無量義経徳行品第一


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

無量義経徳行品第一

 是の如きを我聞きき。一時、仏、王舎城・耆闍崛山の中に住したまい、 大比丘衆万二千人と倶なりき。菩薩摩訶薩八万人あり。
天・龍・夜叉・乾闥婆・阿修羅・迦楼羅・緊那羅・摩羅伽あり。諸の比丘・比丘尼及び優婆塞・優婆夷も倶なり。大転輪王・小転輪王・金輪・銀輪・諸輪の王・国王・王子・国臣・国民・国士・国女・国大長者、各眷属百千万数にして自ら圍遶せると、仏所に来詣して頭面に足を礼し、遶ること百千して、香を焼き華を散じ、種々に供養すること已って、退いて一面に坐す。
 其の菩薩の名を、文殊師利法王子・大威徳蔵法王子・無憂蔵法王子・大弁蔵法王子・弥勒菩薩・導首菩薩・薬王菩薩・薬上菩薩・華幢菩薩・華光幢菩薩・陀羅尼自在王菩薩・観世音菩薩・大勢至菩薩・常精進菩薩・宝印首菩薩・宝積菩薩・宝杖菩薩・越三界菩薩・毘摩羅菩薩・香象菩薩・大香象菩薩・師子吼王菩薩・師子遊戯世菩薩・師子奮迅菩薩・師子精進菩薩・勇鋭力菩薩・師子威猛伏菩薩・荘厳菩薩・大荘厳菩薩という。
 是の如き等の菩薩摩訶薩八万人と倶なり。是の諸の菩薩、皆是れ法身の大士ならざることなし。戒・定・慧・解脱・解脱知見の成就せる所なり。其の心禅寂にして、常に三昧に在って、恬安憺泊に無為無欲なり。顛倒乱想、復入ることを得ず。静寂清澄に志玄虚漠なり。之を守って動ぜざること億百千劫、無量の法門悉く現在前せり。大智慧を得て諸法を通達し、性相の真実を暁了し分別するに、有無・長短、明現顕白なり。
 又善く諸の根性欲を知り、陀羅尼・無碍弁才を以て、諸仏の転法輪、随順して能く転ず。微先ず堕ちて以て欲塵を淹し、涅槃の門を開き解脱の風を扇いで世の悩熱を除き法の清涼を致す。次に甚深の十二因縁を降らして、用て無明・老・病・死等の猛盛熾然なる苦聚の日光に灑ぎ、爾して乃ち洪に無上の大乗を注いで、衆生の諸有の善根を潤漬し、善の種子を布いて功徳の田に遍じ、普く一切をして菩提の萌を発さしむ。智慧の日月方便の時節、大乗の事業を扶蔬増長して、衆をして疾く阿耨多羅三藐三菩提を成じ、常住の快楽、微妙真実に、無量の大悲、苦の衆生を救わしむ。是れ諸の衆生の真善知識、是れ諸の衆生の大良福田、是れ諸の衆生の請せざるの師、是れ諸の衆生の安穏の楽処・救処・護処・大依止処なり。処処に衆生の為に大良導師・大導師と作る。能く衆生の盲いたるが為には而も眼目を作し、聾・・の者には耳・鼻・舌を作し、諸根毀欠せるをば能く具足せしめ、顛狂荒乱なるには大正念を作さしむ。船師・大船師なり、群生を運載し、生死の河を度して涅槃の岸に置く。医王・大医王なり、病相を分別し薬性を暁了して、病に随って薬を授け、衆をして薬を服せしむ。調御・大調御なり、諸の放逸の行なし。猶お象馬師の能く調うるに調わざることなく、師子の勇猛なる、威、衆獣を伏して沮壊すべきこと難きがごとし。
 菩薩の諸波羅蜜に遊戯し、如来の地に於て堅固にして動ぜず、願力に安住して広く仏国を浄め、久しからずして阿耨多羅三藐三菩提を成ずることを得べし是の諸の菩薩摩訶薩皆斯の如き不思議の徳あり。
 其の比丘の名を、大智舎利弗・神通目連・慧命須菩提・摩訶迦旃延・弥多羅尼子・富楼那・阿若陳如・天眼阿那律・持律優婆離・侍者阿難・仏子羅雲・優波難佗・離波多・劫賓那・薄拘羅・阿周陀・莎伽陀・頭陀大迦葉・優楼頻螺迦葉・伽耶迦葉・那提迦葉という。是の如き等の比丘万二千人あり。皆阿羅漢にして、諸の結漏を尽くして復縛著なく、真正解脱なり。
 爾の時に大荘厳菩薩摩訶薩、遍く衆の坐して各定意なるを観じ已って、衆中の八万の菩薩摩訶薩と倶に、座より而も起って仏所に来詣し、頭面に足を礼し繞ること百千して、天華・天香を焼散し、天衣・天瓔珞・天無価宝珠、上空の中より旋転して来下し、四面に雲のごとく集って而も仏に献る。天厨・天鉢器に天百味充満盈溢せる、色を見香を聞ぐに自然に飽足す。天幢・天旛・天軒蓋・天妙楽具処処に安置し、天の伎楽を作して仏を娯楽せしめたてまつり、即ち前んで胡跪し合掌し、一心に倶共に声を同じゅうして、偈を説いて讃めて言さく、
 大なる哉大悟大聖主、垢なく染なく所著なし。天人象馬の調御師、道風徳香一切に薫じ、智恬かに情泊かに慮凝静なり。意滅し識亡して心亦寂なり。永く夢妄の思想念を断じて、復諸大陰入界なし。其の身は有に非ず亦無に非ず、因に非ず縁に非ず自他に非ず、方に非ず円に非ず短長に非ず、出に非ず没に非ず生滅に非ず、造に非ず起に非ず為作に非ず、坐に非ず臥に非ず行住に非ず、動に非ず転に非ず閑静に非ず、進に非ず退に非ず安危に非ず、是に非ず非に非ず得失に非ず、彼に非ず此に非ず去来に非ず、青に非ず黄に非ず赤白に非ず、紅に非ず紫種々の色に非ず。戒・定・慧・解知・見より生じ、三昧・六通・道品より発し、慈悲・十力・無畏より起り衆生善業の因縁より出でたり
 示して丈六紫金の暉を為し、方整照曜として甚だ明徹なり。毫相月のごとく旋り項に日の光あり。旋髪紺青にして頂に肉髻あり。浄眼明鏡のごとく上下にぎ、眉紺舒に方しき口頬なり。唇舌赤好にして丹華の若く、白歯の四十なる猶お珂雪のごとし。額広く鼻修く面門開け、胸に万字を表して師子の臆なり。手足柔軟にして千輻を具え、腋掌合縵あって内外に握れり。臂修肘長に指直く繊し。皮膚細軟にして毛右に旋れり。踝膝露現し陰馬蔵にして、細筋鎖骨鹿膊脹なり。表裏映徹し浄くして垢なし。濁水も染むるなく塵を受けず、是の如き等の相三十二あり。八十種好見るべきに似たり。而も実には相非相の色なし。一切の有相眼の対絶せり。無相の相にして有相の身なり。衆生身相の相も亦然なり。能く衆生をして歓喜し礼して、心を投じ敬を表して慇懃なることを成ぜしむ。是れ自高我慢の除こるに因って、是の如き妙色の躯を成就したまえり。今我等八万の衆、倶に皆稽首して咸く、善く思相心意識を滅したまえる、象馬調御無著の聖に帰命したてまつる。稽首して法色身、戒・定・慧・解・知見聚に帰依したてまつる。稽首して妙種相に帰依したてまつる。稽首して難思議に帰依したてまつる。梵音雷震のごとく響八種あり。微妙清浄にして甚だ深遠なり。四諦・六度・十二縁、衆生の心業に随順して転じたもう。若し聞くことあるは意開けて、無量生死の衆結断せざることなし。聞くことあるは或は須陀、斯陀・阿那・阿羅漢、無漏無為の縁覚処、無生無滅の菩薩地を得、或は無量の陀羅尼、無碍の楽説大弁才を得て、甚深微妙の偈を演説し、遊戯して法の清渠に澡浴し、或は躍り飛騰して神足を現じ、水火に出没して身自由なり。如来の法輪相是の如し。清浄無辺にして思議し難し。我等咸く復共に稽首して、法輪転じたもうに時を以てするに帰命したてまつる。稽首して梵音声に帰依したてまつる。稽首して縁・諦・度に帰依したてまつる。世尊往昔の無量劫に、勤苦に衆の徳行を修習して、我人天龍神王の為にし、普く一切の諸の衆生に及ぼしたまえり。能く一切の諸の捨て難き、財宝妻子及び国城を捨てて、法の内外に於て悋む所なく、頭目髄脳悉く人に施せり。諸仏の清浄の禁を奉持して、乃至命を失えども毀傷したまわず。若し人刀杖をもって来って害を加え、悪口罵辱すれども終に瞋りたまわず、劫を歴て身を挫けども惓惰したまわず、昼夜に心を摂めて常に禅にあり、遍く一切の衆の道法を学して、智慧深く衆生の根に入りたまえり。是の故に今自在の力を得て、法に於て自在に法王と為りたまえり。我復咸く共倶に稽首して、能く諸の勤め難きを勤めたまえるに帰依したてまつる。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。