浦霞


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

……此処は女郎蜘蛛の巣………否
此処は………わっちの巣

ようこそ、おこしなんし………


簡略紹介
名前 山名 浦里(やまな うらざと)
源氏名 浦霞(うらかすみ)
種族 人間→
妖、女郎蜘蛛→
妖、〝蠱〟
所属 櫻が夜行
身長 156cm
体重 46kg
誕生日 第三世界の1990年9月5日
命日 同2010年5月23日
好きな食べ物 魚介類、肉類
嫌いな食べ物 年を取った獣の肉
料理の腕前 あまりしないけれど割と上手な部類
地味な特技 右手と左手で別な動きをする
趣味 楽器演奏、歌唱、男遊び
職歴 ?~?、櫻の国の太夫
以降、決まった店を持たない遊女
収入源 揚代、お捻り

ステータス(MIN0~(力~魔防MAX30、HPMAX60、LVMAX20、体格MAX20)、武器レベルE~S)
LV HP 魔力 速さ 幸運 守備 魔防 体格 武器LV
7 24 11 17 18 22 16 7 12 5 暗器C
特殊イベント等能力補正
+8 ×10 - - +7 -10 - - - - -
装備
名称 威力 命中 必殺 射程 重さ 特攻 弾数 特性
長簪 3 80% 10% 1 1 - - 刺突
特殊技能
飛行C(中空を飛行可能)、歌舞音曲A(楽器複数種を高い完成度で演奏可能)、音感A(初見の曲の楽譜を作成可能)


  • 人物

  身長は156cm、膝まで延びた黒髪は結わずにそのままにしている。19歳。
  "仕事"か"戦い"の時は花魁言葉、それ以外は京言葉で話す。
  歌舞音曲に秀で、特に笛と琴を得意とする。

  二重人格であり、"表"の時はただの男好きだが、"裏"の人格ではネクロフィリアに変貌する。
  人格が入れ換わると、黒く澄んでいた瞳が、どろりと白く濁る。

  紆余曲折の末、守屋 帝の部屋に強引に居候した。
  現在は、荷物を全て片づけてしまった模様。


  実は妖『女郎蜘蛛』であり、華秋 太白の「櫻が夜行」に所属する。
  なぜ、華秋の傘下に加わったかは、定かではない。
  口にしていた言葉からは「約束」という単語が聞きとれた。
  然し、もはや確認する手立ては無い。


  蠱毒を用いて自らを〝蠱〟と為し風の国を単身で襲撃。
  複数の命を用いての戦闘の末、能力者達によって倒される。
  その骸は炎に燃え尽き、灰は風に乗り、何れともなく散っていった。


  • 能力

  名称不明だが、風を操る能力を所有する。
  風で自分や相手を吹き飛ばす事は勿論、鎌居達を作り出す、風で周囲の大気を押しやるなど、様々な扱い方が可能。

  また、それとは別に、女郎蜘蛛という妖特有の力を持つ様子。
  手や口から出す極細の強靭な糸を用い、空中に立ったり、人間の死体を操ったりする。。
  水の国を「櫻が夜行」が襲撃した際は、三十もの屍を同時に動かして見せた。

  着物の背を破り、八本の蜘蛛の脚が出現した姿が確認されている。


  • 〝蠱〟

  蠱毒という呪法を用いて作りだされた妖。
  呪法に使われた全ての命を取り込んで、自分の物と為している。
  欠損した部位を、己の取り込んだ生物の命を用いて再構成する事が出来る。
  殺す事は容易いが、殺しきるには相当の火力が必要となる。

『大蛇』

『大百足』

『頼豪鼠』

『小玉鼠』

『毒蛾』

『カミキリムシ』


  • 装備、所持品

『番傘』

  大きめの番傘。それなりに頑丈だが、戦闘用には使えない。
  これに風を当てて空を飛ぶ事がある。

『簪』

  二尺ほどの長さの簪。先が鋭く、敵を差し貫く為に使用できる。

『笛』

  片手で扱えるタイプの小さな笛。

『琴』

  持ち歩く事は少ないが、最も得意とする楽器。
  偶に、道端で演奏していた。




















  • 最後

  風の国を単身で襲撃。人間を喰らって更なる力を得ようとする。
  其処に居合わせた能力者達と交戦、〝蠱〟の不死性を発揮して大いに荒れ狂う。
  数十度殺してまだ殺しきれず、首を落としても再生し。
  然し、やがて其れも限界が来る。

  最後に残った三の命の一つを使い、地の国の土蜘蛛の姿を顕現させ、融合。
  その巨体ごと本体を焼かれ、残る命は二つに。

  一つは、「妖〝女郎蜘蛛の浦霞〟」の命。一つは、「人間〝山名 浦里〟」の命。
  妖の命で体を再構成するも、既に致命傷を受けており


  やがて、その体は、灰になって散っていった。



【何処からか、からからと音がする】
【風上のそれは、風車が回る音】
【風は、止む事が無い】


   【ひゅう】


【一陣の風が、灰を吹き散らした】


【妖、〝蠱〟―――消滅】
【妖、〝土蜘蛛〟―――炎上】
【妖、〝女郎蜘蛛の浦霞〟―――消滅】


………この国、風が強いなあ……
この風に乗って行けば……クロノのお屋敷まで届くんやろか………

………帰りたいなあ………


【人間、山名 浦里―――死亡】

















「で、恒例の悪ふざけコーナーやねえ。結局二重人格どうこうの部分、はっきりと説明してないんやけど……
此処でちょっと語るくらい許してもらえる?」

『種を明かす……と言いましても然程深くはありんせん。〝わっち〟が、〝女郎蜘蛛の浦霞〟』

「で、〝うち〟が〝山名 浦里〟。それだけなんよ、本当に」

『蜘蛛の能力はわっちの能力、風の能力は浦里の能力。此処まで言えば……後は想像力次第』

「ほな……」『では……』

「さようなら、やねえ」『さらばでありんす』