ミミ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

女帝ミミ

かつて圧倒的な魔力と魔術の才能で魔界を恐怖に陥れた魔界最強最悪の魔女。
当時の勢いはサタンヴォルヴェルグを以てしても止められず、最終的に人格を封印し新しいミミを形成することで難無きを得た。
なので今はペンダントに封印された「女帝」の人格(偉そう、そして物凄く強い)と通常の「ミミ」の人格(やさしいお姉さん、キレると怖くない。)に分かれている。

かつては大天使ガブリエルハーズ、さらには魔将クラスの魔力を持つ悪魔のロザとも対立し、いまやライバルだらけである。
とくにガブリエルとは犬猿の仲で、1000回以上の殺し合いをしているが一向に決着がつかない。
ギルレウスとは魔界のころから通じ合っていたようだ。

一方ミミは女帝がペンダントに封印されてすぐ、サタンによって刷り込みをされることで
彼の命令に忠実に従い、刃向う反乱者たちを片端から沈める事を繰り返していた。
がしかし、ある日メフィストと出会ったことで自我を手にいれ、戦いを放棄。
魔将ではあり続けるものの、戦闘を嫌煙する性格になってしまった。

幼いころのキングの面倒を見ていたのもミミで、キングにとっては姉のような存在である。
ミミはキングの浮気性な性格に悩まされ続けている。

漆黒の楽園という魔界と地上との飽和した巨大な森に住み、そこの魔獣やら聖獣やらを支配している。(ドラゴンの中でも強力な種と呼ばれるレッドヴァンガード種のフェルトがお気に入りのペット。体長は50mほど。)

戦闘は圧倒的魔力と強力無慈悲な魔術の数々を駆使する。
通常魔法から白魔術、黒魔術、禁魔術から古代魔法までなんでも扱う。
女帝は暇さえあれば強力な魔術を研究し続けている。
その才能からか勤勉さからか、世界中の殆どの魔術を使用することができる
という超強力設定だがバーギスとギランの二人の戦士の前に魔力が尽きて倒れる。
女帝を封じ込め再びミミが今は主人格となっている。
が、今はペンダントから女帝の声も発することができるので、よく一人漫才をしている。

スピセーレとは仲が悪いんだか良いんだか。
あと色々あったがなんとアルガントと結ばれた。