ユールメルシア


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

白衣を着た、雪のように白い肌の女の姿をした人工能力者。ノアの第七将。

しゃべり方や動きは子供のようで、面白いことが大好き。
その為か知らないが、能力者に自分が作ったキメラをあげようとしたり、ヴィヴィに人工能力者の資料を渡したりとしている。

元は科学者や頭のいい能力者や天使を中心として、作られたらしい。
彼女の体の中には元の人格である「ユメシア」というキメラ科学者の人格が生きており、たま少しだけ表に出てしゃべる時がある。その時は雰囲気やしゃべり方が変わる。
「ユメシア」の人格があるのを知ってるのは三大創造者とギルトのみ。

時空を裂いて、キメラや道具を出すことができる。酸のような液体を操ることができる。
青い目になると、青い目で見たものの姿になり、声や動きをマネする事ができる。ただし見た動き以上の事や能力や記憶はマネできない。
だが、戦闘はしておらず、戦いの仕方がよくわからない存在。