい

私はね、表舞台に出たくはないの



・名前

通称〝薬屋〟こと、ジーナ・グレナリー。
フルネームを知っている人間は、ごく僅かに限られる。

・外見特徴

目の下には深い隈があり、不健康そうな印象が強い妙齢の女性。
灰白色の髪はセミロングで、緩くウェーブしている。
身長163㎝、体重53㎏。スリーサイズはB:86 W:64 H:88

服はその時々で変わるが、大体はパンツルック。ラフな格好から、パンツスーツのようなかっちりしたものまで。

・性格

非常にものぐさで、物事を実行するには基本的に他人の手を使ったり借りたりする。
自分の〝仕事〟にだけは忠実だが、それも生きるためのこと。

基本的には守銭奴で、金があればそれに越したことは無い、と考えている。
頭の回転が速く、機転も利くため、金儲けの臭いや、危険の臭いには敏い。

・経歴

各地のブラックマーケットやマフィアに、〝薬〟を供給している。
その殆どが、イリーガルなドラッグで、その収入を元に生活している。

安定した供給を約束する上、他では手に入れないオリジナルの薬もあり、重用されているようだ。

・スペックデータ


ステータス
筋力Lv. 頑健Lv. 器用Lv. 敏捷Lv. 知力Lv. 精神Lv.
-D +E B -D +A E
汎用スキル
薬学 治療・回復などのイベント時にボーナス判定
医学 治療・回復などのイベント時にボーナス判定
経営学 運営・金策などのイベント時にボーナス判定
交渉術 交渉のイベント時にボーナス判定
高速演算 計算・交渉などのイベント時にボーナス判定
鉄面皮 交渉・要請などのイベント時にボーナス判定
冷徹 同盟・救援などのイベント時にペナルティ判定
戦闘スキル
予測 頑健・敏捷にボーナス判定
継戦弱点 薬品の制限時間。発動時、知力・敏捷にペナルティ判定
不熱心 敏捷・知力を除く全ステータスにペナルティ判定

・所持品

なし
なし

・能力

〝コラプション・バンクウィット〟
あらゆる薬を精製する能力。
容器を手にして、服用効果のイメージを浮かべることで、薬を組成することが出来る。
他にも、組成式をイメージすることで、普通の薬品を精製することもできる。

また、それらの薬の副作用などの悪影響を、軽減する能力でもある。

ただし、これらの能力を自分で使用しているため、どれだけ軽減しようとも、彼女の体は蝕まれている。
目の下にできた深い隈や、漂う不健康そうな憔悴した雰囲気は、その証。

それらをカプセルや錠剤、粉末などの形態に成形するのは、純粋に彼女の技術。

・使用が確認された薬

赤い錠剤
瞳が赤く染まり、体内から炎を噴出させ、自在に操れるようになる薬。
依存性があり、過剰摂取するとメルトダウンを起こして死亡する
青い錠剤
瞳が青く染まり、体内やごく周囲にある水分を操作できるようになる薬。
依存性があり、過剰摂取すると極度の脱水を起こして死亡する
黄色い錠剤
瞳が黄色く染まり、体内から電気を放出し、自在に操れるようになる薬。
依存性があり、過剰摂取すると身体がプラズマ化して死亡する

・戦闘方法


戦闘用の薬品を摂取し、能力を発現させて戦う。
複数の能力を切り替えて使うことができ、強力かつオールラウンダーな能力者。

――無論、その強大な戦闘力の〝代償〟は余りにも大きい。
そのため、基本的に自分で戦闘に臨むことは少ない。

薬を使用しなければ、ただの一般人よりやや貧弱、という程度の戦闘力に過ぎない。