サバト


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

暖かそうなコートを着た少女で首元に六芒星の痣がある。口数は少なく無表情が多い。

元は人間だが、体は数多のエレメントにより構成された謎の存在。天魔となってしまった。

現在は水の国のはずれにある幽霊屋敷にアリアファタール、フェンサー、リグルベリルと住んでいる。

サバトはコードネームみたいなもので、本名はルミナ・デモンベルト。

本を読むのが好きで、謎のタイトルの本を多く呼んでいる。

魔法陣をかいたり、何もないところに話しかけたりと、おかしな行動が多い。最近はコスプレばっかりしている。あと、自分の姿をしたネコメ、ネコミミの30㎝くらいの謎の生き物が現れたりしてる。

分裂したり、首が取れたり、溶けたり、翼が生えたり…もう存在自体カオス。

能力はエレメントの探知、具現化。それとエレメントの覚醒。

エレメントの覚醒をすると具現化のエレメントの形が大幅に変わり、技が強化されるだけではなく、そのエレメントの属性を相手が持ってる場合食べることができる。

ただし、エレメントの覚醒をするとその属性以外のエレメントに交換できなく、終わった後に動けなくなってしまう。

彼女の運命は波乱万丈であり、壮絶である。
三歳のころに人攫いにあい、悪魔教団に生贄として売られるが、彼女に秘められた膨大な魔力と首元の痣をみて彼女を悪魔巫女として育てられることになり、七歳まで悪魔巫女として育てられ、様々な悪事をさせられ感情と表情を閉ざした。
しかし七歳のとき悪魔教団は一人の男とその仲間(ついでにその中にはジンジャー・ユースロットがいた)たちにより滅ぼされた。彼女は悪事をさせられたとはいえ居場所を奪ったその男を恨んでいたがその男に無理矢理連れられ一緒に旅をすることになった。けど、彼女はその男といるうちに楽しくなり、閉ざしていた感情も表情も開き始めるようになり、次第にその男が好きになっていった……だがあるとき自分はこのままじゃだめになると言う偽りの気持ちにより男の元から離れるが、その際に盗賊に襲われ殺されそうになるが、心配でついてきた男が身代わりとなり、サバトの変わりに死んでしまった……

以来サバトは罪の意識から無表情の仮面をかぶる様になったが、人には優しくするようになった。

そしてサバト10歳。ノラッドへと身をよせるようになり連合へと入る。

そしてサバトは知ってしまった………自分には父と母と二人の姉がいることを…そしてその姉の一人が誘拐された自分を探してるときにボーナムに捕まってしまい、精神を破壊されてしまったことを…………

今彼女は………姉を取り戻すためにボーナムを探している…

そして彼女はボーナムを見つけ出し、ボーナムを殺した。が…彼女は自分が愛した男ハンク・ウォーケンを殺したボーナムへの怒りに任せ、自身の中にあった≪天魔≫の力を解放してしまい暴走した天魔と化してしまった。

その後、彼女は相変わらずカオスな行動をしながら姉や神父の生まれ変わりを探している。

そんなある時、一匹の猫…ではなく一人の少女ベリルハーツ・ミャオマオに出会う。そして彼女と友達になり、彼女に浮遊石を渡し、ベリルから、『サバトのことを想う気持ち』の《結晶》を貰った。
サバトは嬉しかった…だが…彼女は≪ネル・ナハト≫の副官だった……その後に起こることを知らず…

サバトはある時、ウー・オルドヌングと出会い、実の姉のようにしたい、彼女が自首をすると聞きまた会うよう約束をした………

                             だが

彼女は同じ脱獄囚の一人ヴィダーハルによりサバトの目の前で殺されてしまった…それによりサバトは二回目の天魔化(ただし一回目と違い制御され人の形を保った姿)をして相手の能力を利用し跡形もなく殺した。

だが、それはベリルと戦う引き金となってしまった。

ヴィダーハルはベリルの部下に当たるものであり、それを倒したのがサバトと判明するとベリルは『ヴィヴァ・ラ・ヴィダ』を発動させ襲いかかってきた。

だが、サバトは友達であるベリルを攻撃せず、いかにベリルを救えるか考え機転によりベリルに、『サバトのことを想う気持ち』の《結晶》をベリルへと返却させ彼女を救った。

今はベリルとは同じ部屋でカオスな日常を送っているw