※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

戦争システム

include_js plugin Error : このプラグインで利用できない命令または文字列が入っています。
ストラテジー的な奥深い戦争
よくあるMMORPGの戦争(RvsR)は、ただ攻撃し合うだけの「レベルが高く、数が多いほうが勝つ」という決定された、無意味とも言えるものが大半です。
それもまた、クリック操作やスキルマクロによるシステムが一因であると考えます。
  1. アクション戦闘でPSによりレベル差を覆すことが可能
  2. 建築物や戦争兵器、地形利用などの戦術
  3. 戦争システム以外の戦略要素
  4. 人数を規定した戦場(※聖域戦争のみ)
これらの要素により、「やる前から勝敗が決定されない、戦略性のある戦争システム」を目指します。

戦争の種類

  • 国家間戦争 ・・・聖域でのみ行われる閉鎖的な戦争(短時間で気軽にできる戦争)
  • 瘴気地帯戦争(ギルド間戦争) ・・・国の管理から離れた瘴気地帯での自由な争い(瘴気地帯内の領主の座を奪い合いなど)
聖域戦争
(6つの島)
国家間戦争
設定 ・・・聖域の独占
目的 ・・・占領後、聖域の特産物の入手・遺跡の探索
侵略側参戦方法 ・・・軍にて宣戦を申し込む ▶ 準備期間 ▶ 聖域(戦場)に移動 ▶ 戦争開始
防衛側参戦方法 ・・・国に宣戦布告が伝わる ▶ 軍にて参加申し込み ▶ 準備期間 ▶ 聖域(戦場)に移動 ▶ 戦争開始
砦戦 瘴気地帯戦争
設定 ・・・砦の攻略・防衛
目的 ・・・砦の制圧
侵略側参戦方法 ・・・攻撃目標へ宣戦布告 ▶ 砦戦準備期間 ▶ 布告者以外のPCの参加 ▶ 戦争開始
防衛側参戦方法 ・・・砦を管理するギルドに宣戦布告が伝わる ▶ 防衛側PCの参加 ▶ 砦戦準備期間 ▶ 落砦の阻止を目指す
市街戦 瘴気地帯戦争
設定 ・・・他の州や他国の領土占領・敵軍の防衛と排除
目的 ・・・資源豊富な土地の占領
侵略参戦方法 ・・・ 占領目標へ宣戦布告 ▶ 砦戦準備期間 ▶ 布告者以外のPCの参加 ▶ 戦争開始
防衛側参戦方法 ・・・その州に宣戦布告が伝わる ▶ 防衛側PCの参加 ▶ 市街戦準備期間 ▶ 敵対組織の侵略阻止を目指す
  • 参戦は、傭兵として街の軍事施設にある受付に申し込みをすることによりできる。
  • 瘴気地帯戦争では、ギルドメンバー以外のPCやNPCを傭兵として雇うことができる。

戦争内容

勝利ルール
以下のことを行い「敵軍の士気ゲージを0にする」と勝利。
または「制限時間内で敵軍の士気ゲージを大きく減した側」の勝利。
  • 敵軍のPCを戦闘不能状態にする
    ⇒PCひとりにつき、1ポイント減る
  • 敵軍の建築物を破壊する
    ⇒建築物によりポイントが変わる(10~500ポイント)
  • ランダムで選ばれた敵軍の指揮官を倒す
    ⇒900ポイントなど、大きく減る
    ※敵側からは、ターゲットを攻撃するまでターゲットを判別できない。
    など
戦略要素
  • 建てる・壊すことのできる建築物や兵器。
  • 広大な戦場で、地形を利用できたり、罠を張ったり。砦には、Mobも配置可能。
  • 雨で滑りやすい、霧で視界が取りにくいなど、気象による状況変化。
  • 戦闘不能状態になった場合は、自軍の医療テントに運ばれる。
    • 医療テントは好きな場所に設置できるため、復帰場所として戦略要素のひとつとなる。

チート、工作員対策

  • キック機能
    戦争中におかしな動きをするプレイヤーを見かけた場合、戦場から隔離拘束することができる。

  1. 対象のターゲットメニューかPC検索キャラクター選択から「キック告知」を選択し、「罪名」の「チート疑惑」「工作員疑惑」からどちらかを選択する。※Lv15以上のPCのみ可能
  2. 5人以上の「キック告知」があった場合、「キック投票」が開始する。
  3. 全体の60%以上の賛成票を得られた場合、対象のキャラは戦場から追い出され、「軍の牢屋」に隔離されます。
  4. 罪名が「チート疑惑」の場合、運営の審査(ログの調査など)に移行し、ゲーム規約に反していると判断されたなら、そのままアカウント剥奪が行われる。運営が冤罪と判断したなら開放される。
    罪名が「工作員疑惑」の場合、他PC5人以上の「冤罪証言」を得られると、拘束が解除される。それ以外は、隔離されたまま身動きできない状態が続く。

>「工作員疑惑冤罪証言」は、自分の別アカウントや工作員仲間で簡単に5人集まりそう。
⇒PCIDとプロバイダのメールアドレスで簡単に複アカを取れないようにするので、どちらかというと、別のPCやメルアドでの別アカウントを取り直す方が多そう。
それと、個人的には「工作員」というのも「PKer」と同じく、あってもいいような存在だと思うので、「工作員仲間が助ける」というのも有りかと。
「工作部隊」をつくったならつくったで警戒が楽になりますし、いろんなドラマが生まれそう。

新人育成と作戦会議

チュートリアル
戦争参加するにあたって行う試験に合格した際、試験官の説明と映像によって戦争内容と心構えを知ることができる。

会議室
戦場マップに印をつけながらチャットで作戦会議・・・のようなことができる。
首都や大きな街にある軍施設に備えられたている施設。

作戦案掲示板
会議室付近に備えられた掲示板。
戦場マップごとに見れ、それぞれへの作戦を誰でも提案(書き込み)できる。自分で書いたものは修正可能。
投票機能つきで、プレイヤーが良い案だと思うものがすぐ見られる。
  • 投票数=指揮官としての評価のひとつとなる