妙法蓮華経陀羅尼品第二十六


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

妙法蓮華経陀羅尼品第二十六

 爾の時に薬王菩薩、即ち座より起って偏に右の肩を袒にし、合掌し仏に向いたてまつりて、仏に白して言さく、
 世尊、若し善男子・善女人の能く法華経を受持することあらん者、若しは読誦通利し若しは経巻を書写せんに、幾所の福をか得ん。
 仏、薬王に告げたまわく、
 若し善男子・善女人あって、八百万億那由他恒河沙等の諸仏を供養せん。汝が意に於て云何、其の所得の福寧ろ多しと為んや不や。甚だ多し、世尊。仏の言わく、若し善男子・善女人能く是の経に於て、乃至一四句偈を受持し、読誦し解義し説の如くに修行せん、功徳甚だ多し。
 爾の時に薬王菩薩、仏に白して言さく、
 世尊我今当に説法者に陀羅尼呪を与えて、以て之を守護すべし。
 即ち呪を説いて曰さく、
 安爾 曼爾 摩禰 摩摩禰 旨隷 遮梨第 ・・ ・履 多・ 羶 帝 目帝 目多履 沙履 阿・沙履 桑履 沙履 叉裔 阿叉裔 阿耆膩 羶帝 ・履 陀羅尼 阿盧伽婆娑 ・蔗毘叉膩 禰毘剃 阿便・ 邏禰履剃 阿亶・波隷輸地 ・究隷 牟究隷 阿羅隷 波羅隷 首迦差 阿三磨三履 仏駄毘吉利・帝 達磨波利差 帝 僧伽涅瞿沙禰 婆舎婆舎輸地 曼・邏 曼・邏叉夜多 郵楼・ 郵楼・ ・舎略 悪叉邏 悪叉冶多冶 阿婆盧 阿摩若 那多夜
 世尊、是の陀羅尼神呪は六十二億恒河沙等の諸仏の所説なり。若し此の法師を侵毀することあらん者は、則ち為れ是の諸仏を侵毀し已れるなり。
 時に釈迦牟尼仏、薬王菩薩を讃めて言わく、
 善哉善哉、薬王、汝此の法師を愍念し擁護するが故に是の陀羅尼を説く。諸の衆生に於て饒益する所多からん。
 爾の時に勇施菩薩、仏に白して言さく、
 世尊、我亦法華経を読誦し受持せん者を擁護せんが為に、陀羅尼を説かん。若し此の法師、是の陀羅尼を得ば、若しは夜叉、若しは羅刹、若しは富単那、若しは吉蔗、若しは鳩槃荼、若しは餓鬼等、其の短を伺い求むとも能く便を得ることなけん。
即ち仏前に於て呪を説いて曰さく、
 ・隷 摩訶・隷 郁枳 目枳 阿隷 阿羅婆第 涅隷第 涅隷多婆第 伊緻・ 韋緻・ 旨緻・ 涅隷・・ 涅犁・婆底
 世尊、是の陀羅尼神呪は恒河沙等の諸仏の所説なり、亦皆随喜したもう。若し此の法師を侵毀することあらん者は、則ち為れ是の諸仏を侵毀し已れるなり。
 爾の時に毘沙門天王御護者、仏に白して言さく、
 世尊、我亦衆生を愍念し、此の法師を擁護せんが為の故に、是の陀羅尼を説かん。
即ち呪を説いて曰さく、
 阿梨 那梨 ・那梨 阿那盧 那履 拘那履
 世尊、是の神呪を以て法師を擁護せん。我亦自ら当に是の経を持たん者を擁護して、百由旬の内に諸の衰患なからしむべし。
 爾の時に持国天王、此の会中に在って、千万億那由他の乾闥婆衆の恭敬し圍遶せると、前んで仏所に詣で、合掌し仏に白して言さく、
 世尊、我亦陀羅尼神呪を以て、法華経を持たん者を擁護せん。
即ち呪を説いて曰さく、
 阿伽禰 伽禰 瞿利 乾陀利 旃陀利 摩・耆 常求利 浮楼莎・ ・底
 世尊、是の陀羅尼神呪は四十二億の諸仏の所説なり。若し此の法師を侵毀することあらん者は、則ち為れ是の諸仏を侵毀し已れるなり。
 爾の時に羅刹女等あり、一を藍婆と名け、二を毘藍婆と名け、三を曲歯と名け、四を華歯と名け、五を黒歯と名け、六を多髪と名け、七を無厭足と名け、八を持瓔珞と名け、九を皋諦と名け、十を奪一切衆生精気と名く。是の十羅刹女、鬼子母竝に其の子及び眷属と倶に仏所に詣で、同声に仏に白して言さく、
 世尊、我等亦法華経を読誦し受持せん者を擁護して、其の衰患を除かんと欲す。若し法師の短を伺い求むる者ありとも、便を得ざらせめん。
即ち仏前に於て呪を説いて曰さく、
伊提履 伊提泯 伊提履 阿提履 伊提履 泥履 泥履 泥履 泥履 泥履 楼醯 楼醯 楼醯 楼醯 多醯 多醯 多醯 兜醯 兜醯
 寧ろ我が頭の上に上るとも法師を悩すことなかれ。若しは夜叉、若しは羅刹、若しは餓鬼、若しは富単那、若しは吉蔗、若しは毘陀羅、若しは・駄、若しは烏摩勒伽、若しは阿跋摩羅、若しは夜叉吉蔗、若しは人吉蔗、若しは熱病せしむること若しは一日、若しは二日、若しは三日、若しは四日、乃至七日、若しは常に熱病せしめん。若しは男形、若しは女形、若しは童男形、若しは童女形、乃至夢の中にも亦復悩すことなかれ。即ち仏前に於て偈を説いて言さく、
  若し我が呪に順ぜずして 説法者を悩乱せば
  頭破れて七分に作ること 阿梨樹の枝の如くならん
  父母を殺する罪の如く 亦油を壓す殃
  斗秤もって人を欺誑し 調達が破僧罪の如く
  此の法師を犯さん者は 当に是の如き殃を獲べし
 諸の羅刹女、此の偈を説き已って、仏に白して言さく、
 世尊、我等亦当に身自ら是の経を受持し読誦し修行せん者を擁護して、安穏なることを得、諸の衰患を離れ、衆の毒薬を消せしむべし。
 仏、諸の羅刹女に告げたまわく、
 善哉善哉、汝等但能く法華の名を受持せん者を擁護せんすら、福量るべからず。
何に況んや、具足して受持し、経巻に華・香・瓔珞・抹香・塗香・焼香・幡蓋・妓楽を供養し、種々の燈・蘇燈・油燈・諸の香油燈・蘇摩那華油燈・瞻蔔華油燈・婆師迦華油燈・優鉢羅華油燈を燃し、是の如き等の百千種をもって供養せん者を擁護せんをや。皋諦、汝等及び眷属応当に是の如き法師を擁護すべし。
 此の陀羅尼品を説きたもう時、六万八千人無生法忍を得たり。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。