※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

課金システム


クライアント

  • クライアントは、Webからの無料ダウンロードが最適。
  • パッケージ販売は入り口が狭められ、ユーザーが増えにくい。
    また、パッケージを売ることを目的としてしまい、ゲーム自体や運営の質が落ちる可能性があるので危険。

料金設定

基本無料+アイテム課金制
利点   あまりINできないプレイヤーが気軽にでき、引退後も気軽に再開しやすい。
  運営資金を稼ぐことができる。(運営側の利点)
欠点   BOTやRMT業者が簡単に現れる。
  ユーザーのマナーが悪い・幼稚という印象がある。
  基本が無料ということで、運営が半端になることがある。
  戦闘に関連する課金アイテムが多いのでゲームバランスを崩す可能性が高い、
   もしくは調整が難しい。

月額課金制
利点   簡単に捨てアカを作れず、BOTを減らすことができる。
  安く、安定した価格ですむ。(ユーザー側の利点)
欠点   敷居が高く感じて、人が集まりにくい。
  人が少なくなると、運営が成り立たなくなる危険性がある。
  月額一定料金なので、IN率が低い人は損した気分。
備考 無料お試し期間必須。

月額課金+アイテム課金制
利点   簡単に捨てアカを作れず、BOTを減らすことができる。
  基本は、安く、安定した価格で遊べる。(ユーザー側の利点)
  アイテム課金で運営資金を稼ぐことができる。(運営側の利点)
欠点   敷居が高く感じて、人が集まりにくい。
  基本が月額一定料金なので、IN率が低い人は損した気分
備考   無料お試し期間必須。
  課金アイテムは、ゲームバランスに関係ないコレクション品にし、
    『課金しないとやってられない』感をなくす。

チケット+アイテム課金制
前払い時間制
      『12時間』『24時間』『48時間』『90時間』のようにプレイ時間によるチケット。
      プレイ時間をサーバー管理にし、実ログイン時間・分単位・残った時間は繰越。
      ゲーム中にWMなどで清算延長可能。
    など
後払い時間制
      一ヶ月または二週間ごとに支払う、後払い。
      プレイ時間をサーバー管理にし、実ログイン時間・分単位で支払う。
    など
利点   簡単に捨てアカを作れず、BOTを減らすことができる。
  自分の都合に合った料金になる。(ユーザー側の利点)
  アイテム課金で運営資金を稼ぐことができる。(運営側の利点)
欠点   敷居が高く感じて、人が集まりにくい。
  時間が気になり効率厨が増える。
 システム的に難しい???
備考   無料お試し期間必須。
  課金アイテムは、コレクション品や便利アイテムなど。
    ゲームバランスを崩すようなものは避け、『課金しないとやってられない』感をなくす。
  チケットは使用期限を設ける。
  効率厨を生み出しにくいゲームデザインにする。
  PT募集掲示板の募集項目に「プレイスタイル」を選択&指定できるようにする。

結論
技術面や前例のない問題を除けば、後払い時間制+アイテム課金制が最適

無料体験

期間内無料
  • 七日間無料とか30時間無料とか。
一定条件を満たすまでずっと無料
  • スキルの獲得が○○ポイントまで
無料プレイに機能制限
  • 機能制限解除に課金が生じる。
    • 会得、または使用できるスキル制限の解除に課金が必要
    • 騎乗動物の利用に課金が必要
    • 宅配機能の利用に課金が必要(トレードは制限無し)
    • 救済マンションまでは無料 / 借家や土地購入をするのに課金が必要
      ⇒課金が切れると救済マンションに戻され、土地は競売へ
      など
「無料プレイに機能制限」+「○時間分のチケットプレゼント」
  • 「全ての機能やコンテンツが利用できる状態」での無料提供こそが無料体験なので、組み合わせてみる。
  • プレイヤー自身の好きなタイミングで無料期間をスタートできる。
「期間内無料」+「無料プレイに機能制限」
  • 期間内無料で、期間が過ぎたら機能制限がつく組み合わせ。(課金しないと機能制限がつく)