ヴェルチェリ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

簡略紹介
名前 ヴェルチェリ
種族 人間
所属 六王教団・聖都勝利王師団
身長 161cm
体重 47kg
誕生日 第三世界の1987年5月25日
好きな食べ物 乳製品
嫌いな食べ物 青魚
料理の腕前 一人暮らしに全く困らない程度
地味な特技 楽器のチューニング
趣味 カラオケ、PC
職歴 11~22歳まで『ウロボロス』所属
退職後、フリー
収入源 退職金

ステータス(MIN0~(力~魔防MAX30、HPMAX60、LVMAX20、体格MAX20)、武器レベルE~S)
LV HP 魔力 速さ 幸運 守備 魔防 体格 武器LV
14 34 13 15 25 18 8 10 15 5 銃器A、投擲D
装備
名称 威力 命中 必殺 射程 重さ 特攻 弾数 特性
ベレッタM93R Tカスタム 5 75% 0% 1~2 2 - 20×マガジン数 銃撃
S&W M500 10 65% 0% 1~2 6 - 5 銃撃、反動3n
Serpens 8 70% 5% 1~3 3 - 7 銃撃、反動6n
移動力(MAX15)、地形マイナス補正
6、森(-2)、砂漠(-2)、山(-15)、浅瀬(-15)、海(-15)、高山(-15)
特殊技能
音感S(ヘルツ単位で音の高低を認識)、聴力S(極めて小さい音を認識、判別可能)

攻撃可能範囲(上、前方。下、後方)


  • 「サリア=エイリアス」

  偽名、別名などの意味を持つ「alias」と、それのアナグラム「salia」、その二つをイコールで結んだだけの名前。
  カノッサ機関夜の国支部に存在する暗殺部隊からの脱走者。部隊長を務めていた。
  追手に発見され数名に暴行を受けていた所をジンジャー・ユースロットジャンクちゃんに救出される。
  支部の地図と自らの協力を条件に、自分と友人の保護をクリサンセマム・リチェルカに依頼する。
  基本的には明るい性格、思ったことを正直に口に出してしまう傾向が有る。

以上が、「サリア=エイリアス」としての設定であり、任務の一環として演じていた姿である。
そして、以下が、「ヴェルチェリ」本人の情報。


  • 人格と来歴

  薄紫色の髪に紫の瞳、顔の左半分に紫の蛇の入れ墨がある女性。
  主に軍服を着用している。
  刺青は、感情や魔力の高揚によって形を変える。

  必要な時には口数は増えるものの、基本的にはあまり多くを語ろうとしない。
  感情を表に出すことは殆ど無く、特に恐怖という感情は全く持っていないのでは無いかというほど。
  どのような経緯か、11年前にナーガに拾われ、私兵集団『ウロボロス』に迎えられる。
  その後、狙撃術と暗殺術、人材活用術を身につけ、『ウロボロス』の副官に就任。この世界に現れる。

  親しい者や任務の為には命を惜しまないが、他人を駒として冷淡に見る性格でも有る。
  古龍ディルガが新大陸探索隊を守って死亡した時は、その亡骸から鱗を剥いで防具とするよう提案した事も有った(却下されたが)。
  冷徹な目で複数の情報を認識し、それを組み合わせて戦略と策謀を練る事を得意とする。
  知人の人狼が戦場指揮官タイプなら、此方は作戦参謀タイプと言える。


  ナーガの命によりクリサンセマム・リチェルカに潜入、その技術を入手するための計画の一切を任された。
  菊文字 司の命を守るために異世界に突入、どこかへ去ろうとした李・龍を、「司の精神の安定の為」に引き止める。
  その一方で、メンバーの名簿を入手し、技術者以外の暗殺をマリア・ブラッドレイに依頼した。

  古くからの仲であったティグリヌスが死亡して以来、精神状態が不安定になっていた。
  一時期は行方を眩ましていたが、『常世の宝玉』の覚醒とほぼ同時に帰還。

  その後、李・龍と交戦、自分の心境の変化を語り、≪ネル・ナハト≫元副官ベリルハーツ・ミャオマオの前に現副官と共に姿を現す。
  イルゾル・ビッグスターの現状と≪ダルク≫の情報を尋ね、自分の技を結晶化させて立ち去った。

  ≪ダルク≫と交戦、その際にフェルナドーレと面識を得、≪ネル・ナハト≫の情報を受け取る。
  その情報をノビタを通じてTricksterに発信、更に情報漏洩を防ぐための策と、ベリルの保護要請を提案した。


  『ウロボロス』に辞表を叩きつけ、多額の退職金と共にフリーの身となる。


  • 武装

『ベレッタM93R Tカスタム』

  9mmパラベラム弾を使用する自動拳銃。弾倉に20発の弾丸を装弾可能。フォールディングスティックは使用していない。
  3点バースト機能により、瞬間的な火力を十分に期待できる。
  手の小さいヴェルチェリの為にグリップがやや細く、引き金はやや後方に付けられている。
  二丁を所持し、両手に持って戦闘を行う。  

『S&W M500 Tカスタム』

  本人曰く昔馴染の馬鹿にプレゼントされた大型回転式拳銃。.500S&Wマグナム弾を5発装弾可能。
  380mmという大型拳銃だが、それを更に銃身を延長してある。普段は軍服の背中部分に、背中の添え木のような形で収納している
  銃身延長の為に弾丸の初速は少々落ちる物の、命中精度は改善されている。
  とはいえ、10発も撃てば反動で手が痺れ、文字を書く事も侭成らなくなる程の威力を持つ。
  ベレッタと同じように、引き金の位置をグリップに近づけてある。

『Serpens』

  ヴェルチェリ自らが設計図を起こし、刀匠源兵衛に発注した、〝対能力者用殺戮拳銃〟。
  銃身長180mm、全長323mm、重量1800g。古黒龍の鱗を中心に希少な素材で作られており、大きさの割に軽い。
  デザートイーグルを元にして設計されており、ダブルアクションのセミオートマチック。
  .50AE弾と、専用弾丸〝.50 封魔被覆鋼弾〟を七発装填可能。
  軽量故に銃が吸収する反動は小さく、腕への負担はやや大きい。

『ナイフ』

  特に変わった所はないが、価値も低いため消耗品の様に扱えるナイフ。
  普段から数本持ち歩き、様々な用途に使用する。
  能力と併用すれば、物陰に隠れた相手にも攻撃が可能。

『黒龍牙のナイフ』

  新大陸で遭遇した古黒龍の牙で作られたナイフ。非常に強度が高く、切れ味も鋭い。
  一本しか無い為、他のナイフの様な消耗品的使い方は出来ないが、それなりの用途は有る。


  • 特殊装備

『属性付加バレル』

  瑠雪 晃が開発した、属性を弾丸に付加させるリング状の外付けバレル。割と軽く、銃の扱いにさほど影響を与えない。

属性 効果
赤色 着弾点を炎上させる。
青色 着弾点を凍結させる。
黄色 着弾点に電気を流す。
黄緑色 弾丸に鎌居達を纏わせる。炸裂弾と併用しようとすると、手元で弾丸が炸裂してしまう。
紫色 掠っただけで効果を発揮する、即効性の麻痺毒を弾丸に纏わせる。効果の持続時間は短い。無生物には効果を発揮しない。
黄土色 着弾点が地面の場合、20cm^3ほど地面を抉る。
灰色 弾丸の先を針状に変化させる。これに限り、他の属性との併用が可能。ただし、他の属性の効果を半減させる。重量も他に比べ大きく、素早く扱うのには向かない。



  • 能力


  詳細は上記のリンクより。
  また、僅かばかりの魔術の心得と併せ、魔力の流れを「音」として「聴く」事が出来る。

≪レイト・ブレット≫

  発射された銃弾を銃の中で停止させる能力。銃声や指の動きと弾丸の飛来するタイミングを大きくずらす事が出来る。
  発射時の銃声は≪サイレント・ナイト≫によって攻撃に使用可能、銃弾は不意をつくことに使用可能と、二段構えになっている。
  本人の高い狙撃能力も相俟って、地味では有るが強力な能力である。



  • 戦闘

  二つの能力と、装弾数連射性共に優れたベレッタM93R、更には銃弾へ属性を付加するバレル。
  中距離以遠での攻撃性能は、凶悪な程だ。
  銃弾、音、いずれも初動を潰さない限り回避は難しく、威力も十分。
  手を拱いて見ていれば、非情の銃弾に打ち抜かれ続ける事になる。

  反面、防御の為の能力を、全く持っていない。
  近接で刃物を使われた場合のみ、ナイフで一時しのぎが出来る程度。
  それも、それなりに扱えるとはいえ、ナイフだけでは能力者には勝利は不可能なレベル。

  自分の距離に持ち込み、早々に肩を粉砕。もしくは、顎を打ち抜いて気絶させる。
  やられる前にやる、を実践すれば、勝てる相手ではあるだろう。



  • 近況

  六王教団のウェインが指揮を取る、第二次新大陸調査船団に随行。
  船上においては能力を活かして哨戒員を引き受ける。
  また、奇妙な縁の知り合いが指示を出す際、その声を増幅して周囲へ伝える事も引き受けた。
  二日目の調査では先発隊に志願、指揮官補佐の役割を与えられる。
  途中より先発隊を二小隊に分割する事を提案、一小隊を率いて≪竜髑髏の山頂≫に上り、赤龍ルカードと遭遇する。


『―――≪人間≫を舐めるな、新大陸』



  新大陸より帰還後は、また退職金での呑気な生活を送っていた。
  或る日、公園でウェインと遭遇。彼に副官就任の打診を受ける。
  弾薬の確保と人事権の一部の分権、部屋への炬燵の持ち込み許可を条件に承諾。


  • 無駄情報

  D3~D6までを、ヘルツ単位のずれも無く歌いこなすという離れ業を持っている。或る意味、能力より希少な能力かも知れない。
  カラオケ大好き、パソコン大好き。嫌いなものは巨乳と退屈。