※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【名前】嵐(名字はない)

【容姿】下は傷だらけのジーパン、上半身は包帯をぐるぐる巻いてあるだけ
    袖がなく、傷だらけのロングコートをその上に着ている
    右腕には鉄製の籠手、腰元には短いナイフが鞘に入っている
    短い黒髪に、淀んだ黒い目

【容姿テンプレ】
【短い黒髪と、淀んだ黒い眼】
【下はボロボロのジーパン、上半身には包帯を服代わりとして巻いており】
【その上から、袖のないボロボロのロングコートを羽織っている】
【右腕には、鉄製の籠手がはめられている】
【また、よく見てみれば、腰元には鞘におさめられた小さなナイフが】
【それらが、青年が路地裏で生きる者だと分からせる】

【能力】<<雷神ノ両手>>
    肩までの両腕から雷が出せる
    雷の威力は、ピリッとしびれるだけから、一時的にその部分が麻痺するほどの間で調節できる
    両腕以外の場所からは出せない
    雷を球体などにして、打ち出すことも可能

【性格】何処か達観しており、無気力
    基本的に何ごとにも無関心だが、子供にだけは不器用な笑顔を見せる事がある
    また、捨てられて裏通りを渡り歩く者にも優しい

【戦闘方法】両腕に雷を纏わせて突っ込む
      基本的には、能力の全容を隠すためにこれだけで押し通そうとする、が
      限界という物もあるため、だんだんと遠距離への雷の光線なども使用し始める
      後述のナイフが、ここぞというときの切り札

【備考】親に捨てられて、路地裏を渡り歩く青年
    生きていくために、路地裏で不良などをボコして金を奪っている
    それでも、決して殺そうとはしない
    捨てられた過去から、だれも信用せず、人との関わり合いを自分からは持ちたがらない

【武器】ナイフ
    鞘にさした状態で、思いっきりの雷を流すことで抜けるナイフ
    抜かれた際は、強力な熱と雷を纏っている
    一度の戦闘で一度しか使えず、一度使うとすぐに鞘に納めないといけない