ゲイツ少佐


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

米軍の軍人。特殊な能力を保有しておらず、戦闘でもサポートのような役目に回ることが多い。
お菓子をたくさん持っており、サトーという能力者によくあげている。
ノヴェンヴァー・チームを指揮している。
ほかにも「アルファ」「リマ」「ホテル」など、いくつかの分隊を指揮している模様。
新世界に到着してから、最初は軍曹であったのがトントン拍子に出世。
だがそれも不思議でない指揮能力を見せ、フリー連合の中で重要な役割を担っていた。

クリムゾン戦争、第一次攻勢において劣勢と判断するや自らを残し、部隊をすべて撤退。
時間稼ぎをしつつ基地に核攻撃を加えることでグリードラスト・ブルー・レッド、その他多くのクリムゾン兵士を道連れに死亡。

戦死扱いであり、米軍から二階級特進を受ける。
死後ゲイツ大佐、となった。