※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

運営方針


料金設定

  • クライアントは、Webからの無料ダウンロード。
    ※パッケージの場合、入り口が狭められ、ユーザーが増えにくいため。
    ※また、『パッケージだけ売り切って終わり』のようなサービスにならないように。
  • チケット制+アイテム課金制。(⇒課金システム
  • 価格が高すぎないように注意。
  • ゲームバランスを崩しにくい課金アイテムを用意し、適度に新作をつくることで運営資金の問題も解決する。(⇒詳細は 課金アイテム の項目を)
  • 1人1アカウントに制限する。メール・PCID制限。
  • キャラクター追加ごとに別途料金かかる。(1キャラ:500円など)

サーバー

  • 快適なサーバーを用意。
  • しょぼいサーバーだとゲームが成り立たない、良質サーバーは資金がまわらない。
    最初は、快適なサーバーを少数用意し、運営が進むにつれ増やしていく。
  • Oβによるサーバーの負荷の問題⇒Oβなしにするのも手。20日間無料で宣伝&無料体験。
  • エリアごとにもサーバー(チャンネル)をいくつか用意する(MO?)。エリア移動時に、それぞれのサーバー(チャンネル)のアクティブ人口が確認でき、快適なサーバーを自ら選び移動することが可能。

GM / ゲームマスター

ゲーム内の不具合をサポートしたり、ユーザーからの要望や不具合報告をまとめて開発側に報告する役割。
  • ユーザーと直接やり取りするのは効率が悪く、表には出ないほうが仕事がはかどる。
  • ゲーム内から不具合、要望、規約違反報告が申告できる「ユーザー申告」メニューを用意する。

GC / ゲームキャスター

運営側の人間だが、あくまでロールプレイをする人のこと。
主に、イベント時の進行役やゲーム内のパトロールをする警備兵役を担う。
  • GMと名称を分けることで、ユーザーに違いを認識してもらい、ゲームシステムへの苦情や要望を減らす。
  • 世界観の一部として活動させ、戦争やプレイヤーとのコミュニケーションを積極的させる。
  • 個人チャットやフレンド登録などができないようにする。
  • 一部のプレイヤーと親しくなるようなキャラクターをつくらない。
    ⇒「俺も!俺も!」となって困った状況にならないように。
    • 町では、ガード役を担う。
      ⇒チートや規約違反をGMに報告するなど連携が取れる。
      ⇒NPC警備兵より安心感があるので、初心者やPK嫌いなプレイヤーの支援にもなる。
    • 聖域戦争(公式戦争)では、上官として参加する。
      ⇒戦争に慣れていないプレイヤーに指示を出したり戦略をまとめたり、とユーザーとのコミュニケーションを取る。しかし、あまり仲良くならないように厳しい役作りで。
    • ダンジョン付近や僻地で行商人役。
      ⇒冒険地でのアイテム販売によるプレイヤー支援と規約違反監査を兼ねる。
    • 上級Mobの襲撃イベントで、GCが上級Mobを操作(多くのユーザーが参加できるイベントを企画)

イベント

  • 武道大会やお祭り、街を襲撃に来た上級Mobの迎撃など。※世界観を壊さないように注意。
  • 上級Mobの襲撃イベントで、GCが上級Mobを操作(多くのユーザーが参加できるイベントを企画)

消費アイテム

バランスを考えた消費アイテムを定める。
  • 消費アイテムが少なかったり、低価格だった場合、インフレがおこる。
  • 逆に少なかったり、価格が高かったりすると、プレイヤーがしんどい。

課金アイテム

  • 同一アカウント内のキャラ間で、課金アイテムの移動が可能。
  • ゲームバランスを崩さないアイテム
    • 装備は、ゲーム内通貨装備と同等の性能でデザインを売りに
  • 便利アイテム
    • 銀行拡張・素材集めNPCや店番NPCの雇用・移国(亡命)権など
  • コレクションアイテム(※レアアイテムとは別)
    • 装備・家具・ペット・髪型など⇒適度に新作をつくる

アイテムデザインの募集

Webで装備や家具などのデザインを募集し、優秀作品はゲームに実装する。採用者には賞金の贈呈をする。
  • 個人での応募の場合、課金アイテムとして実装する。
  • 商業ギルドでの応募の場合、そのギルドに実装アイテムのレシピを贈呈し、
    ギルドオリジナルアイテムとして実装する。⇒料金を自由に設定可能。
    ※応募ギルド以外のサーバーでは課金アイテムとする。

規約違反

詐欺や窃盗、PK(暴行・殺人)やマナー違反は、規約違反ではなく、ロールプレイに該当する。
そのかわり、詐欺や窃盗、PK(暴行・殺人)をする者は、ゲーム世界の法により罰則が適用される。
マナー違反の場合は、実社会と同様にPC・NPC両方から評判が悪くなるだけ。

ゲーム世界やゲームシステムで裁ききれないことを規約違反とする。
  • RMT、BOT、チートなどのゲーム会社と関係のないシステムを使用すること
  • ストーカー行為
  • ハラスメント発言・・・これに関しては、ゲーム内で対処できると考える。
    • 『全体チャット』はシステムログのみで、PCが発言できる『大声』には範囲制限がある。
    • ブラックリスト機能で不快な言動をシャットアウト。
    • NPCが対象PCを避ける。PCも無視すればなお良し。

RMTについて(⇒RMT考察

  • ゲーム内通貨・物流バランスが崩され、ゲームの運営に悪影響が出るので規約違反とする。
    • RMTでゲーム内通貨が増えると物価が下がり、通常プレイでゲーム内通貨を稼いでいる人が稼げなくなる⇒やる気を削ぐ⇒過疎化
  • RMT業者(主に中国からの出稼ぎ)が参入し、ゲーム内通貨を得るためにBOTが蔓延する。
  • RMTの影響を公式サイトで注意すべき。
    • どんな影響が出るか考えずにRMTする人を減らすことができる可能性があるため。
  • RMT、BOTを含む不正行為を積極的に取り締まる。
    • RMT市場に圧力をかけることができれば、ゲームから業者が敗退することになる。
  • レアアイテムや高額の金銭をトーレードできないようにする。

海外からの接続について

  • 海外からの接続は禁止が理想。
経営陣は、少しでも売り上げになるように、と海外ユーザーを許容することが多いようです。
しかし、ほとんどの海外ユーザーは、日本のローカルルールや規約を守れず、日本語でのコミュニケーションが取れないことから、本来の日本ユーザーにとっても運営にとっても害としかなりません。
また、海外ユーザー許容の姿勢を見て、日本のユーザーが離れていく・・・という本末転倒になる可能性大です。

優先順位

  1. バグの修正・・・サーバーダウンも含み、不具合が頻発するとゲームが成り立たず、ユーザー離れに繋がる。
  2. 定期的な新要素やイベント・・・ユーザーがゲームを続けていたいと思うようなものを定期的に。
  3. BOTやチート対策・・・積極的に処罰する。イタチごっこになるので、簡単に不正行動ができないようなシステムを作ることができたら一番いいよね。
  4. 要望反映・・・バグを放置したまま、これをするとユーザーの反感を買うことに。

アップデート

  • 新要素追加の時には、以下の段階を取る。
  1. テストサーバーで、開発群によるテスト
  2. バランスを調整
  3. テストサーバーで、ユーザー参加(抽選)のテスト
  4. バランスを調整