リーヴィッヒ・ルジャ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

――リーヴィッヒ・ルジャ


紫色の短髪、そして小綺麗な白いコートを着ている青年。
コートの下は身体にぴったりと張り付いた、異質な鎧のようなものを着ている。
後述する『美しさの≪果て≫』を求め、そのために力を欲し、

そして――≪ネル・ナハト≫パンデルピエールと戦闘、勝利。
キルベルク・シルバーソードに認められ、新たな≪ネル・ナハト≫と成る。


“醜いもの”が大嫌いで、“美しいもの”が何よりも好き。

そして、彼――ルジャにとって、「人の屍体」は“美しい”。

無関係なものを殺戮する殺人鬼ではないが、自らに危害を加えるものは容赦なく殺戮する。
彼にとって自らに危害を加えるものは、この上なく「醜い」ものであり、
殺害し死体へと“生まれ変わらせて”あげることで「美しい」ものに仕立て上げている。
そして彼は、それが相手にとっての『幸福』であると信じている。

或る程度の良識と礼儀を持ち合わせているが、本質は何処までも邪悪な狂気性と残虐性。
如何なる相手にでも敬語で接し、相手が何もしないなら彼もまた何もしない。
また、凄まじく屈折した思考を持っているものの知性は高い。
相手を煽り冷静さを失わせ、後述の能力で奇襲する戦法を多用する。
路地裏で「醜きもの」を「美しきアート」にしていることも多いが、
その凶悪なまでの二面性のため、街中を普通に歩いていることも多々ある。


――能力 キリングタイム


キリングタイム(暇潰し)という名の能力を持ち、自身の骨を操ることができる。
操れる範囲は骨の硬化、伸縮、ある程度の形状変化、切り離し程度。
自身の身体から骨を突き出すことも可能。この際、自身に痛みは無い。

自身の身体から切り離した骨は、再び自らの骨に接着し戻すことが出来る。
また骨折などで骨がダメージを負っても、治癒を早めるだけで完治は出来ない。
自ら切り離した骨は再接着可能だが、敵や事故によって切断されたものは元に戻らない。

骨はある程度まで自在に伸縮、操作できるものの、伸ばすのには限界がある。
またあくまで骨であるため、間接が無い限りそこまで自由度の高い操作は不可能。
骨の防御力は一般的な鎧程度。剣やナイフ程度なら十分防御できるが、
大剣や斧などの威力ある攻撃では耐え切れずヒビが入る、ないし破壊される。

使い方によっては非常に強い可能性のある能力であるが、その分弱点も多い。
例えば骨にヒビが入ったり破壊されれば激痛を伴う。
また骨を硬化させている影響なのか、通常以上に炎や冷気にも弱く、ボロボロと崩れ落ちてしまう。
無論、その際も耐えがたい激痛が走る。

なお、ルジャの身体を覆っている異質な鎧は、自身の骨を変化させた外殻である。
この骨は硬度に特化しており、攻撃に使う骨の硬度より高い。
ダメージが通らないわけではないが、破壊するのは困難を極めるだろう。


――宿敵


かつて、路地裏にて藤原宗則に自らの殺人を目撃される。
そして激昂した宗則と激闘を演じ、辛うじて勝利を手にする。
その際、彼の中に見た「誇り高く輝ける、美しい志」を「更に美しく破壊」するのを夢見ており、
これまで彼とは2度にわたって凄まじい激戦を繰り広げている。
戦績は一勝一分け……ルジャは『次で全ての決着が着くだろう』と踏んでいる。

そして、それにより『美しさの≪果て≫』に至れるだろうと信じている。


――過去


彼がここまで狂い果てたのには理由がある。
彼は幼少期、父親から苛烈な虐待を受けていた。母親はそれを見ぬふりをしていた――
そのために人間の「憎悪」「怒り」「欲望」などを激しく嫌悪し、醜いと感じるようになる。

ある雨の日、彼に対する父親の虐待は何時もにまして凄惨だった。
その時、生命を護るために、彼の本能が彼に能力を目覚めさせた――
目覚めた骨の能力を使って彼は暴走。父親と母親を惨殺してしまう。

両親の惨殺死体を見た幼い彼の心は、崩れかけていた。
が、彼はその屍体を――――『美しい』と思うことで――――精神の崩落を止めた。


彼が異常なまでに『醜い』のを嫌うのは、何よりも醜かった父を彷彿とさせるから。
『美しさ』を求めるのには、こんな哀しい過去があったのだ――。


――≪ネル・ナハト≫


前述の宗則を倒すため、修練を積み、更なるパワーを手にする。
それだけでは飽き足らず、更なる力を求めシルバーソードに取り入る。
彼が試験として差し向けたパンデルピエールを見事撃破し、新たなるネル・ナハトとなる。

……だが――実に奇妙なことに、
彼がシルバーソードに認められたのとほぼ同時刻に、宗則はこの世を去っていた。


――終焉


ニューエネルギー研究所跡において待ち伏せ、レティシアアリー・スフィアと交戦する。
凄まじい異常なる美しさへの執念で2人を苦しめるが、2人の策略に嵌りレティシアの『アイアンメイデン・オブ・ブラッド』を直撃。
瀕死の重傷を負うもまだ美しさへの執念を見せ戦闘続行、最期は実に呆気なくレティシアのランスで貫かれ死亡した。

彼がそうまでして、求めていたモノとは――――。


――彼の最期の言葉……彼の求めた『美しさ』の本質


「『美しさ』――『美しさ』とは何かァァッ!!?

それは『永遠』だ!ヒトは本能的に『永遠』を求める……『永遠』こそ『美しい』ッッ!!
『死』!ヒトは『死』して『永遠』となる!『美しさ』とはそれだ……永遠の姿!!
永久に変わらぬもの……『美しい』……『美しさ』はヒトの心に感動を呼び起こす……

『感動』は!生きる原動力となり…≪  ≫を生む……『美しさ』の果てにあるのは…≪  ≫……。
そう、ボク、ボクはッ……

キョォオオオオルァアアアアアアッッ!!きひっ、きひひひひひははははははははっっ!!!

嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼至ロウ!!今コソ至ロウ!!美シキ美シキ美シキ死ノ果テへ!!
ボクハ永遠トナル!死ハ永遠トナル!永遠ハ美シイ!!ボクハ今美シサヘ至ロウ!!

踊レ廻レ右往左往縦横無尽!奔リ続ケタ末ニ愚行暴行凶行強行!
挙句ノ果テニ暴走迷走転落堕落、嗚呼破滅潰滅即チ自滅自滅自滅ッッ!!
――――キヒヒヒヒヒッッ!痛イ!?痛イヨ父サン?!僕ヲ殴ラナイデ!!
痛イヨ母サン、ナンデナンデナンデ助ケテクレナイノ?痛イヨ怖イヨ暗イヨ寒イヨォォォ!!
助ケテ!?誰カ誰カ誰カ誰カ僕ヲ僕ヲ僕ヲ僕ヲヲヲヲヲヲッッ!!!

アあアアああアあッっ!!!?神ヨ神よ神ヨ神ヨ神よ神ヨ神よ神よ神ヨ神よっッ!!
酷ク美しクて!?醜くテ!傲慢デ!尊大で!糞ッ垂レの神ヨッッ!!!

嗚呼僕ニ!!!ぼくニ!!!神ヨッッ!!!キヒ、キひヒひひヒヒヒひヒひヒッッッ!!!!!


……――――≪安息≫を…………ください…………。」




――『復活』


ヴュルヘイム古代都市における決戦時に、
キルベルクの『黎明』、シルヴェストルの技術、フェンの能力によって
身体の入れ物を作られ、そして魂を放り込まれ甦ったうちの一人。
彼らは『感情』を遮断され、人間らしい性格を失った『人形』と化していた。

彼もまた例外ではなく、折角手に入れた「安息」を再び奪われ。
更に≪ダルク≫の装甲を装備させられ戦地に赴く。
空中通路にて識槻 朔夜と交戦、激戦を繰り広げる。
交戦の最中、朔夜の怯まぬ姿勢に己の宿命のライバル・宗則の姿を重ねる。
それがトリガーとなったのか、僅かに正気を取り戻し。
『安息』を再び求め、朔夜の刃に『救い』を見出しながら、彼女に完全撃破される。

決着後、手向けの桜吹雪が黎明の空に舞った――――。